名古屋場所千秋楽

せっかく4横綱時代になったのに、今場所も稀勢の里と鶴竜が休場。怪我は仕方ないのかもしれないけれど、中途半端な姿を見るのも苦しい。しっかり治して、せめて千秋楽結びの一番で白鵬と見応えのある熱戦をしてくれた日馬富士くらいの活躍を見せて欲しい。

白鵬が通算勝利数の最多記録を更新。魁皇が千代の富士の記録をようやく更新した時のことを覚えている。地道に勝ち星を積み上げていった魁皇もすごかったと思うけれど、まだまだ更新し続けそうな年齢で更新した白鵬は、本当にすごいと思う。

|

名古屋場所 初日

4横綱そろっての初日で、期待していたのに、なんと、3大関がすべて負け、稀勢の里と日馬富士も負けた。元気で勢いのある力士との取組だったというのもあると思うし、怪我は仕方がないと思うけれど、終盤まで楽しみがもつかどうか、少し心配。

|

夏場所千秋楽

一年ぶりに白鵬が全勝優勝。全盛期は過ぎたと思うし、昔に比べればやっと勝っている感じもするけれど、それでも地力が他の力士とは違うように思う。

|

春場所千秋楽

13日目に肩を負傷した稀勢の里。いつの間にか優勝争いに参加していた照ノ富士。14日に星が逆転し、千秋楽は直接対決とわかった時点で、稀勢の里が本割と優勝決定戦の両方を勝って優勝するなんて思った人はいなかったと思う。
劇的な優勝だったし、見ていて思わず声が出たくらい「感動」はしたけれど、本当は、怪我したらムリはしない方がいい。ムリをして出場したことが、今後の力士生命に影響を及ぼすような結果にならないことを祈る。

|

春場所初日

四横綱時代の始まり…なのに、初日早々、日馬富士と白鵬が負けた。新横綱の稀勢の里は、いい意味で落ち着いている感じ。
そろそろ、もう少し若手の勢いのある力士が、下の方から上がってくるといいのだけれど。

|

初場所千秋楽

稀勢の里が優勝。
途中で2横綱がケガのため休場し、大関も豪栄道が休場、照ノ富士と琴奨菊は負け越しと成績が振るわず、横綱白鵬も必ずしも万全ではない中で、一人元気だった感じがする。
そして、今回の「優勝」という結果によって、やっと、「日本人力士びいき」や変な斟酌を疑わずに、稀勢の里の横綱昇進を認められる気がする。

日本の観客には、これからは白鵬のことを公平な気持ちで応援して評価して欲しいと願う。

|

初場所初日

初日は横綱は安泰でスタート。ビミョウなお年頃の日本人大関陣の勝敗はともかくとして、照ノ富士のけがの状態はどうなのだろう。番付が上がってきた頃は、勢いがあったので、そのままトントンと昇進していくかと思っていたのだけど、やはり大きなケガをすると、なかなかその後がよろしくない。美力士の遠藤も同様で、トップまで上り詰めるアスリートは、大きなケガをしないというのが必須条件なのかもしれないと思う、今日この頃。

|

九州場所

豪栄道の綱取りが期待されていた今場所だったけれど、終わってみたら終盤で優勝を争っていたのは横綱。でも、結果的に、鶴竜が文句なしの内容で1日早く優勝を決めてくれたことが嬉しい。「嬉しいです」と言ってニコッと笑った笑顔がかわいかった。

|

秋場所千秋楽

白鵬が休場して、早々に稀勢の里が負けて、どうなってしまうのだろうと思われた今場所だったけれど、予想外と言っては失礼だけど、豪栄道が全勝優勝した。すべて勝って自力で優勝を決めたので、本当によかったと思う。
久々に遠藤が大活躍。技能賞を獲得。賞にふさわしいいい相撲を見せてくれた。相撲で結果を出すと、イケメンぶりがますます映える。予想外に面白い場所だった。

|

秋場所初日

白鵬が休場の今場所。
横綱昇進のチャンスのはずの稀勢の里が初日早々負けた。
横綱鶴竜、大関の照ノ富士も負けたので、なんだかガッカリな初日だった。

|

より以前の記事一覧