« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

NHK杯

男子シングルは、去年ほどの神演技ではなかったにしても、羽生くんが優勝。4回転ジャンプをばんばん跳べるからとはいえ、ネイサン・チェンの2位は立派。去年のボーヤンと同じような感じの台乗りだったけど、いろいろな意味で初々しかったボーヤンと違って、ネイサンはシニアに上がってきたばかりとは思えないような落着きぶり。末怖ろしい。3位に田中刑事くんが入って、そのことが嬉しい。ただ、こうなってくると、「日野くんどうしたー」と言いたくなる。羽生くんではないけれど。
ジャンプのミスが響いて、順位はあまり上の方にはこなかったけれど、ジェイソン・ブラウンの演技はいつもながらすごい。とても密度の濃い演技だし、何より高い高いバレエジャンプがすごい。

女子は、ポゴリラヤが優勝。2位に知子ちゃんが入った。スケートカナダではノーカウントになってしまったステップも、無事、点がとれて安心。3位にジュニアから上がってきたばかりのソツコワが入って、ファイナルは6人中4人がロシア娘ということに。
樋口さんが4位、松田さんが7位。

アイスダンスは、村元&リード組がクリスの膝の怪我で欠場だったのが残念。優勝は今シーズン復帰してきたカナダのヴァーチュー&モイヤー組。2位にフランスのパパダキス&シゼロン組。イタリアのカッペリーニ&ラノッテ組は3位。日本のもう1つのアイスダンスカップル、平井&デラアソンション組は9位。

ペアは予想通り、カナダのデュハメル&ラドフォード組が優勝。日本の須藤&ブードロオデ組は7位。

|

九州場所

豪栄道の綱取りが期待されていた今場所だったけれど、終わってみたら終盤で優勝を争っていたのは横綱。でも、結果的に、鶴竜が文句なしの内容で1日早く優勝を決めてくれたことが嬉しい。「嬉しいです」と言ってニコッと笑った笑顔がかわいかった。

|

GP 中国大会

男子シングルは、日本選手の出場者はいなかったけれど、なかなか興味深い展開だった。
SPでボーヤンがぶっちぎりの1位だったので、そのまま優勝するかと思っていたのに、フリーでパトリック・チャンが脅威の追い上げで逆転。結局ボーヤンは2位に終わった。ロシアのヴォロノフが3位。アラサーなのにこの活躍ぶりがすごい。

女子は優勝はラジオノワちゃん。2位のケイトリン・オズモンドは今期好調。トゥクタミシェワが3位。まだ3アクセルは跳んでないけれど、ジャンプ構成を見る限りでは、そのうち冒頭の2アクセルを3回転にしそうな感じがする。日本選手は三原さんが4位、本郷さんが5位。

|

2016 武道館公演1日目

本日の公演、開始は17:18頃、終了は20:30頃。
歌った曲は以下の通り。

---------

TOKYOのパズル
流れ星
Try your wings

[MC]

慟哭
愛の雪
You and I

[MC]

これから
君だけを愛してる
ノエヨ

[ここまで第1部。間。「リハーサル風景」映像。バンド&ダンサー紹介]

夕焼け [「桜」の原曲]
君となら
ヌンムルロ グデヌン

[MC]

[以下、ダンスメドレー]
Who am I?
Flash×Back
湾岸BEAM
Honey Garden
SWEET SUGAR
BABYLON
眠る花
FOREVER

[MC]

秋桜
ありがとう・・・

[以上、第2部。以下、アンコール(第3部?)]

遙愛

[MC]

Journey
ひまわりのRhapsody

[MC]

最後の言い訳

-----

ピアノのFumingさんが復帰! 喜ばしい。やはり、バンドに知った顔があるとほっとする。
さすがに、武道館満席にはならなくなったけど、それでもガラガラ感がない程度には客が入るのがすごい。今日の客席、5千人以上1万人以下のどこかだと思うけれど、正確な数字は不明。今日は客席に一体感があって、とても活気があってよかった。
12年続けてくると、コンサートも一定のパターンが出来上がっていて、ダンスメドレーのパートなんて、みんな振りもバッチリでノリノリで踊る。「SWEET SUGAR」の「僕とケッコンしよう~」「OK!」のところも、みんなノリノリ。数年前は、またこの曲がコンサートでできるだろうか?と思ったりもしたけれど、またコンサートでこの曲を楽しめることが嬉しい。
それにしても。毎年曲が増えていくので、年々覚えきれなくなる上に、昔の曲のタイトルがぱっと思い出せなくなってきている自分の記憶力に危機感を覚える。
今回、アンコール(シウォンくん曰く、ほぼお決まりだし何曲も歌うから実質的には「第3部」)でシウォンくんが着ていた衣装が、細身の黒いパンツに、白シャツの上に黒ベスト風のデザインのモノトーンのふんわりしたチュニック丈のシャツだったけど、シルエットがちょっぴりガーリーで、歴代衣装の中で最高に変衣装だったかも。似合っていなかったわけではないところが、すごいと思った。

今年は都合で1公演のみの参加。明日のファイナル公演が見れないのが残念。

|

GP フランス大会

男子シングルは、連戦だったフェルナンデスが優勝、2位にデニス・テン、3位にリッポン。4位に入ったのが4回転ジャンプを4種類もフリーに入れてしまうネイサン・チェン。前に見た時よりも衣装も立派、演技もまずまずの出来。転倒はあったけれど。それにしても、4ルッツだって4フリップだって、軽々と跳ぶのに、何故か3アクセルが苦手らしい。そういう選手はけっこういるけれど。無良くんは5位だったけれど、4回転トゥループが2本入るまずまずの出来だった。最後の3ルッツで転倒してしまったけど、そこには水たまりが。同じ場所でフェルナンデスも3アクセルで転んだから、その位置でジャンプを跳ぶ予定だった選手にとっては不利だったかも。女子の時には、水たまりは小さくなっていたようだけど、それでも女子も同じような位置で転倒する選手が何人かいたから、なんだか残念。

女子は、メドベデワ、ソツコワとロシア娘が1位、2位。3位に樋口さんが入ったので、十代の娘が表彰台にのったことに。真央ちゃんはジャンプが次々と2回転になってしまって、9位。今シーズンはちょっと不調の永井さんが10位。

|

GP ロシア大会

男子シングルは、フェルナンデスが貫録の優勝。宇野くんが2位に入って、スケートアメリカの優勝と合わせて、早くもファイナル進出を決めた。田中刑事くんは7位。

女子シングルは、SP終わった段階では、ロシア娘が表彰台独占かと思われたのに、優勝のポゴリラヤ、2位のラジオノワは予想通りだったけど、SPで3位につけていたリプニツカヤがなんとフリーの途中でくずれて、ジャンプを2つミスした後で演技を中断。なんとか再開したけど、結局演技再開後跳んだ2アクセルでは転倒。順位は最下位だった。足のトラブルが原因のようだけど、深刻な怪我でなければよいのだけど。
佳菜子ちゃんの不振ぶりが心配。ジャンプが跳べていないわけではないし、転倒するわけではないけれど、アクセルとフリップが絶不調。リプニツカヤがいなければ最下位の11位。松田さんが6位は、初めてのシニアGPの試合としては、よく頑張った。

|

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »