« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

秋場所千秋楽

白鵬が休場して、早々に稀勢の里が負けて、どうなってしまうのだろうと思われた今場所だったけれど、予想外と言っては失礼だけど、豪栄道が全勝優勝した。すべて勝って自力で優勝を決めたので、本当によかったと思う。
久々に遠藤が大活躍。技能賞を獲得。賞にふさわしいいい相撲を見せてくれた。相撲で結果を出すと、イケメンぶりがますます映える。予想外に面白い場所だった。

|

華政

韓国ドラマ「華政」を見終わった。
宣祖の嫡出の王女、貞明公主の目から見た光海君と仁祖の二代の王の時代が舞台。
前半の光海君の時代は、かなりフィクションの部分が多くて、貞明公主が日本に来て硫黄職人になったり、通信使の随員として来日したホン・ジュウォンと出会い、朝鮮に戻ったりとドラマチックな展開。
仁祖反正の後の仁祖の時代になると、貞明公主は結婚して朝鮮に落着き、おじさん俳優たちによる丁々発止の政争が中心になった。
前半の日本でのシーンは、太秦の映画村を中心とした京都ロケだったらしい。韓国ドラマにしては、比較的きちんと「江戸」を表現していたと思うけれど、若干「時代」考証が足りなかったかも。ドラマの時代は、安土桃山から江戸初期にかけてにあたると思うので、どう見ても江戸中期以降の服装や髪形だったのが、ちょっと惜しかった。
仁祖を演じたキム・ジェウォン。初の「悪役」、なかなかよく演じていたけれど、あまりにも人間的に弱く情けない人物だったので、ちょっと哀しかった。もっとも、最期にすばらしい見せ場があったので、情けなさは、ドラマを見終わった時点で帳消しになっていたけれど。
ドラマ全体をぐいぐい引っ張っていたのは、おバカな王さまを影であやつり権力をほしいままにする腹黒おやじたち。こちらも、ワルはワルなりの一貫したスジを最後まで通した姿勢が丁寧に描かれた脚本、堂々たる演技が、ある意味カッコよくて、思わずホレそうになった。
久しぶりのテレビドラマだったスンヒョくんにも、予想外の見せ場があった。職務と「王命」に忠実なその姿、あっぱれ。

|

秋場所初日

白鵬が休場の今場所。
横綱昇進のチャンスのはずの稀勢の里が初日早々負けた。
横綱鶴竜、大関の照ノ富士も負けたので、なんだかガッカリな初日だった。

|

太陽を抱く月

韓国ドラマ「太陽を抱く月」を見終わった。
イ・フォンを演じた二人がすばらしい。特に、子役のヨ・ジングくんの存在感がすばらしかった。
ストーリー自体は、架空の設定(一応、朝鮮王朝時代ではあるけれど)だということもあり、最後のオチが、一種のハッピーエンドで都合よくまとまった感じもあり、時代劇らしい重みは少々足りなかった感じがする。
王様のお付き役(内官)の人のコミカルな演技が楽しかった。

|

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »