« 支援のしかた | トップページ | 夏場所初日 »

Prince Ice world 2016 横浜公演

今年のプリンスアイスワールドのテーマはJ-POP。
ここ数年の中では、全体的にいまいちピンとこない構成だった。
それでも、最近はプリンスのチームに男性が多くて、男性ばかりのナンバーがかっこよくて見応えがある。もちろん女性による演技も美しくていいけれど、男性がカッコよくキレキレのダンスをするのを見るのは楽しい。

織田くんの新プログラムは、ジェフ振付の作品らしい。細かなターンがいっぱい盛り込まれた難しいプログラム。スピンやステップ、ジャンプなど、随所に見せ場があり、さらに、アウトエッジとインエッジ両方の、大きなイーグルが入っていて、現段階でももちろん、そこそこ滑りこなしてはいるけれど、このプログラムはもう少し「熟成」されたものを、もう一度見てみたい。このプログラムを一年間練習したら、そのうちイーグルでも拍手をもらうようになりそうな予感がする。

島田高志郎くんは、Stars on iceの時と同じ、野球選手に扮した楽しいプログラム。シニアのトップクラスの選手に比べると、スケーティングがまだまだだけど、音を上手に使って観客を自分の世界に引き込む表現力がすばらしい。ただいま成長期で、気づいてみたら織田くんとそれほど違わない身長になっていて、びっくりした。大きなケガなくシニアまで上がってくれることを期待。

町田くんの今年の演目は、松田聖子の「あなたに逢いたくて」。ヴォーカル入り。演技はクラシックバレエの動きバリバリの、渾身の演技。しっかり練習を積んできたことはよくわかる演技だったけど…。この子はこの先、どうなっていくのだろう?

|

« 支援のしかた | トップページ | 夏場所初日 »