« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

Fantasy on ice 幕張

今年もFantasy on Iceの時期が来た。最近の傾向として、羽生くんが出演する(だろう)公演はチケットが激戦。出演者の中に最初は名前がなくても、出演予想のもとにチケットを買う人もいるので、出演の確率の高いFantasy on Iceは早々完売だったらしい。その後、怪我で休養が発表されて、出演しないことが確定したので、来なかったりチケット転売とかで空席が目立ったら寂しいなあと思いながら行ったら、どうしてどうして、観客席は満席だった。

日本男子は織田くんだけだったし、現役男子選手はフェルナンデスだけだったのに、全体的にとてもハイレベルなパフォーマンスだった。ジェフもランビエールもトマシュもジョニーも、選手を引退して何年も経っているのに、みんなきちんとトレーニングを続けていて、それなりのレベルを保っているのがよくわかる。チケット代がちっとも惜しくない3時間だった。

織田くんは、第1部では福間洸太朗さんのピアノとのコラボで「愛の夢」。ピアノの音だけだから、エッジの音が聞こえるのが、なんだかとても臨場感がある。でも、静寂。矛盾しているけど。ジャンプの数が多く、みっしりとステップがつまった密度の高い振り付けで、とてもハードなはずなのに、見事なコラボだった。第2部では、ランビエール振り付けの「Top Hat」。こちらもちょっとした音にもこまかく振り付けがされていて、みっしりとステップ・スピンのつまったプログラム。今日はちょっと手拍子のタイミングをとりそびれたけど、最初から最後までがっつり手拍子しても大丈夫そう。次回は挑戦したい。「織田くーん」の人は本日も健在。いつも私よりはるか前の席にいるから、どんな人かは見たことがない。でも、この人のこのかけ声を聞くと、「待ってました!」な気分になる。

本日の公演は、どれもレベルが高くて見応えがあったけれど、実は一番印象的で感動したのが、明子ちゃんの「ブラックスワン」。振り付け自分ということだったけど、緩急の付け方や毅然とした雰囲気作りが見事だった。眼福眼福。

トマシュと華原朋美のコラボは、高難度のジャンプはなかったし、十分な滑り込みをする時間があったとは思えないのに、トマシュの美しいスケーティングと、観客を惹き込むパフォーマンス力が見事で、まんまとたぶらかされてしまい、うっかりスタンディングオベーションしてしまった。

|

夏場所千秋楽

白鵬が久しぶりの全勝優勝。稀勢の里もよく頑張ったけど及ばず13勝2敗。
終盤の白鵬の勝ち方が、久しぶりに上手くて強い勝ち方で、相撲ファンとしては眼福&満足。星数はそれほど伸びなかったけど、ひそかに鶴竜もいい相撲をとっていてよかった。
三賞で、技能賞に栃ノ心。業師のイメージがない力士なので、失礼ながら技能賞はとても意外。何度も確認してしまった。

|

夏場所中日

白鳳と稀勢の里が勝ちっぱなしで折り返し。
番付上位の力士が複数名、頑張っていると、終盤が面白い。
観客が、日本出身力士を贔屓して応援することがないことを願う。

|

夏場所初日

初日は、横綱大関は安泰。

琴奨菊の優勝額が国技館に飾られた。テレビのニュースで「○年ぶりに日本出身力士の優勝額が…」と言って取り上げられていたけれど、「日本人」ではなくて「日本出身」と言っている段階ですでに、たいした価値を持たない。そもそも、琴奨菊にとっては何ものにも代えがたい価値のある「優勝」だろうけど、それは、白鵬、日馬富士、鶴竜にとっての「初優勝」の価値よりも重くも軽くもないはずだから。

|

Prince Ice world 2016 横浜公演

今年のプリンスアイスワールドのテーマはJ-POP。
ここ数年の中では、全体的にいまいちピンとこない構成だった。
それでも、最近はプリンスのチームに男性が多くて、男性ばかりのナンバーがかっこよくて見応えがある。もちろん女性による演技も美しくていいけれど、男性がカッコよくキレキレのダンスをするのを見るのは楽しい。

織田くんの新プログラムは、ジェフ振付の作品らしい。細かなターンがいっぱい盛り込まれた難しいプログラム。スピンやステップ、ジャンプなど、随所に見せ場があり、さらに、アウトエッジとインエッジ両方の、大きなイーグルが入っていて、現段階でももちろん、そこそこ滑りこなしてはいるけれど、このプログラムはもう少し「熟成」されたものを、もう一度見てみたい。このプログラムを一年間練習したら、そのうちイーグルでも拍手をもらうようになりそうな予感がする。

島田高志郎くんは、Stars on iceの時と同じ、野球選手に扮した楽しいプログラム。シニアのトップクラスの選手に比べると、スケーティングがまだまだだけど、音を上手に使って観客を自分の世界に引き込む表現力がすばらしい。ただいま成長期で、気づいてみたら織田くんとそれほど違わない身長になっていて、びっくりした。大きなケガなくシニアまで上がってくれることを期待。

町田くんの今年の演目は、松田聖子の「あなたに逢いたくて」。ヴォーカル入り。演技はクラシックバレエの動きバリバリの、渾身の演技。しっかり練習を積んできたことはよくわかる演技だったけど…。この子はこの先、どうなっていくのだろう?

|

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »