« 世界ジュニア選手権 | トップページ | 世界選手権 »

春場所千秋楽

終わってみれば、白鵬の優勝。
豪栄道と稀勢の里の二大関はよく頑張ったと思う。来場所以降もまた、しっかり頑張ってほしい。

千秋楽結びの一番、白鵬の優勝がかかった一番が、あまりにもあっけなく決まってしまったので、稀勢の里との決定戦をひそかに期待していた館内からは大ブーイング、しらけて表彰式を待たずに早々に帰る観客が多かったのが、テレビで見ていてとても残念だった。
横綱が変化で勝つなんて…と言うけれど、最初からねらった変化ではなくて、流れの中で「変化」になってしまったという感じだったし、その変化に対応できずに自ら土俵から勢いよく飛び出した相手も横綱。確かに正々堂々と勝った感じはしないけれど、ルール違反をしたわけではないし、普通だったら喜びであふれているはずの優勝インタビューで、言葉も出ないほどヘコんでしまっていた白鵬が、とても気の毒だった。
白鵬には、これからも永く日本の相撲を支えていって欲しい。国籍問題がなんとかならないものかと、もどかしい。白鵬には、本人の意志とは別のところに、軽々に日本に帰化はできない事情があるのだから。

|

« 世界ジュニア選手権 | トップページ | 世界選手権 »