« 初場所千秋楽 | トップページ | 今年のファンミ »

パク・ヨンウさん出演映画数点

韓国映画は、私の好みにあわないものが多いけれど、最近、パク・ヨンウさんの出演作品をいくつか見た。

「甘く、殺伐とした恋人」
ヨンウさんは恋に不器用な男の役を好演しているとの評判で、たしかにそのとおりだったけど、映画そのものは「殺伐」の部分が私にとっては恐怖だった。

「The Phone」
オム・テウンとの共演だということで、けっこう楽しみにしていたけど、オム・テウンもヨンウさんも演技が達者すぎて、日常の中で起こりえる狂気のようなものを、あまりにもリアルに演じていたために、なんだか怖かった。

「ビューティフルサンデー」
のどかなタイトルに加えて、日本版パッケージ写真がナムグン・ミンが女性を背負っているいかにも「青春」なものだったので、てっきり心温まる作品かと思っていたのに、内容はサスペンスで、実に救いのないラストだった…。

「カエル少年失踪殺人事件」
実際にあって、いまだ犯人がわからない事件をベースにした作品。事実の再現や訴えたいことははっきりしていてよかったけれど、ヨンウさんの役は100%フィクションで、フィクション部分だけが浮き気味だった点が、ちょっと残念。映画のメッセージははっきりしていて、価値のある作品だとは思ったけれど、残念ながら私好みではない作品だった。

「わたしの小さなピアニスト」
ヨンウさんは、ピアノ教師の主人公に恋をする純朴なピザ屋店主の役で、素のままではないかと思うくらい自然体でよかったし、映画のタイプも私好みではあったけれど、作品としてのクオリティーはいまいちと感じたのは何故だろう。主演のオム・ジョンファの演技も悪くはなかったのに。

「ワンス・アポン・ア・タイム」
実に楽しい娯楽映画だった。演出はテンポよく小気味よく、壮大にバカバカしいところが、逆にすがすがしい。終戦の頃の朝鮮に時代設定してあるので、下手な日本語を聴かされるけれど、深刻な反日表現があるわけではないし、楽しく見ることができた。

|

« 初場所千秋楽 | トップページ | 今年のファンミ »