« GPシリーズのエントリー | トップページ | 風のソナタ »

私の心が聞こえる

韓国ドラマ「私の心が聞こえる」の視聴が終わった。
見終わって心が温かくなる、良質のドラマだった。

全体的に出演者はみな演技達者だったけれど、一番感動したのは、主役ではないけれど、重要な役どころで、知的障がいがある純真な父親役を演じたチョン・ボソクさんの演技。とてもすばらしかった。
主役級では、後天的聴覚障がいがある役を演じた、キム・ジェウォンがよかった。コミカルもシリアスもこなせる、いい役者だと思う。
このドラマは、障がい者を扱っているドラマだけど、よくありがちな「お涙ちょうだい」なつくりではなくて、障がいを否定も肯定もせず、ただその人物の「個性」の一つとしてさらりと扱っていたところがよかった。
恋愛が中心のテーマではないドラマだったけれど、一応それなりにはラブシーンもあって、今トレンドな「壁ドン」があったし、顔をよせてくる男性のひたいを指でぐーっと押して遠ざけるシーンなんかもあって、見ていて面白かった。

|

« GPシリーズのエントリー | トップページ | 風のソナタ »