« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

PIW横浜公演

プリンスアイスワールド横浜公演を見に行った。

今年のプリンスのチームのプログラムは、男子がカッコいい。

ゲストスケーターは、話題の人が多い。去年の年末に出産したばかりのはずの荒川さんが、トリプルジャンプを跳び、イナバウワーを入れて、しっかりプログラムを滑ったのがすごかった。
「一学生」に戻ったはずの町田くん。クラッシックでクラッシックバレエばりの自分振り付けの演目。トリプルジャンプも跳んでいたけれど、彼が力を入れたのは振り付けの方だと思う。確かに、「試合」での演目となると、時間制限があるから、曲の編集の仕方も変わってくると思うし、入れなければならない要素も決められているし、かなりの制約があって、それを「表現したいこと」と折り合いをつけるのは、非常に難しかったと思う。ああ、こういうふうに滑りたかったんだ、と思って、去年末の突然の引退宣言にも得心がいった。
うわさのオダースベイダーを、やっと見られた。ダースベイダ―のテーマでコミカルな演技は予想外だったけど、とても楽しかった。ジャンプは織田くん得意の3-3トゥループのコンビネーションジャンプと、3ルッツ-1ループ-3サルコウの3連続ジャンプを、両方とも軽々跳んでいたし、最後のステップがカッコよかった。まだまだ現役に戻れそうだけど、楽しそうにしているし、アイスショーにどんどん出演してくれているから、まあいいか。

|

ワールド・チーム・トロフィー エキシビション

今日のエキシビで一番会場がわいたのは、トリの羽生くんの「パリの散歩道」。昨シーズンは、けっこう難しいプログラムを滑っているような感じがしたのに、今日見たらすごく簡単そうに滑っていて、思えば今年のプログラムは本当に難しいのを滑っていたんだなあと思った。
今日、私が一番感動したのは、無良くんのファントム。男の哀愁をふりまいていて、切なくもカッコよかった。こういうスケートなら、「女のやること」なんて間違っても言わせない。これからもこういう男くさいスケートを滑り続けていってほしい。

今大会が始まる前には、高橋&木原ペアの解散というショッキングなニュースを聞いた。今日また、キャッシーが引退との報告があった。クリスは現役を続けるということだけど、この二人は長い間日本のアイスダンスの代表だったから、本当に寂しい。
ペアもアイスダンスも、またいい選手が出てきて、いい演技を見せてくれることを期待。

|

ワールド・チーム・トロフィー 3日目

今日はペアと女子シングルのフリー。
ペアも、4回転の時代に入っているらしい。中国ペアは4回転ツイストリフト、カナダペアは4回転のスロウジャンプ。

女子シングルは、知子ちゃんの演技がすばらしい出来だった。トゥクタミシェワは冒頭で3アクセルに挑戦して見事に成功。余裕の着氷で、それはそれは美しいジャンプだった。

最終順位は、アメリカが優勝、2位がロシア、日本は3位。でも、ペアとアイスダンスがともに最下位だったことを考えると、本当によく頑張ったと思う。

|

ワールド・チーム・トロフィー 2日目

今日は、ペアのSP、アイスダンスと男子シングルのフリー。
ペアはまったく見れず、アイスダンスは最終滑走のウィーバー&ポジェ組の演技が始まった直後にようよう間に合った。

男子シングルは、アモディオの演技はなかなかよかったのに、4サルコウが3サルコウになってしまったせいで、3アクセルからの3連続ジャンプがノーカウントになり、同じジャンプの繰り返しは2種類までの規定にもひっかかって、最後の3ルッツジャンプもノーカウントに。ああもったいないもったいない。でも、演技は楽しくて良い演技だった。
無良くんは今日は頑張った。ノーミスではなかったけれど、3アクセルは2本とも豪快に決まった。無良くんのスケートは、男くさくてバンカラでカッコいい。
とにかくすばらしかったのは、ジェイソン・ブラウンの演技。4回転が含まれていないことを忘れてしまうような、フィギュアスケートの魅力がぎっしりつまった4分半だったと思う。
閻くん(ハン・ヤン)は、ジャンプでいくつかミスがあったけど、この人の演技は大好き。中国の選手にしてはスケーティングも見事だけれど、どこかあかぬけていない、ちょっとした大味さが、たまらなく魅力。「Fly me to the moon」は、最後の「... you!」で両手で誰かを指さすポーズがお約束だけど、閻くんの振り付けはジャッジ席の人を指さすことになっている。今日の閻くん、「... you!」とやった時に目がちょっと泳いでいたけど、ここはやっぱり、指した人をじっと見なきゃ!
羽生くんは、4サルコウは決まったけど、4トゥループがぬけて、それはそれは美しい3トゥループになった。でも、技術は完璧。すごいことをやっているのにさらりとしていて、私にとっては必ずしも魅力はない。でも、すごいスケーターだとは思う。会場は大歓声とスタンディングオベーション。

ジャッジ席横にある、日本の放送の解説席にいる織田くんが、リンクの端をはさんだ向こう側にある選手の応援席にいる日本の選手たちに応援の仕方のアドバイスをしているのが見えた。ちょっと笑ってしまった。

|

ワールド・チーム・トロフィー 1日目

今日はオープニングセレモニーとアイスダンスのSD、女子シングルSP、男子シングルSP。
今年は仕事を休めないので、女子シングルには間に合わず。それでも、なんとか男子シングルに間に合った。
会場はほぼ満席。年度始めの平日の夕方に、みんな余裕があるなあ。

6か国の12人の選手だけなので、2グループ。世界ランキング下位の選手からの滑走。第1グループの選手は全体的にスピードがない。このグループ最終滑走だった閻くんになって、いきなり滑りの速度が上がった感じがした。
カナダのジェレミー・テンは、跳ぶジャンプが高難度ではないために、あまり高得点は出なかったけれども、スケーティングは上手。ナムくんも、4回転がないために上のグループには入れていないけれど、このグループの中では達者なスケーティング。閻くんは、少しジャンプでミスはあったものの、良い出来だった。干し草用フォークで干し草を投げ上げるマイムは、相変わらずスコップで穴を掘っているみたいだったけど、それでもこのプログラムは大好き。
第2グループで素晴らしい演技だったのは、ジェイソン・ブラウン。4回転ジャンプはないけれど、とにかく動く動く、ステップをふむ。「ジャンプ」としてカウントされないステップの一要素にすぎないバレエジャンプが高さといい、180度以上の開脚の柔軟性といい、絶品で、私がジャッジなら、それだけに加点3点を与えたいくらいすごかった。羽生くんは3つ目のジャンプの3ルッツからのコンビネーションジャンプの2つ目のジャンプの着氷後に転倒したけれど、転倒による減点1点だけで、その他のジャンプでものすごい加点をもらってダントツの1位。

今日も、羽生くんの演技が始まる直前まで、「ゆづくん、がんばってー」といつまでも声をかけている人がいた。たいして若くもない、はっきり言ってけっこうなオバサンだと思われるその声の主に言いたい。演技直前の声かけは、選手の集中を乱すだけなので、スケート選手を応援する人は絶対にしない。ソチニワカさんだから…と思っていたのは去年のさいたまワールドまで。スケートの試合を観戦しに来ているのなら、そろそろそこらへんはわきまえていただきたい。今回は結果に影響はなかったようなので、よかったものの。

|

リバーダンス

リバーダンスの公演を観た。
アイリッシュダンスメインだけど、ファイアーダンスはスパニッシュだし、ロシアンダンスのナンバーもあるし、ブレイクダンスもありで、必ずしもアイリッシュダンスの公演とは言い切れないプログラムだった。
でも、1時間50分の公演時間が、すごく短く感じられる見事な公演だった。

|

号泣

帰宅してテレビをつけたら、織田くんが号泣していた。織田くんの出演番組で関東で放送されるものは、基本的にすべて録画しているはずなのに、この番組はノーチェックだったのでびっくり。録画は間に合わなかったけど、見逃さずにすんだのがラッキー。もっとも、HDに余裕がなかったから、事前に知っていても、録画予約はできなかったけれど。活躍は嬉しいけれど、ついていくのが大変。でも、がんばる。初めてテレビ(スケートの番組)で見た十代半ばの頃から、よく笑いよく泣く子だった。大人になった今でも、いい意味で全く変わっていないことに、いつもほっとする。テレビの仕事だけではなく、後進の育成にも力を注いで、いつの日か、教え子のキスクラで本人よりも豪快に号泣する姿が見れると期待している。それがオリンピックだったら、もうサイコー!

|

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »