« 嵐 | トップページ | 世界ジュニア選手権 »

風立ちぬ

宮崎駿の長編アニメ映画「風立ちぬ」を視た。

先に見た人に「どうだった」とたずねると、みんな「うーん……」と言葉少なくなり、映画館で見た人は「宮崎アニメだからと言って子どもが沢山来ていたけど、みんなポッカーンだった」と言っていた理由が、見て初めてわかった気がする。
これは、大人の映画。昭和を生きた人のロマン。子どもが理解するのには無理があったはず。テーマや内容から言えば、実写でもいい感じの作品だったけれど、飛行機の飛翔感は十分に表現できなかったような気もするし、実写ではもっとシリアスになりすぎて、重くなりすぎてしまったかもしれないので、これをあえてアニメーションで作った意義はあるような気がする。

もう少し年齢を重ねてから、もう一度見てみたい。その時、私はどう思うだろうか。

|

« 嵐 | トップページ | 世界ジュニア選手権 »