« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

初場所千秋楽

3番ほど、あぶない(物言いの結果、判定で「勝ち」とされた)取組はあったものの、終わってみたら、白鵬の全勝優勝だった。白鵬はすごいと思うけれど、その心の内を慮ると、あともう少し、大鵬親方が長生きしてくれれば、どんなに良かったことかと思う。

|

かながわフィギュアスケート・フェスティバル

相模原市の60周年を記念して開催されたアイスショー。
神奈川県のスケート連盟所属選手と、ゲストスケーターによる演技。ゲストスケーターがかなりゴージャスで、会場はほぼ満席に近い状態。美しい衣装と本格的な照明のもと、普段は大きな舞台で滑る機会がまずない選手でも、けっこうそれなりにいい感じのパフォーマンスをみせる。こういう機会はなかなかないと思うので、選手たちにはよかったのではないかと思うと同時に、このようなイベントが全国あちこちで開催されるように、スケートファンも応援していかなくてはいけないと思った。
会場は、公園の中にある、予想外に立派な「銀河アリーナ」。ただ、久々に観客にとっては非常に寒い会場だった。

ランビエール、ジュベール、トマシュの3人は、第1部第2部それぞれ1プログラムの計2プログラムを滑るサービスぶり。大トリはプルシェンコ。さすがの貫録だった。

織田くんは、ランビエール振り付けの「リバーダンス」。まだ少し前半にランビエール色を感じるけど、これはすごいプログラムだと思った。前半はしっとりと静かに、ジャンプは曲や演技が盛り上がった後半に3本固めてあった。最後はステップからスピン。今日の出来も悪くはなかったけれど、もう少し滑り込んだらこうなりそう、と期待するものがすごすぎて、またしばらくしたらもう一度見たいと思った。特に、前半がもっと進化しそうだし、すごい。
実は、明日ももう一公演チケットを買ってある。「リバーダンス」か「アディオス・ノニーノ」か、どちらを見れるかわからないけど。

-----
25日追記:
今日の織田くんの「リバーダンス」は、それはそれは美しい神演技だった。息をひそめて見入ってしまった。

|

Stars on Ice 2014東京公演

今回は、けっこう出演者が豪華、現役選手も知子ちゃん、佳菜子ちゃん、無良くん、小塚くんが出演。やっぱり現役のトップ選手の滑りはすごい。

織田くんは、「アディオス・ノニーノ」の本来のバージョン。ただ、最初のジャンプは3フリップのあとに3トゥループをつけて、それはそれは美しいコンビネーションジャンプだった。眼福。

今日は、けっこう高い所にある席で、顔の判別がつかないくらいスケーターが小さくしか見えない。スケーターの顔はよく見えないけれど、こういう高い席のいいところは、全体的な「滑り」がよく見えること。アイスダンスのヴァーチュー&モイヤーやデイビス&ホワイトを含めた現役スケーターたちはみな、素晴らしいスピードでなめらかに滑っている。織田くんや明子ちゃんも、現役時代並みの勢いで滑っていた。気になったのは、高橋くん。お客さんは一挙手一投足にキャアキャア言っていたけれど、滑りのスピードや身体のキレは、明らかに一昨年のそれとは違う。「高橋大輔」という名前を知らされなければ、本当に今日の演技を、ファンではない観客は「すごい」と思っただろうか。
私が今日すごいと思ったのは、高橋くんが「滑り」という意味では何にもしていないのに、ただ手を差し伸べるだけで、その先にいた観客がキャアキャア反応することと、何故かそれに納得している自分がいること。私はファンではないので、キャアキャア言っている人たちが何にどう感動しているのかは、実際のところはわからないのだけど、高橋くんにはそうさせるだけのオーラだか雰囲気だかがあるのだろうことはわかる。もし高橋くんが現役の選手なら、今日の滑りを見たら腹が立ったと思う。でも、もはや彼は選手ではない。ショースケーターならば、客を喜ばすことができればそれでいいのだから、今日の高橋くんのパフォーマンスで及第なのかもしれないと思った。

|

あれから20年

阪神淡路大震災から20年が経った。
亡くした大切な人のことは忘れてはいけないと思うけれども、苦しかった記憶大変だった記憶は早く忘れた方がいい。

|

Medal Winners Open

女子シングルは、やはり若い人ほど強いのだと、つくづく思った。もちろん、今日優勝したジョアニー・ロシェットはすばらしい演技だった。スルツカヤも、年齢を考えたら愕然としてしまうくらいすばらしいスピードで滑っていた。でも、やはり迫力が現役選手と比べると、全く違う。

男子の方も、現役選手と同レベルの技術を維持しているのは織田くんくらいで、他の人たちはさすがに現役時代と比べれば、体力・技術の衰えは感じた。でも、それを補ってあまりある表現力があるし、女子のように妊娠・出産によるインターバルはないので、いろいろな意味で成長もあって、しっかり見応えのあるパフォーマンスができていたように思う。
本田くんは、もともと柔軟性のある選手ではないので、ジャンプが決まらないとアピールポイントが少ない。でも、イーグルは本当にすばらしい。
ジョニーウィアーは、ジャンプがどうの、スピンがどうのというのは、本当にどうでもよくなってしまうのがすごい。ジョニーの世界にいつの間にか引き込まれてしまう。演技が終わって、アリーナ席のお客さんから白バラの花冠と大きな花束をもらっていた。キスアンドクライに座っていた姿は、かわいらしかった。この人は、性別を超えているので、「男子」シングルというくくりで語るのは、なんだか不思議な感じがする生き物がそこにいた。
ジェフは、相変わらず音を無駄なく拾ったすばらしい演技をしていた。ウィアーとは違う方向で、正しく「男子シングル」の演技として、それはそれば美しい演技だった。
ライザチェックの演技は、本当に久しぶりに見た。この人も、身長はすごく高いのに、美しいスケートをする。
織田くんは、6分間練習の時から、見事なジャンプをきめたのを見て拍手をおくってくれているプルシェンコに気づかないほどの超緊張状態。それでも、それはそれは美しい3アクセルを決めていたので、観客からため息と拍手がわき起った。演技直前に、いつもの「おだくーん」の人が声をかけてくれて、観客は「待ってました」という雰囲気に。今日は「アディオス・ノニーノ」の試合バージョン。冒頭で4トゥー3トゥの、それはそれは美しいコンビネーションジャンプを決める。次に跳んだ3アクセルは、着地はOKだったけどフェンスぎりぎりでステップアウト、最後の3ルッツは回転は足りていたけどこれもフェンス際つまって、尻もちではないけれどしゃがんで手をついてしまったので転倒扱い。それでも3つのスピンはどれも素晴らしい出来栄えで、ステップでは手拍子がおきた。「アディオス・ノニーノ」は、一年間通じて滑り込んできて、すてきなタンゴに仕上がっているけれど、織田くんの演技らしく、このプログラムも見ていて青年の哀愁を感じる。こんなに高い技術力を維持しているのに引退しちゃってもったいないという思いもあって、今日の演技は途中から切なさで胸が痛かった。
最終滑走者は王者プルシェンコ。王者の滑りや振る舞いは、さすが。3アクセルを2回決めての貫録勝ち。
表彰式の後で、場内一周している時に、プルシェンコの後ろを2位だった織田くんが滑っていく姿は、なにやら見慣れた「舎弟」姿。あっちにもこっちにも、頼れるいい「アニキ」が沢山いるね、織田くん。

|

初場所初日

初日の上位陣は安泰。

遠藤と逸ノ城という好取組。遠藤が勝ったのは、相撲の「実力」によると思う。逸ノ城が逸材であることは間違いないけれど、まだまだ相撲は下手だと思うから。

|

メイクイーン その2

韓国ドラマ「メイクイーン」の視聴が終わった。
気持ちのよいハッピーエンドだったけれど、考えてみれば、出生のヒミツを存分に利用したストーリー展開の、韓国ドラマの王道をいく作品だったかもしれない。
主演のハン・ジヘはなかなか好演だった。子役がとても演技達者だったので、大人になるところで違和感があるかと思ったけれど、ほとんど気にならなかった。キム・ジェウォンは、初めて出演作を見るけれど、子役のパク・チビンくんが色黒なのに対して、女優さん真っ青の色の白さ。でも、適度にハンサムすぎない顔立ちや陽気さのおかげで、子役から大人への移行もとてもスムーズだった。ジェヒも、子役の雰囲気に上手に合わせていたし、脇を固める俳優さんたちはベテランの演技達者が多くて、よかった。ストーリーも大きな破綻はなく、ヘジュの本当の父親は…のところがちょっとムリがあったけれど、良い作品だったと思う。

|

箱根駅伝

今年の箱根駅伝は、往復とも青山学院大が強かった。山を駆け上った神野くんが、細いのにタフなのには脱帽。

全国的に大雪が降っているというのに、駅伝のコースでは2日とも、天気は快晴。富士山も湘南の海も、それはそれは美しかった。

|

元日

元日恒例の「芸能人格付けチェック」。今年もGACKT様は神々しいまでにすごかった。

|

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »