« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

大晦日

とうとう2014年も終わり。
人生初の宝くじは、そこそこにモトをとって終わった。10枚買っても、一番下しか当たらずに終わる人も多いはずなので、儲けはなかったけれど、まあ悪くはない。それよりも今年はたくさん楽しませてもらったので、それだけでも十分。去年の年末は、抜け殻のようだった自分を思うと、今の気持ちはとても不思議。
年明け早々にもまた、アイスショーの予定が入っているし、楽しみ。

|

全日本選手権 3日目

女子シングルはフリーが終わって、優勝が知子ちゃん。2位に本郷さん。3位にジュニアの樋口若葉ちゃん。佳菜子ちゃんは5位だった。恐るべし、十代女子のパワー。

世界選手権には、男子は羽生くん、小塚くん、町田くん。女子は知子ちゃん、本郷さん、佳菜子ちゃん。今年は男子の四大陸選手権派遣メンバーは世界選手権とは全く異なる、宇野くん、無良くん、ダイスとのことで、力のある選手にきちんと機会が与えられる結果で、本当によかった。

…と思っていたら、町田くんが突然引退を表明。世界選手権の出場は辞退。出場権はまたしても無良くんのもとに。びっくりしすぎて言葉もない。

そして、羽生くんが腹痛で精密検査のために病院へ。ちょっと心配。

|

全日本選手権 2日目

リンクではなくテレビで観戦する全日本選手権は、本当に久しぶり。注目選手しか放送してくれないのが物足りないけれども、そこらへんは諦めるとして。

女子シングルSPは、途中まで、もしかしたらジュニア選手が表彰台を独占か、と心配になるくらいのジュニア選手の活躍ぶり。中でも樋口新葉ちゃんの点数がすごくて、ミスがあったとはいえ、佳菜子ちゃんも今井遙ちゃんも届かない。最終グループで、知子ちゃんと本郷さんがようやく超える点数を出した。明日のフリー次第では、女子の表彰台は事前予想とは大きく違う結果になっている可能性も。

男子の最終結果も、かなり予想外のものだった。
とりあえず、羽生くんが優勝したのはまあ順当だったけれども、2位に宇野くんが入った。出した点数はシニアのトップクラスの選手の点数。本当にすごい。そして3位には、フリーで素晴らしい出来栄えだった小塚くん。町田くんはジャンプにミスがあって4位。無良くんが5位。6位には上出来だったジュニアの山本草太くん。
今シーズン、ここまでの成績と、全日本の結果とがビミョウすぎて、とりあえず羽生くんは世界選手権に派遣されることと、草太くんが世界ジュニアに派遣されることは間違いないとして、他の人たちは、誰がどの試合に派遣されることになるのか、明日の発表まで全く予想もつかない。

|

全日本選手権 1日目

男子シングルSP終わって、1位は羽生くん。2位は町田くん。3位になんと宇野くんが入った。この3人は、大きなミスなくなかなかいい演技。4位にダイス。無良くんは、4回転で転倒して5位。小塚くんはジャンプミスが2つあって6位。でも、相変わらずステップはすごかった。

|

クリスマス

Xmas_cake_2

クリスマスケーキ。食べちゃうのがもったいないくらい、可愛らしい。

|

絶景

Dsc_01311

仕事で行った文京シビックセンターの展望フロアから。
天気は快晴、富士山がくっきり。

|

STAP細胞

STAP細胞が「ある」ことは、与えられた時間内に証明されることはなかった。「ない」ことも、証明されているわけではないけれども。小保方さんが「STAP細胞」としたものの正体は、一体全体何だったのだろう?

|

メイクイーン その1

韓国ドラマ「メイクイーン」。「メイクイーン」という言葉で真っ先に思い浮かべるのはじゃがいもだけど、このドラマはじゃがいもとは無関係の船の会社をめぐるお話。
子役に名子役と言われた子役3人を使い、全40話の5分の1は子役が務める。ハン・ジヘの子役を務めるのは、「トンイ」の子役をつとめた子。素晴らしい演技力で主役をしっかりとつとめた。キム・ジェウォンの子供時代を演じたのはパク・チビンくん。背が伸びて声変わりをしても、笑うと愛らしい。地上波放送分は、パク・チビンくんの出番はサスペンスなストーリーと直接は関係の少ないシーンが多かったため、いいシーンがかなりカットになっていたのが残念。相変わらず、達者な演技力だった。ジェヒの子供時代を演じた子は「ごめん、愛してる」のガルチ役を演じた子で、顔は実に端正だけど、演技力は3人の中ではちょっと残念だったかも。

|

選挙

やる必要性が全く理解できない選挙が行われた。
とりあえず投票に行ったけれども、結果も変わらなかったし、何のための選挙だったのか理解に苦しむ。
選挙権を持っている人の2人に1人しか行わなかった投票の結果を「民意」「民意」と言って伝家の宝刀のように使われても、困惑するだけなのだけど。

|

GPファイナル 3日目

女子シングルは、本郷さんは6位に終わったけれども、シニアに上がったばかりのGPシリーズでファイナルまで出場して、しっかり演技をしたこと自体がそもそも上出来だったと思う。
優勝はロシアのトゥクタミシェワ、2位がラジオノワ、3位にアメリカのアシュリー・ワーグナー。リプニツカヤのフリーの後半の出来がボロボロで、ちょっと心配。

男子シングルは、ジャンプの転倒が一つあったものの、羽生くんの圧勝。転倒があったのにスタンディングオベーションしていたバルセロナの観客、ちょっとそれはどうよ? ノリがラテンだなあ。2位に地元のフェルナンデス。こちらも転倒こそなかったけど、回転数がアレレなジャンプがあって決して上出来ではなかったのに、大盛り上がりのスタンディングオベーション。でもまあ、ジャンプの出来がボロボロだった町田くんの演技の時の声援が温かかったから、甘々な評価だけど、熱い応援ありがとう、なのかもしれない。
3位はヴォロノフ、4位はコフトゥン、無良くんは5位だった。

|

GPファイナル 2日目

ジュニアの試合はすべて終わり、女子シングルは樋口新葉ちゃんが3位に入った。
男子シングルは、宇野くんが優勝、山本草太くんが2位という上出来。宇野くんは4トゥループ1本、3アクセル2本がクリーンに入り、GOEマイナスなしで、160点台のスコア。ジュニアの試合なのに。

シニアの男子シングルは、SP終わって、コンビネーションジャンプで転倒はあったものの羽生くんが1位。町田くんもまずまずの出来で2位。無良くんは6位。

|

GPファイナル 1日目

スペインのバルセロナで開催される今回のファイナル。
日本との時差の関係で試合はすべて日本時間の夜中から翌朝にかけて行われ、ライブ放送が難しいことはわかるけれど、それにしても、地上波放送を夜のゴールデンまで持ち越すのはどうかと思う。それまでテレビ朝日系以外の局ではニュースで映像を使えないのだから。

日本人3人が出場しているジュニア女子のSPでは、永井さんが3位。2人が出場しているジュニア男子はSP終わって山本草太くんが1位、宇野くんが3位。
シニアの女子は、SP終わって、ロシアの4人娘が上位を占め、補欠から繰り上がり出場になった本郷さんが5位。

織田くんの解説は、しっかり技術的な解説をしてくれるので、スポーツ観戦していることがきちんと感じられていい。

|

風邪

どうやら風邪をひいたらしい。3日前は鼻づまり。一昨日と昨日は小康状態で、このまま回復すると思って薬をやめたら、咳。今年の風邪は、熱は出ずに咽喉にくるととは聞いていたけれど、本当だったらしい。

|

宝くじ

人生初の年末ジャンボ宝くじ購入。
宝くじ、賭け事の類は、したことがないけれど、ほぼ毎日、織田くんが泣く年末ジャンボのCMを見ているうちに、ふと、買う気になった。
当選は全く期待していないけれど、もし7億円当選したら、スケートリンクの維持費として寄付しようと思う。当選したら1億円織田くんにあげて現役復帰してもらうという織田ファンのカキコミを複数見たけど、その気持ちもよくわかる。

|

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »