« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

夏の終わり

今日で8月も終わり。新しいPCへの移行作業が終わらぬまま、必要な機能を少しずつ足しながら、のネット生活。通常営業までの道は、まだ遠そう。

ここ数日はわりと涼しかったけれども、明日からまた少し暑さがぶり返すような天気予報。このまま涼しくなってくれた方が嬉しいのだけれど。

|

PC

普段使っているネットブックが、突然、起動しなくなった。どうやらWindows updateの更新プログラムによる不具合に、まんまと引っかかったらしい。あれこれいじって、どうやらPCは起動するようになったけれども、今度はネットに接続できない。今日はここらへんでギブアップするしかなさそう。そもそも、去年4月に購入2か月目にして故障した個体は、やはりいろいろな意味で弱い。
幸い、3月に買った新しいノートPCがあったので、そちらを急きょ利用している。ほとんどまだ設定をしていなかったので、いろいろな設定をしながら。PCは、普通に使えるようになるまでにいろいろな手続きが必要で、けっこう大変。でも、いずれは、しなければならない作業ではあるけれども。

|

花火大会

天候が不安定で、前日予報では開催は無理かもと思われた花火大会が、無事開催された。
地元ケーブルテレビで中継放送してくれていることに気づいたので、今年はテレビで鑑賞。本当は生で見たいけれども、テレビ放送でもそれなりには代わりになることがわかった。自宅からは花火は見えないけれども、打ち上げる音は聞こえる。その音を聞きながら、テレビの映像を見ていると、それなりの臨場感を楽しめた。

|

集中豪雨

広島で、大雨が集中的に降ったために、大規模かつ広範囲な土砂崩れが起きて、死者・安否不明者が多数いるとのこと。
中国地方に行った時に、電車の中から外を見ると、家のすぐ裏が小高い丘(低い山)という場所が沢山ある印象だった。コンクリートジャングルの東京と比べて、のどかな印象を持っていたけれども、こうなってみると、すぐ裏は山、という住環境は、必ずしも良いとは言えないことがわかる。
救助活動をしたくても、断続的に降り続く雨に阻まれて、思うに任せないらしい。自然が相手なのでどうしようもないけれども、それでも早く雨が止んでくれればいいなと思う。

|

アイス・バケット・チャレンジ

アメリカ発で、指名されたら氷水をかぶるか、寄付するかのどちらかをしなければならないという、新手の募金活動があるらしい。難病のALS患者の支援のための活動なので、あまりネガティブな発言をする人はいないけれども、氷水をかぶった人は、次の人を3人指名する、というやり方が、なんだか「不幸の手紙」と似ていて気になる。
難病患者支援という目的は立派だけれども、イベント的な募金活動はどんなものかとも思う。
どうでもいいことだけれども、ニュース映像を見ていて、これにチャレンジした時のレディ・ガガのスタイルにショックを受けた。身体の線があらわになる服を着るなら、もう少ししぼった姿を見せてほしい。

|

メディア

リビングの液晶テレビが壊れた。液晶パネルの故障で、画面が映らないだけで、音は問題なく聴こえる。エボラ出血熱がアフリカで猛威を振るっているニュースも、シリアで日本人らしい人が拘束されたらしいというニュースも、音だけで聞いている。
見ておいた方がいいことと、見ない方がよいことと、これらのニュースはどちらだろう。

|

空気清浄機

このところ、カタカタと鳴るようになっていた空気清浄機に引退してもらって、新しい空気清浄機を買った。
たいして広くもない部屋で使うから、小さめので良いのに、売り場に並ぶのは加湿除湿機能のついた巨大なタイプが多くて、丁度よいサイズのを探すのが大変だった。
新しい空気清浄機は、今のところ快調に働いている。前のと比べて、オナラへの反応はうすいけれど、アルコール成分には敏感に反応する。虫さされの薬を塗ったら、とんでもない勢いで働き始めた。前のと同じメーカーなのに、個体差があるらしい。

|

商道 その3

イム・サンオクの人生は波瀾万丈。
湾商がつぶされて、柳商にあずけられたと思ったら、一発逆転で湾商を立て直した。まだ半分を少し過ぎたあたりなので、まだまだこれからも山あり谷ありなのだろうけれども。

サンオクはまだ独身。嫁候補は3人もいて、全員が控えめだけれど芯の強い美人。徐々に恋愛関係のエピソードが出てきているから、そのうち大きな展開があると思うけれども、甲乙つけがたくて、どの人が嫁におさまっても、他の人ではなくてその人である必然性を感じられないような気がする。同じタイプの3人ではなくて、違うタイプの3人だったら、もっと話が面白かったような気もする。

中国人役の人たちの中国語のセリフが、あまりにもありえない中国語すぎて聞くにたえず、早送りしそうになる。朝鮮人であるイム・サンオクの中国語は、「達者」という設定だけど、発音や声調や言い回しがヘンでも、「外国人の中国語」だと思えば許せる。でも、ネイティブの中国人のはずなのに、あやしげな発音だったり、「中国人ならそんな言い回しはしません」な中国語(文法的にはOKで辞書に載っている言葉としては正しいとしても)で話すのを聞いていると、困惑してしまう。中国人の役者を使うか、吹き替えるか、「テジョヨン」の唐人や「武神」のモンゴル人のように、何食わぬ顔で達者な朝鮮語でセリフを言わせてくれればいいのに、と思いながら、がんばって視聴を続けている今日この頃。

|

開幕

台風の影響で、高校野球の開会式が2日延期。今日、やっと開幕した。
夏の甲子園での高校野球と、箱根駅伝は、知り合いも出身校も出場していなくても、みんなが夢中になってテレビ放送を見るのが不思議。

|

台風通過

自転車並みのスピードしかないノロノロ台風が、四国や近畿地方の真上を通過していった。
記録的大雨が降って、水が溢れている映像を見ていたら、地震速報の不快音が。北の方では震度5弱の、ちょっとした大きさの地震があったよう。踏んだり蹴ったりな日本列島の一日だった。

|

思い出のマーニー

ジブリのアニメになるということで、本屋では平積み。
昔と今がつながる設定の小説はたくさんあるけれども、この小説のいいところは、主人公のアンナも、マーニーも、決して「いい子」や「素直な子」には描かれていないところだと思った。
内向的な子供のぶっきらぼうさは、現実世界ではなかなか理解されにくい。一人で過ごす時間を心地よく感じる子供の気持ちを理解せず、「友達がいなくて孤独で寂しい」と勝手にレッテルを貼る大人の、なんと多いことか。

|

冥福を

STAP論文の著者の一人であった、理研の笹井氏が亡くなった。自殺。まだ52歳で、働き盛りの年齢だったし、これまでの業績も立派で、本当にもったいない。
STAP現象の有無については、まだ検証作業途中、真偽は不明だけれども、こんなことでつまづいてしまったことが、なんともお気の毒。

|

とりあえず

とりあえず、38回目の誕生日おめでとう。
最近、ナムジンくんのニュースを、めっきり聞かなくなった。どうしているのだろう? 

|

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »