« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

商道 その2

最初は悪いヤツなのかと思っていた湾商のボスは、実はとても人情味のあるステキなオジサンだった。人は第一印象や見かけで判断してはいけないと、ちょっと反省。
イム・サンオクの人生は波乱万丈。商人の道を歩み始めても、山あり谷ありの前途多難。二人の女性に好意をよせてもらっているのに、いっこうにどちらとも恋が進展する気配が見られない。

|

土用

今日は土用の丑の日。ウナギが絶滅危惧されているので、普段は自重して食べないようにしているけれども、やはり今日だけは食べたい。うなぎの蒲焼は、特別な日の特別な食べ物で、安価で食べる日常食であってはいけないのだろうと思う。少なくとも、完全に養殖で賄えないうちは。

|

名古屋場所千秋楽

終わってみたら、白鵬が30回目の大台にのる優勝を決めた。並大抵のことでは達成できることではないので、本当にすごいと思う。
今場所も、千秋楽結びの一番に「日馬富士」コール。日馬富士のファンによる声援なら、気にはならないのだけど、他の14日のコールの大きさと段違いに大きかったりすると、負けを期待される白鵬はもちろん、声援を受けている日馬富士のことも気の毒になる。誰かの負けを期待するのは、あまりいいことではない。

琴奨菊は初優勝を逃したけれど、豪栄道が大関に昇進することになりそう。今は大関が二人しかいないから、新大関が誕生するのは嬉しい。

|

大暑

梅雨が明けて、とても暑くなった。夏が来た。
熱中症にならないように、気をつけなくては。

中国で消費期限切れの肉が、加工食品に使われていたとのこと。「食べても死なないよ」と笑いながら言う職員の姿が録画されていた。理解しがたい。

|

平和あってこそ

つい数か月前に、大洋上で北京行の便が行方不明になってしまい、今だに行方知れずのマレーシア航空。今度は、ウクライナ上空で、オランダからの便が撃墜され、乗客乗員全員が亡くなって、災難続き。
紛争地域の上空を旅客機が飛ぶ危険を感じるし、もう何日も経つのに、遺体が家族のもとに戻されずにいる状況は、本当に気の毒に思う。平和ボケした日本の感覚では「あたりまえ」のことが、全く「あたりまえ」ではないのだと、ふと思った。

|

名古屋場所中日

今日注目の一番は、今場所2横綱から金星を獲得した大砂嵐と、白鵬の取組。
一分を超える善戦だったけれども、やはり白鵬は強かった。でも、大砂嵐もよく頑張ったと思う。
今場所は、人気は抜群の遠藤が、 あまり活躍できていないけれども、お客さんの入りが戻ってきて、大入満員になる日が多くて、ちょっと嬉しい。

|

商道 その1

韓国ドラマ「商道」の視聴を開始した。
冒頭では、通訳になろうとしていた主人公イム・サンオクが、ふとしたことで法を犯し、処刑されそうになる。父親はそのまま死刑になってしまったが、サンオクは幸い罪一等を減じられて、官奴婢になる。その後恩赦され、商人を志す。
なんとも冒頭から波乱万丈な人生で、ハラハラするけれども、あくまでイ・ビョンフン監督の作品なので、お行儀がいい。

女の影は、官奴婢から逃亡をはかった時にひょんなことで一緒に逃げることになった女性と、親の仇である商人の娘の二人。どちらとも、今のところビミョウなご関係。

|

不屈の嫁 その4

「不屈の嫁」の視聴が終わった。おそらく、ドラマ当初の予定では「不屈の嫁」は長男の嫁のヨンシムだったのだろうと思うけれども、終わってみたら、姑のヘジャだったような気がする。
ヨンシムは、ドラマの途中から、そのいい人ぶりが見ていて鼻につくように。悪気はないのだろうし、心底いい人であることは確かだろうけれども、善意が過ぎると鬱陶しく感じてしまうのは何故だろう。
姑のヘジャも、他人に献身的ないい人ではあったけれども、何かあった時に毅然としていなくて泣き崩れたり座り込んだりするのが、好きじゃなかった。
そういう意味では、長女のヨンジョンが、さっぱりしていて、自立していて、それでいて気持ちがやさしい子で、気に入った。
そして、そのヨンジョンのお相手として途中から出てきたのが、スンヒョくん演じるチャン・ピ。ホテルの総支配人という設定だったけど、本職で働いている姿を見ることはほとんどなくて、いつもヨンジョンの職場の調理室にいたような気がする。総支配人がこんなことでいいのか?韓国のホテルは。

|

名古屋場所初日

初日は横綱・大関陣は安泰。

最近、日馬富士を見るとふなっしーを思い出す。鶴竜は癒し系でカピバラみたい。白鵬は、一度触ってみたい。大福みたいにぷにぷにふくふくした手触りがするようなイメージがある(違うかもしれないけれど)。

|

個人情報

ベネッセから個人情報が流出したニュースを見て、思ったこと。
よく、アンケートや品物を○名さまにプレゼント、というのがあるけれども、あれも応募することで自分の個人情報を提供しているということを、忘れてはいけない。
最近、気になるのは、Tカードでポイントが貯まる店での買い物。DVDを借りたいので、Tカードでポイントが貯まる店で買い物をすることが多いけれども、これもある意味、個人情報を店に提供することになるのだろうと思う。

|

台風

台風襲来。初めは遠い沖縄の会場をのろのろと北上しているから、大陸の方にぬけるのかと思っていたのに、気づけば、90度方向転換して日本列島をなめるように進んでいる。
あの進路変更が、いつも不思議でならない。

|

接戦

サッカーのW杯は、敗退してしまった日本にとっては「すでに終わったもの」な感じがするが、まだ準々決勝。実力が伯仲していて、延長戦でも双方、点が入らず、PK戦でやっと勝敗が決まるような熱戦が続いている。
ブラジルのネイマールが、試合終了直前に相手DFに背後からぶつかられて、背骨にヒビが入ってしまった。全治4週間とのことで、チームが勝ち進んでも、この先の試合には出られないのは、世界中のサッカーファンにとっては、さぞかし残念なことだろう。目が草食動物系の可愛さで、けっこう好きな選手だったのに。

|

泣けばよい?

兵庫県議員の謝罪会見を見て思ったこと。
泣けば何でも許されるというものではないのだ、と。
何を言っているんだかよく聞き取れない「会見」で、会見している本人に号泣されても、見る側の気持ちは冷めていくばかり。

引退から半年で、あまりにもよく泣くために「号泣王子」とのあだ名を一部で頂戴して、本業はスケーターかタレントかわからないくらい各方面で大活躍中の織田くんのファンを長年続けていた私が、何をかいわんや、かもしれないけれども、泣く行為にもTPOがあるし、泣き方があると思う。

|

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »