« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

Dreams on Ice 2014

久々に、「いつもの観客」が観ているアイスショーを観た気がする。
最近観に行ったアイスショーでは、いずれも、従来だとありえないところで拍手があって、なんだか違和感を感じていたから。韓流スターのステージならばおかしくないタイミングの拍手でも、それをそのまま別分野に持ってくると違和感になるということを、しみじみと味わってきた、ここ数か月だった。

Dreams on Iceの構成の仕方は、ある意味「プロ」だと感じる。ノリノリでアンコールを何度も望んでしまうようなスケーターが出演している時は、しっかりアンコールタイムをとってあるけれども、今回のように、どちらかと言えばその場の即興で何かするよりも、用意してあるものをしっかりこなす方が得意な羽生くんが大トリの場合は、それを最大限効果的に魅せる構成に作ってあったように感じた。

とはいえ、第一部はジュニアの選手中心、第二部はシニアの選手中心の構成は普遍。

第一部ですごかったのは宇野くん。身体が小さいから、ジャンプの完成が遅れているのは仕方ないとして、表現力にますます磨きがかかっていた。あとはジャンプだけど、もし高難度のジャンプが跳べるようになったら、世界でもいいセンいきそう。
田中刑事くんも、そこそこ踊れるし、高難度ジャンプも跳べるけれど、こちらはジャンプの確実性が欲しい。
刑事くんと同い年の日野くんは、スケートに元気がない。上の方から見ていると、縮こまっている感じがする。そこそこ技術を持っているだけに、なんだかもったいない。

第2部で印象的だったのは、大トリの羽生くん。来シーズンのSPをお披露目。これから滑り込んで完成させていくのだろうけれども、すでにかなり完成品に近い印象。ショパンのピアノ曲で、ジェフらしい振り付け。羽生くんの雰囲気には合っている。ただ、ジャンプ構成が、後半にジャンプ2つ、それも4回転とコンビネーション。スタミナの足りない羽生くんにとっては、けっこうカケの要素も大きい。
今日の織田くんは、懐かしの「ルースター」。寝起きのパジャマ姿で踊りまくる。今から見てみると、振り付けは意外とシンプルだった。織田くんの個性で見せているようなプログラムだったなあと思う。「おだくーん」の人が、いつものように絶妙のタイミングで声かけ。衣裳はスーパーで買ったパジャマだから、歴代で一番安上がりだった衣裳だと思うけれど、ファンの人たちにとても愛された衣裳でもあったと思う。振り付けは、若干手が加えられていて、最後は前後開脚で終わった。
プルシェンコは、オリンピックを棄権した腰痛を感じさせない滑り。わずか数か月で見事な復活ぶり。

フィナーレ後は、すっかり恒例になってしまったジャンプ大会。本日はみなさま絶不調なのかお疲れなのか、なかなか4回転が決まらない。シーズンオフでもあるので、バンバン4回転が決まって絶好調、でなくても大丈夫ではあるけれども。

|

GPシリーズのエントリー

今年のGPシリーズのエントリーが発表になった。
日本人選手のエントリー状況は…

☆スケートアメリカ
【男子】町田
【女子】今井
【アイスダンス】リード&リード

☆スケートカナダ
【男子】小塚、無良
【女子】本郷、宮原

☆中国杯
【男子】羽生、田中
【女子】村上

☆ロシア大会
【男子】小塚
【女子】大庭

☆フランス杯
【男子】町田
【女子】今井

☆NHK杯
【男子】羽生、無良、(+1枠)
【女子】宮原、村上、(+1枠)
【ペア】高橋&木原
【アイスダンス】リード&リード、(+1枠)

織田くんの名前をエントリーに見ることがなくなったのが、なんとも言えず寂しい。
今年のNHK杯は、生観戦は難しいかもと思いつつ、個人的にはアイスダンスの顔ぶれが、ちょっと面白そうで興味がある。

|

奇跡はおこらず

サッカーW杯。日本は残念ながら決勝トーナメントに進出できなかった。
なかなか良いチームだったと思うので、この結果は残念。でも、FIFAのランキングから言えば、奇跡がおこって初めて決勝トーナメント進出だったようにも思うので、単に奇跡がおこらなかっただけのことなのかもしれない。

それにしても。ブラジルでも、観戦後にしっかりゴミ拾いしてくる日本人って、なんだかすごい。

|

ヤジの品格

ヤジなんてものに、品格もへったくれもなかろうとは思うものの、いかなる場合でも、最低限、相手を貶めるような発言は避けるべきだと思う。
最近、都議会議員選挙で自民党に投票していない私は、今回問題発言をした議員には投票しなかったことは確かだけど、その人に投票した有権者たちは、今頃いったい何を思うのだろう。

|

不屈の嫁 その3

宗家の次男は、姿を見せないのに、たびたび借金をして危機を招くという意味で、存在感たっぷり。その嫁はとうとう駆け落ち。長男の嫁のところは、うまくいきそうでなかなかうまくいかない。

ドラマの最初の方で振られて以来、なかなかオトコの影のなかった長女の身辺に、新しい独身男性が出現。今のところ不仲だけど、もしかしたらイイ仲になるのかも?

それにしても。
韓国の女性は、どうして髪の毛をつかみあい(むしりあい?)の喧嘩をするのだろう?
ドラマの中だけのことかもしれないけれども。

|

世界遺産

富岡製糸場が世界遺産に登録されることが決まった。
製糸業は日本の近代化を語る上で欠かせないものだし、確かに文化遺産として貴重。
建物や設備だけではなくて、絹産業にまつわるさまざまな文化や文学作品もあわせて、後世に伝えていってもらいたい。

|

ダニエル・キイスに花束を

「アルジャーノンに花束を」の作者のダニエル・キイスが亡くなった。
原書でも訳書でも読んだけれど、いろいろな意味で衝撃的な作品だった。
最初からずっと読んでいくと、最後の一文にこめられた想いが、あまりにも切なかった。

|

敗戦

サッカーW杯。日本の初戦の相手はコートジボワール。前半で本田が先制点をとったので、もしかしたら勝てるかもしれないと思ったけれど、結局後半に追いつかれて逆転されて負けた。
どこのチームも強いから、勝つのもなかなか大変。
私がリアルタイムでテレビ観戦すると、どうも負けることが多いから、なるべく試合を見ないようにしていたけれど、それでも時々ちらちらとチャンネルを変えて勝負の行方を確認していたのがいけなかったのかなあ。

|

#冗談は本人発信だけにして

織田くん本人発信のTwitterが面白い。でも、ついているコメント(返信)を見ていると、不特定多数に公開していることの問題を感じることの方が多い。

例えば、太った人が自分で自分のことを「デブ」と言っても傷つくことはないし、気のおけない人が話の流れの中で使ったとしても、揶揄するニュアンスが含まれていなければ傷つくことはないはず。でも。全く見も知らぬ他人がその言葉を使ったとしたら、使った人にその意図はなかったとしても、言われた方は大なり小なり傷つくと思う。
芸人のボケに対するツッコミは、相互に信頼関係があるからこそ成り立つやり取りであり、赤の他人が同じ言葉を使って「ツッコミ」をすれば、相手を傷つけることになる。
そこらへんの匙かげんを心得ないコメント(返信)を多数見かけるのが残念。
ついでに、某公認ファンサイトのトップページの写真も残念。もしかしたら、本人の承諾は得ているのかもしれないけれど、小学校の頃、自分の写真に不快な加工をされて無断で掲示板に貼られた時のショックを思い出して、見た時にあまりいい気持ちはしなかった。

|

W杯開幕

サッカーのワールドカップが始まった。オリンピックと同じように4年に一度の祭典…というのはわかるけれど、開会式が思いのほか盛大で、ちょっとびっくり。

|

Fantasy on ice 2014

Fantasy on ice in Makuhari。
席は相変わらず完売。駅から会場まで、点々とダフ屋のおじさんが立つ。ダフ屋に売ったり買ったりする人なんているのだろうか。

今年のアーティストは郷ひろみ。普段は観客の視線を一身に浴びながら歌うから、歌えど歌えど、誰も自分のことを見ない(スケーターの方を見ているから)のは、なんだか新鮮な感覚だと言っていた。たぶん、拍手の入るタイミングなんかも、普段と全然違っただろうなあ。でも、アイスショーとしては、こんなに盛り上がるオープニングとフィナーレは初めてかも、というくらい盛り上がった。何しろ、「エキゾチ~ック ジャパーン!」で始まり、「A-chichi A-chi 燃えてるんだろうかー」で終わったのだから、スケーターも観客もノリノリだった。

織田くんは新プログラム「アディオス・ノニーノ」。このプログラムはジェフのが最高傑作だと思っていたけれど、ジェフのは難解なアレンジのピアノ曲で、織田くんのはアルゼンチン・タンゴらしさが引き立つストリングスなので、全くの別もの。これまで織田くんは、いかにも高橋くんの得意分野っぽい、こういう雰囲気の曲を演じることがなかったけれど、しっかりラテンの身のこなしが出来ていて、オトナな雰囲気もあって、なかなかよかった。高橋くんがこの曲を演じたら、もっと男の色気ムンムンになりそうで、それはそれでいいのだけど、織田くんのは静かな力強さのあるプログラムに仕上がっていて、ちょっと意外なくらいよかった。音楽の使い方(編成の仕方)も織田くんによく合っていたと思う。

高橋くんの足がどのくらい治ったのか心配していたけれど、問題なく滑っていた。今日の高橋くんを見ていて思ったのは、この人は天性のダンサーなのだということ。音があれば、音楽があれば、無条件に身体が反応する、そんな感じ。本能で滑り、本能で踊っているような感じがした。

すごかったのは、男性二人のアクロバット・ペアのボーリシュク&ベセディン。スケート靴をはいたまま、背中に乗る、肩に乗る…。痛くないのか心配になるけど、一応、衣装のその部分にクッションが入っているよう。競技としては、男性二人の種目はないけれど、ショーではダイナミックで面白い。

キャンデロロは、往年の名プログラム「ゴッド・ファーザー」のアレンジ版。さすがにジャンプはダブルまでだったけど、バックフリップは健在。そういえば、最近の現役選手でバックフリップをする選手は少なくなったなあと思う。キャンデロロが現役の頃は、ボナリーもやっていたし、他にもエキシビションになったらバックフリップをする選手がいたのに。

|

梅雨

とうとう関東地方も梅雨入りした。
今年は、5月中頃から、すでに真夏の暑さで、暑いよりは涼しい方がいいけど、じめじめしているよりはカラリとしている方がいい。
これからの数か月が、憂鬱だ。

|

今年のBPツアー

今年のバースデー・パーティーツアーは、9月のレースに日程を合わせて行うらしい。場所は江原道のリゾートホテル。ソウルからバスで片道3時間の場所。その条件を克服できない私は、残念ながら今年は参加できなさそう。韓国でのデビュー20周年だから、行ければ行きたいところだったけれど。

|

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »