« 発売中止 | トップページ | 宅配の中身 »

夏場所千秋楽

結び前の一番は鶴竜と稀勢の里。稀勢の里に対する熱烈な声援はあったものの、異様な声援というわけではなくて、ひとまずほっとした。稀勢の里が勝った瞬間に、大盛り上がり。ここまではよいとして、結びの一番で白鵬が勝てば白鵬の自力優勝だけど、白鵬が負ければ稀勢の里と相星で優勝決定戦になるとあって、場内中で声をあわせて白鵬の今日の相手の日馬富士コール。観客の気持ちはわからなくはないけれども、白鵬の心情を思うとやるせない。
結果は白鵬が勝ったので、ちょっと溜飲が下がった。稀勢の里が嫌いなわけではないけれども、「日本人横綱」がそんなに重要だろうか。稀勢の里には、もっと地力をつけて実力で横綱になって欲しいと思うし、力不足な状態で横綱になって欲しくない。横綱になるのに必要なのは、その地位に見合った実力であって、国籍は関係ないのだから。
いつもはなんとなく口ずさむ「君が代」を、口をつぐんだまま最後まで動かすことがなかった今日の白鵬の姿を見ていて、胸が痛んだ。

|

« 発売中止 | トップページ | 宅配の中身 »