« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

Dreams on Ice 2013 その2

4公演中2公演を見たことになるけれど、ゲストスケーターは3人とも、昨日の公演とは別のプログラム。

安藤さんは、今日は衣装も照明もきれいだったし、まずまずの演技。昨日の「ボレロ」は、数年前に滑っていた宮本賢二さん振付の「ボレロ」とはまるで別もので、少しがっかりだったので、それに比べればまずまずの出来、という感じ。
そもそも「ボレロ」は、バレエはペジャールの振付が印象的な作品だし、スケートでは伝説のアイスダンスのトービル&ディーン組のが印象的。あまりにも印象的で有名だから、滑りやすいような感じがするけれども、実はとても滑るのに難しい曲だと思う。静かなところから始まって、次第に曲が盛り上がっていくけれども、メロディーラインとしては単調。単調だけど確実に盛り上がっていく曲調を、観客に飽きられないように表現していくことは、実はとても難しい。昨日の演技は、それなりにはいろいろ技をこなしているけれども、曲と振りがしっくり合っていない感じがした。

ケビンは、昨日のプログラムは…うーん。可もなく不可もなく印象もなく、という感じだったけれども、今日のプログラムはおしゃれで面白かった。スケーティングもきれいだし、いろいろ技術もあるから、振付次第でまだまだいくらでも化けそうなスケーターだと思う。自分で作り出したり自分流にアレンジするタイプではなさそうだけど。
フェルナンデスも昨日と今日は別プログラム。でも、この人はけっこう表現力があって、ジャンプだけではないから、昨日も今日も、以前に見たことのあるプログラムなのに、十分楽しめた。昨日は、カバン2つを持ち込んで、おみせを広げながらのエキシビだったので、退場する時に使ったものを回収するのが大変そうだったけど、ものすごく楽しませてもらった。

今年のDOIはトップ選手のアンコールは一切なし。その分早く終わった。
最終公演はどうするのかと思っていたら、フィナーレが終わって選手たちが退場しても音楽が終わらない。当然、観客もその場に残ったまま。そのうち、シングルの選手たちが出てきて、その場でなにやら話し合っていたかと思うと、日野くんが滑りだして、4回転に挑戦。シニアの男子選手は、ほぼ全員跳べるから、そのまま男子選手の4回転ジャンプ合戦に突入、といういつもの(?)パターンに。すごかったのは、シークエンスみたいにして何回か跳んでしまった羽生くんと、4-3-2をきれいに決めた織田くん。ノリよくケビンもフェルナンデスも参加してくれていたけど、この展開には二人とも驚いたかも。

|

Dreams on Ice 2013 その1

今年のDOIは2公演チケットをとった。アマチュア選手のエキシビなので、公演ごとに内容が違うことはないと思うけれども。過去には、チケットがとれなかった年もあったのに、今年は問題なく2公演ともとれたうえに、明日の最終公演以外はまだ残席があったよう。今回は高橋くんも真央ちゃんも出演しないからか?

第一部は主にノービスとジュニアの選手たちの演技。今はノービスの頃から、上手い選手になると人前でプログラムを滑ってみせる機会があるから、みんな慣れている上に、技術的にもすごくうまい。それでも、シニアの選手、さらにはトップ選手はまだまだ上にいるのだなと実感する。第一部の中では、きびきびと滑っていた宇野くんと、かなり複雑なステップを達者に滑っていた田中刑事くんが印象的だった。

第二部の二人目が織田くん。ここでレベルが一気にぐっとあがった。最後のシーズンのエキシビナンバーは、なんとも凝った作りで、ただ滑るのではなくて、思わぬところに思わぬちょっとした技が入っている。それでいて、曲調によく合ったしっとりとした演技で、過不足なく、最後は勇壮活発に力強い。織田くんにとてもよく合っていると思う。
実は、本日の一番印象的な演技は織田くんの演技だったけれども、他に印象的だったのは明子ちゃん。「シルク・ド・ソレイユ」の曲を使ったエキシビで、「O」の時と同じように曲も演技も美しかったけど、衣装がまた、それはそれは美しかった。

第一部のトリで、神宮アイスメッセンジャーズのシンクロナイズドスケーティング。シンクロの演技を見るのは、DOIの時くらいなので、毎年けっこう楽しみにしているのだけど、今年は曲を聴いて「ん?」と思った。韓国ドラマ「善徳女王」のサントラだった。

|

今後の予定

手帳をめくりながら、今後の予定を確認。スケートの観戦予定は、日程が決まっているから、ほぼ確定。チケットがとれなくても、テレビ観戦(&ネット観戦)をする予定。10月以降の週末は忙しくなりそう。Japan OpenとCOIは、別件との兼ね合いもあって、チケットの先行発売は始まっているけれども、まだ買っていない。ほぼ毎年、日程がかぶるけれど、大体今頃の時期には、なんとなく日程がわかっていたから、どちらを選ぶか、決められたのだけど。まあ、今年は事情が事情だから仕方ないけれど。一般発売日までには、どうするかを決めなくては。

Gyaoで「ファン・ジニ」が始まっていた。なんともタイムリー。「善徳女王」の視聴を始めてしまったけれど、三国時代の話で、時代はかぶらないから、混乱しないで済みそう。平行して視聴しようか。

|

古代ローマの世界

とある事情から、ここ2週間ほど、古代ローマの世界にどっぷり浸かっていた。
やっと終わって、解放された気分で本屋に寄ったら、「テルマエ・ロマエ」の最終巻が平積みになっていた。こちらは、ちょっと名残惜しい。けっこう面白く読んでいたから。
結局、映画は見ずじまいだった。

|

全国放送?

昨日、テレビ欄を見たら、NHKの夜の番組が都議会議員選挙になっていた。まさか都内限定放送ということもないだろうけれども、投票権は東京都民にしかないし、自分が参加しなかった選挙の結果なんて、興味あるのだろうかと、少々疑問に思っていた。
この番組の放送は、せいぜい関東近辺だけかと思っていたけれど、関西にお住まいだとわかっている人が某所にしたカキコミに、「都議会議員選挙の開票速報の番組が…」と書いてあったので、関東以外のところでも普通に放送されていたことがわかった。
いくら、この夏の参議院議員選の前哨戦とは言っても、一地方議会議員選の開票速報を全国放送するのって、なんだかなあ。
投票した相手が落選したことも、なんだかなあと思ったことの一つ。投票率も非常にわるかったよう。みんな、投票に行こうよ。組織票でかためた政党の候補者ばかりが当選するような選挙に、何の意味があるのか。

|

トンイ その3

韓国ドラマ「トンイ」の視聴が終わった。

全60話の長いドラマだったから、普通だったら、見終わった時に達成感のような余韻のようなものがあるはずなのに、不思議と何の感想も残らないドラマだった。
展開はドラマチックなところもあって、筋に惹かれて次回が楽しみだったところもあるけれども、最大の難点は主役に共感できなかったことではないかと思う。
ドラマの途中で、何度も、「何の『正当性』があっての、その行動?」と思うところがあった。常に「私は正しい」という顔をして、「正しいことをしている」と主張しているように感じたけれども、やっていたことは越権行為が多かったし(スタンドプレーとも言う)、王様の寵愛あってこその「特権」なのに、王様に対しては自分の気持ちや考えを主張して、自分の好きなようにさせてとお願いするだけで、王様のために何かをしたことはなかったような気がする。この点について、「悪」側として描かれていた張禧嬪のやっていたことと、どこが違うのかがわからなかった。やっていることが「民のため」になるのなら、秩序を守る必要はない? そんな自分勝手な理屈に基づく行動が、はたして王様や国のためになるのだろうか。
そんなことを思いながら視聴していたので、むしろ張禧嬪を見ている方が面白かった。

|

世界遺産登録

富士山が、三保松原もろとも、やっとのことで世界遺産に登録されることが決まった。
これで登山客が増えるかも、とテレビで報道されているけれども、富士山は登るよりも、遠くからその美しい姿を眺める方が、価値があるような気がする。

|

監督がクレイジー

うっかり追いきれていなかった。ナムジンくんが映画に出演していたらしいことを、今さらながらに知った。韓国では2月公開で、タイトルが「後日談 監督がクレイジー」らしいことは、制作発表のニュースからわかったけれど、内容はよくわからない。出演者も口々に「よくわからない」と言うこの映画、上映結果も、私にはよくわからない。日本で見れるのかも、わからない。見れるものなら、見たい。

|

大風

今日行った場所は、だだっ広くて建物が少ないところ。さえぎるものがないから、風がどんどん吹き抜ける。少し雨が降っていたので、傘をさしたら吹き飛ばされそう。地元のビル風も怖いけど、何にもないところで飛ばされるのも怖い。

「原発事故で亡くなった人はいない」発言で物議をかもし、一転、発言を撤回した某国会議員。自分の発言には責任を持とうよ。一度言ってしまったら、どんなに打ち消しても「言わなかった」ことにはならないのだから。こういう内容の話で「私は正しいことを言っている」と居直られても、なんだかなあと思うけど、まわりの人に言われて「じゃあ」みたいな感じでその発言を「打ち消」されても、自分の保身のためにしているようにしか見えないから。

|

どんより週末

どんよりしていて、あまり活力がでない。原発事故後の超節電生活も、三年目になる今年は、どこか緊張がゆるみ気味で、ついついエアコンのリモコンに手がいく。あと一週末しかないというのに、作業が終わらない。こんなところでピンチになってどうする?と何度もツッコミを入れるけれども、いっこうにペースアップできない。困った事態になりつつある。

無良くんの結婚のニュースを聞いてびっくりしたと思ったら、今度は小塚くんの熱愛報道?
まあ、二人とも、お年頃といえばそうなのだけど。

|

出会いと別れ

出会っても、その後のおつきあいに進展しないことも多いのに、おつきあいに進展するのは、少なくともどちらかが、相手に何らかの興味を抱くからだろうと思う。
別れは、少なくともどちらかが、自分のこの先の人生に、その相手は必要ないと考えるから、おこるのだと思う。
でも、どうしようもなく別れてしまったとしても、その相手と過ごした時間が楽しく幸せなものだったならば、その思い出は大切にしまっておけばいいと思う。
不快な思い出は、積極的に「断捨離」した方がいいと思うけれども、たとえ不快な別れ方をしたとしても、楽しかった時間までは捨てる必要はないのではないかと。

それにしても。
仲好さそうにしていても、ほんのちょっとしたきっかけが、別れに繋がるものなのだと、しみじみ思った。
自分は同じ気持ち同じ態度で接しているつもりなのに、ある時点を境に、相手の反応がコロリと変わるのを何度か経験している。その「ある時点」に、相手が自分を見る見方が変わったのだろうと思うけれども、何がきっかけだったのかは、わかることもあれば、わからないこともある。たいていの場合は、関係の修復を試みるけれども、相手に再び自分を受け入れる気持ちが起きなければ、関係の修復は不可能だ。仕方がないからあきらめることにしている。

|

梅雨と熱中症

関東はやっと梅雨らしい天気に。西日本は早、猛暑らしい。この極端に違う天気の境目がどうなっているのか、ちょっと興味深くはある。

都議会議員選があるよう。とはいえ、なんだかぴんとこない。地元の議員なのだから、知らないというのも失礼なような気がするけれども、困ったことに、本当に誰の名前も顔も知らない。あとは、「政策」とやらで選ぶしかないけれども、「女性」だから「女性」のための…となんでもかんでも、女性女性言われても、腰が引けるというか、気がのらない。
さて、どうするか。

|

スポーツ雑感

サッカーのワールドカップ予選の最終戦は、特に「DJポリス」の出動の必要もなかったよう。アウェイだったからか、日本時間深夜の試合だったからか、すでにワールドカップ出場が決まっていたからか…。

スポーツは、選手の技術や身体能力の向上で記録が伸びるのを見るのは楽しいけれども、道具の進歩で劇的に記録が伸びるのは、時には興ざめだ。野球の「統一規格」ボールが、実は誰も知らない間に「飛ばないボール」から「飛ぶボール」になっていたことは、その事実を隠そうとしたことも加わって、さらに興ざめなニュースだった。

|

奇跡のリンゴ

完全に無農薬でリンゴをつくった人をモデルにした作品が、映画化されて、今ロードショー中。
あちこちのテレビ番組で取り上げられて、その度にその農家のリンゴが「これが『奇跡のリンゴ』です」と披露されて、食べたゲストたちは「おいしい」「おいしい」と言いながら食べるのだけど、宣伝をしている時に「まずい」とコメントする人はいないから、その光景を見て「どんなにおいしいのだろう?」と、ありえない美味しさを想像するのは、ちょっと違うような気がする。

映画も見たし、本も読んでいながら、何年待ちになってもいいから、このリンゴを是非食べてみたい、とまでは思えない。

でも、このリンゴ園を一度見てみたいとは思うし、リンゴに限らず食べ物を買う時は、選択の余地があるなら、多少高くてもいいから、なるべく農薬を使っていないものを買いたいとは思う。

|

シーズンオフ

今日は昼のバラエティー番組に明子ちゃんが出演、夜のクイズ番組に織田くんが出演と、本来とは違う方面での楽しみが。どちらも、毎週見ている番組だったけど。たまたま。

今は来シーズンのプログラムを準備したり、基礎的なトレーニングをしたりしている時期だろうから、ちょっと目先の違う「仕事」もいいかも。

|

文明的な離婚

ロシアのプーチン大統領が夫人と離婚した。離婚を発表したとは言っても、一緒にバレエ鑑賞をして、離婚の発表も並んで行い、夫人が言うには「文明的な離婚」。「公務」ということで公の場に出なければならないのが夫人にとって負担だった、というのが、公に語られた離婚の理由だけど、実際には、語られない様々な理由があるのだろう。
せっかく一緒になった二人なのだから、たとえ上手く合わないことがあったとしても、人生を共にするために、できる努力はするべきだとは思うけれども、それでも場合によっては、別れてそれぞれの道を歩む方が、お互い良好な関係を保つことができるのなら、それも選択肢の一つとしてもよいのかもしれないと思った。
一つの道を並んで歩くのもいいけれど、平行した別々の道をお互いの姿を見ながら歩調を合わせて歩くのもいいのではないかと。

|

熱い夜

昨夜は、日本中がさいたま方面に注目。あまりにも怖くて、最近は日本代表の試合はリアルタイムで見ずに、結果が出てから見るのに、昨日はたまたま、試合終了間際にテレビをつけてしまった。ちょうど、本田選手のPKのボールがゴールに吸い込まれるところだった。点を見たら1-1。このまま守りきれば、よし。
それからの3分間の長かったこと!
でもまあ、とりあえず自力でワールドカップ出場を決められて、よかった。

|

GPシリーズのエントリー

今年のGPシリーズのエントリーが発表になった。
日本人選手のエントリー状況は…

☆スケートアメリカ
【男子】小塚、町田、高橋
【女子】浅田
【アイスダンス】リード&リード

☆スケートカナダ
【男子】羽生、無良、織田
【女子】鈴木

☆中国杯
【男子】小塚
【女子】村上

☆NHK杯
【男子】無良、織田、高橋
【女子】浅田、鈴木、宮原

☆フランス杯
【男子】羽生

☆ロシア杯
【男子】町田
【女子】今井、宮原、村上
【ペア】高橋&木原


ペアとしての実績がまだない成美ちゃん木原くんペアがエントリーしていてびっくり。リフトはできるようになったのかな?
NHK杯は、まだ「日本枠」のペア1組とアイスダンス1組が未発表。期待しすぎてはいけないのだろうけれど、なんだかドキドキする。
織田くんがNHK杯にエントリーするのは、何年ぶりだろう。今年のNHK杯は何があってもチケットを確保して会場で観戦しなくては!

|

そして泥沼化

シウォンくんが、奥さんを告訴した。
とても不利な立場にいるシウォンくんの今の立ち位置を考えると、確かに他に情勢を挽回する方法がないし、この争いは、もはや「お互いにキズの少ない着地点を探す」という段階ではなく、「すべてを取る」か「すべてを失う」しかない、お互いに引くに引けない状態になっていることを考えれば、できることはすべてやってみるべきだと思う。
奥さんの方は、この裁判(刑事裁判)で負ければ(シウォンくんが「無罪」になれば)、慰謝料どころか、告訴されたことによってシウォンくんが被った仕事上の損害賠償をも請求される可能性があるし、シウォンくんの方は、この裁判で負ければ(「有罪」判決が出れば)、仕事に多大なダメージがある上に、離婚裁判でも負ける可能性が高くなるから、すべてを失い娘も失うことになる。逆にこの裁判に勝てば、娘を手許に引き取れる可能性は高くなるだろう。

それにしても。
幸せな家庭を築くために一緒になったはずの二人が、どうして、こんなことになってしまったのだろう。

|

雑感

梅雨入りしたはずなのに、からりとした気候。むこう一週間の天気予報も、今のところ傘マークなしで、梅雨入り宣言は気象庁の勇み足だったかもしれない。

Gyaoで「オンリーユー」をやっていたので、再トライしてみようと思って見てみたけど、最初の十分でギブアップ。ヒョンジェは見たいけれど…生理的にどうしても受け入れられない女優さん…。無理なものは無理だと、あきらめることにした。けれど、ヒョンジェの最新出演作には彼女が出ている。来月からMnetで放送されるようだけれど、もう少し手軽に視聴できるようになったら見てみることにする。またギブアップするとは限らないけど、わざわざCS契約するには、リスクがあるから。
この間、「メイクィーン」のレンタルが始まっていた。子役時代がよさそうだし、大人になってからのキャストもなかなかなので、ちょっと楽しみにしている。もっとも、まだ「新作」でレンタル料が高いから、もう少し待つとして、他の、手頃なレンタル料になった作品を、先に見ようかな。

|

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »