« 春の嵐 | トップページ | 鉄の女、逝く »

グッバイ・マヌル

韓国ドラマ「グッバイ・マヌル」を見終わった。
正直言って、シウォンくんのファンでなければ、見なかったドラマだったと思うし、前半の、シウォンくん演じるチャ・スンヒョクは、文字どおり「バカか」と思ってしまうシーンがあまりにも多くて、リタイア寸前までいってしまった。でも、意外なことに、後半になってものすごく良くなった。これだから、ドラマは最後まで見なければ正しい評価はできないと、改めて思い知らされたドラマだった。
終盤のスンヒョクは、とてもすてきだった。どんなおバカでも、その状況におかれたら、こんなに粋な気配りができるのだと、大いに感動。
このドラマで惜しむらくは、「それ」を持ち込まないと、この展開にもってこれなかったのかという点。「難病もの」と「出生の秘密」を使ったストーリー展開は、もう飽きた。

|

« 春の嵐 | トップページ | 鉄の女、逝く »