« 天皇の手術 | トップページ | 一区切り »

英国王のスピーチ

映画「英国王のスピーチ」をDVD視聴した。
今のエリザベス2世の父ジョージ6世を描いた映画。王の吃音について取り上げて描くのは、昔だったら考えられないことだっただろうなと思った。言語療法士として王を支えたローグとの交流、つっかえることなく無事に第二次世界大戦の開戦のスピーチをこなすことができるまでの苦労を、丁寧に描いていて、とてもいい作品だった。

第二次世界大戦の時のジョージ6世のスピーチや、ずっと疎開せずに家族でロンドンに留まり続けたことで、英国民から非常に敬愛されたこと、家族をとても大切にしていたことは知っていたけれども、吃音があったことは、この映画で初めて知った。
私も本質的には人見知りで、ほんのちょっぴりだけど吃音があるので、とても親近感を覚える。平民ならば、人前に出る職業を選ばなければ、人前で話をするプレッシャーからは逃れられるけれども、国王ともなれば、公衆の前でのスピーチは避けられない。たとえそれが、原稿を棒読みで読み上げるだけだとしても。在位中、そのプレッシャーと戦い続けたジョージ6世の勇気と責任感に敬服する。

|

« 天皇の手術 | トップページ | 一区切り »