« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

どこに?

イギリスのスーパーTESCOが、日本から事業撤退するという。首都圏を中心に、100店舗以上あるらしい…。
「撤退」の記事を見てはじめて「え?日本にあったの?」と思ったウカツな私。
つまり、結局のところその程度の知られ方だったから、十分展開しきれずに撤退することになったというところか。
今さらながら、店はどこにあったのだろう? と興味シンシンな私。

日本列島に大型の台風が接近しているらしい。
一昨日の天気予報では、関東から東北の被災地を総ナメして行きそうな進路予想で、心の中で「誰か、そいつ(台風)を止めてくれ~」と叫んでいたら、昨日から今日にかけて、進路がビミョウに西に逸れはじめた。
このまま、進路が東に戻ることなく、通りすぎてくれることを願う。
なるべく、福島県浜通りは迂回して欲しいし、ようやく再稼働までこぎつけた東北地方の一部の水力発電所が、またしても被災することだけは避けたい。

|

リーダー選出

民主党の党首選は、結局、野田氏が選出された。
地味な印象の人だけれども、結局のところは、一番無難なところに落ち着いたような気がする。

町長が津波で亡くなって、長らくトップ不在で頑張ってきた被災地・大槌町も、新しい町長が決まった。
町長一人で仕事をするわけではないけれども、やはり「代行」ではやりにくいことも多い。
よかった。

|

銭の戦争

韓国ドラマ「銭の戦争」を見終わった。
演技達者な俳優陣と、息もつかせぬ展開で、なかなか面白かった。よくできたドラマだったと思う。
「バリでの出来事」と同じように、何度も見ることはできると思うけれども、展開を知って見るのと知らないで見るのとでは、面白さの度合いが違う作品ではないかと思う。
やはり、結末を知らずに見る1回目が、段違いに面白いのではないかと思う。

ラストシーンは衝撃的だけれども、「バリでの出来事」とは違って、少しぼかしてあるのが救い。おかげで、超楽観的な解釈も可能だし、シニカルな解釈も可能。シンプルなサクセスストーリー&ハッピーエンドではないところがいい。でも、最終話は少し時間が足りなかったかな?という印象。もう少し作りこむことができたかなと思うと、ちょっともったいない気がする。

ヒロイン役のパク・ジニは、健全で健康的な雰囲気の女優さんで好き。この人が、誰かによりかかって生きている役を演じている姿は想像しにくい。いつもしっかり自分の足で立ち、自分の頭で考えて生きているような感じがする。だから、喜びも哀しみも等身大で、共感できる。

|

お疲れさま…そして

菅総理が辞任した。
結局、一年と少しでまた総理大臣が変わるのだけれども、この一年間…特にこの半年は震災の関係でとてもとても大変だっただろうと思う。
朝日新聞第一面の写真に、満開の笑顔の枝野さん。いやはや、この人こそ、本当に本当にお疲れさまでした…。

|

突然の引退

島田紳助が突然引退を発表してから、マスコミは大騒ぎ。
しかも、引退理由が病気や不慮の死ではなく、不祥事がらみなので、出演番組を放送するわけにはいかないから、出演番組の関係者はさぞや困っていることだろう。
すべて生放送ならばよいのだけれども、そうではないだろうから、収録が済んでいた分は、どうなるのだろうか? おクラ入りだろうか? おクラ入りになった場合の損害賠償はどうなるのだろうなどという下世話なことが気になったりする。
多方面に迷惑をかけることは承知で、突然の引退会見。
やむにやまれず、な切羽つまった状況で「真摯に」会見したはずなのに、なんだかカッコつけて演出したように見えてしまった。芸風といえば芸風、個性といえば個性かもしれないけれども、こういう場では、あまり同情はできないなあ。

|

倉敷

この夏の旅の目的地、その2。倉敷。

Dscn0441

倉敷と聞くと、小洒落た街のイメージがあったのに、駅からの大通りは妙に人通りも少なくてにぎわっていない。平日だったのに。
この街の人たちは、ヨーロッパ人のように、夏になると一斉に長期バカンスをとって街からいなくなるのだろうか?とさえ思ってしまったくらい。
ところが、倉敷美観地区に入ったら、人がたくさん。

確かに、なかなかすてきだったけれども、そのまわりの地区との違いから、なんとなくこの倉敷美観地区が、フェンスがなく入場料の要らないテーマパークのように感じた。

|

原爆ドーム

今年の夏の旅の目的地の一つ、広島。
長崎は何度も行ったことがあるのに、何故か広島は一回も行ったことがなかった。
一度は行って見るべきだと思いつつも、機会がなかった。

本当は、原爆ドームの写真を撮るつもりだった。でも、撮れなかった。カメラを向けることを、ためらってしまったので…。

近代的なビルに囲まれた公園のすみに遺されているこのモダンな建物の残骸を、「にっこり笑ってハイ、チーズ!」の背景になる観光名所と同列で扱ってはいけない。
この建物を見た記録を残すのではなく、この建物が象徴していることを記憶に刻み込まなくてはならない、と思ったから。

|

厳島神社

この夏の旅の本当の目的地と抱き合わせで、厳島神社へ。

Dscn0444

この有名なショット、実は畏れ多くも、神さま目線だった。
行ってみないと、わからないものだ。

Dscn0447

厳島神社の近くには、鹿がいっぱい。
実はこの写真の鹿の横には、若い女の子の集団。この鹿の耳にさわり角にさわりして写真を撮っていたけれども、鹿は一度もその集団の方を向くことなく、私のカメラに向かってハイ、ポーズ。
単に休んでいただけという説もあるけれど。
近くの店で別の鹿が、軒先に出ていたテーブルをペロペロ。載っていたのは、ビール。のん兵衛の鹿さん?

|

高校野球

今年の高校野球の決勝戦が行われていた時間は、新幹線の中…。
帰宅してから結果を知った。
うーむ。優勝は日大三高かあ。ちょっと地元民にあるまじきことを言ってしまえば、光星学園が勝った方が嬉しかったかも。やっぱり、初優勝の方を応援したい。

旅行の出がけにサンザン苦労させられたPCは、先ほどソフトを2つアンインストールしたら、さくさく起動するようになった。
出発前夜のあの苦労はなんだったのか…。
キセキのように一瞬つながった瞬間を逃さず、とりあえず送らなければならなかったファイルを送った。旅先で、無事受領の返事をもらった。まあ、起動システムがおかしかった(というかRAMボードの容量不足?)だけで、ファイル自体が壊れているわけではなかったので、送れればOKという感じだったのだけれども。

揺れない(震度1の地震すらない)、涼しい(心なしか屋内でクーラーが十分効いている)旅先から、戻ってきて感じるのは、「涼しくなったと聞いていたけど、まだまだ暑い」。
でも、少しは秋の気配も感じられるので一安心。

|

とりあえず

パソコンが不調だ。
今日から休暇ということで、あれこれ調整していたら、あれれなことに。
明日から旅行なので、その前になんとかしないと。
起動しなくなる事態が一番やっかいだと思うのに、ウンウンうなって起動に一時間以上かかる状態がもう三回…。
こういう時、ネットブックがあるおかげで、インターネットくらいは見れるから、助かるけれども、今日中に送ろうと思っていたデータは、一体全体どうしてくれよう。
問題のPCの中にしかないのだけれども…。
なんとか、明日の朝までに取り出せればいいのだけれど。

|

送り火

被災地の松を使うか使わないかで、二転三転していた京都の送り火。
結局、被災地の松を使うことが叶わなかったけれども、その結果よりも、二転三転した過程にすっきりしない気持ちが残る。
平泉で行われた、被災各地のがれきを使った送り火のニュースに、救われた思い。

死者を悼む気持ちは同じだと思いたいけれども…。

|

終戦記念日

毎年、8月15日になると、ああ今日は正午に高校野球の途中で「黙祷」をする日だ…と思う。
すでに日本人の大半が戦争を知らないのに、二十年後三十年後には、この日はどのように迎えられるのだろうか。

|

思いどおりにならない世の中で

思いや希望はいろいろあるけれども、なかなか現実は自分の思うようにはならない。
人生の終わりには、満たされた希望、満たされなかった希望の帳尻が合うようになっているのだろうか? 誰でも? それならばよいのだけれども。

真実は一つっきりだと思うのに、隠しているわけでもないのに、なかなか相手はそのものを見てくれようとせず、とんでもない解釈をされる。
…という不満を持っていたけれども、落ち着いて考えてみれば、自分だって相手が望むような見方を常にしているかというと、そんなことはなくて、とんでもない誤解や、とんでもない逆恨みをしていた事実に、かなり経ってから思い当たることがある。取り返しがつかないくらい大過去のことだけれど。

ドラマの中で、ほんの数センチ(または数分)の差ですれ違って会えない二人を描いていて、「現実ではありえない!」と思っていたけれども、案外現実でもそんなものなのかもしれない。
伝えられなかった一言のために誤解が生まれて別れたり、全然間に合わなかったと思ったことが実はタッチの差だったり。
現実はドラマと違って誰にも「結末」が見えないから、「あの時こうなっていれば」というのが、すぐにはわからないだけなのかもしれない。
やり直しはきかないので、その時最善最適と思われることをするしかないのだけれども。

|

ポケット地図

少し時間ができたので、スマートフォンをあれこれいじってみた。
電力消費量が大きいらしくて、あっと気づくと充電が必要な状態になっているのだけれども、びっくりするほどいろいろ見れるし、デキル。
その後で、本棚で本を整理していて、気づいた。
これまで、初めての場所で待ち合わせしたり、訪ねていったりする時に場所を確認するために使っていたポケット地図は、もう要らないかも。
最近は、インターネットで地図を好きな大きさで見れるしプリントアウトできるから、あまり使っていなかったし、突然道に迷っても、これからはスマートフォンさえあれば、地図を調べられる。
そもそも、このポケット地図、十年前のだった…。
そろそろ、お別れする潮時かもしれない。

|

高層ビルの耐震強度

そんなに頻繁に行くわけではないけれど、ソウルに行くたびに、にょきにょきと増える高層ビルが気になっていた。
地震はほとんどないと聞いてはいるけれども、…耐震強度は大丈夫なのだろうか?と…。
そうしたら、ソウルの高層の商業ビルが、突然揺れて大騒ぎに。
原因は、12階のフィットネスセンターで十数人がエアロビクスをしたから…とか。
本当に?
日本だったら、そんなちゃちな建物はありえない。
しかも、一度問題になったら、その建物は立ち入り禁止になって、補強工事をすることになるのが普通だと思うけれども、韓国のその建物は、そのまま使っていたらしく、昨日また突然揺れたとか。
今回も、12階のフィットネスセンターで10人がエアロビクスをしたからと言われているけれども…ホントに!?

|

お盆

今年は、節電のために、夏の休暇をずらしているところも多いので、お盆近くなったからといって、電車がすくことはないかと思っていたけれども、意外と通常通りのカレンダーで休む人は多いらしい。
今日も猛烈に暑い日だったけれども、電力使用量はなんとか供給量を超えずに抑えられたよう。
お盆で休んでいる人たちが職場に戻ってくる頃には、もう少し涼しくなっているといいのだけれど。

|

なぜ暴れたがるの?

イギリス各地で、暴動が起こっているそうな。
社会に不満を持っている、その気持ちは理解できないではないけれども、だからと言って、物(家)を燃やしたり、壊したり、盗んだり、暴れたりという行為をしてもいいとは、思えないけれど。そうすることによって、すっきりするのだろうか? 一度、どんな気持ちでそんなことをするのか、そうしたことでどんな気持ちになるのか、直接聞いてみたい。
物を壊された側はすっきりなんてしないし、それどころか腹だたしかったり、被害をうけて困ることも多いのだから、壊した側がすっきりしなければ、こんなことは不毛だし、誰にとってもマイナスの効果しかない。

北朝鮮と韓国の間での応酬も、いいかげんにしてもらいたい。

口をきくのも、息をするのもかったるい暑さの中で、こんなニュースを聞くだけで、疲れが倍増するから。
お願いだから、みんな平和に暮らそうよ。

|

円高

震災の影響で、日本の経済に余力があるとはとても思えないのに、円高が進む進む。
海外旅行に行くなら今!な気もしないではないけれども、今のところ、海外に行く気にはなれない。
どうせお金を落とすのなら国内に。

買うなら国産を!
…でも、読みたかったアノ洋書とか、欲しいと思っていたアノ洋書とかは、買うのなら今かしら?

|

立秋

暦の上では秋になったようだけれども、実際にはこれからが夏本番のよう。
セミはミンミン鳴きだしたし、高校野球も始まった。
高校野球が始まると、一気に家庭での電力使用量があがるなんて、知らなかった。
震災のおかげで知ったことが、たくさんある。
大震災の被災地の代表校は、福島代表以外は惜しくも一回戦で敗退してしまった。
残念だけれども、大変な中、よくがんばったよ。

平日の日中に放送される番組で、どうしても見たい番組があると、節電に協力すべきか自分の欲望に従うべきか、真剣に悩む。
高校野球のように、ラジオに振替えられるものはラジオで聞くし、テレビのみの放送のものでも、なるべく携帯端末のワンセグ放送で見るようにしているけれども、録画して永久保存(?)したいものは、どうしてもテレビやDVDレコーダーを使用せざるを得ない。
今日のお昼の放送は、心の中で手をあわせながら、録画させていただいた。久しぶりのシウォンくんの出演だったから。

|

ニュースから

先日、新潟と福島を襲った豪雨は、東北電力の水力発電設備の一部を破壊して去った。なのに、東北地方は厳しい暑さ。
幸い、東京電力管区内はここ数日、比較的過ごしやすい気温で電力に余裕があったため、東北電力に電力を融通することができたので、なんとか計画停電にならずにすんでいるそう。
壊れた水力発電の復旧の見込みが立たないとのことなので、この先はどうなるかわからないけれども、こんな大変な時だもの。助けることができるのなら、なんでもしたい。余裕分が出たら、その分だけ、東北地方で生かされるのなら、節電に励むかいもあるというもの。

同じテレビニュースで、竹島(独島)資料館を見に韓国を訪れた自民党議員に対して、抗議デモを行う韓国市民の映像を見た。
抗議の意思表示か何か知らないけれども、写真や国旗に火をつけて燃やす行為は、やっている人の品位を疑う。逆の立場に立って、自分の国の人が、同じ行為をされたとしたら、どう感じるのだろうか?

|

最終公演

韓国の舞台版「キサラギ」の公演。
千秋楽は明日だけれども、ナムジンくんたちの「キサラギ」チームの公演は、今日が最終公演のはず。
結局、見に行けなかったけれど…次の仕事は何になるのかな? いい仕事が来ればいいな。

|

日進月歩

新しい外付けハードディスクを買った。
容量は今メインで使っているハードディスクの2倍以上、サブで使っていたハードディスクに保存している分まで、楽々入ってしまう。なのに、お値段は、今使っているものを買った時の2分の1以下、大きさも2分の1以下…。
この進歩のスピード、すごすぎる。
新しいハードディスクがダメになって買い換える時は、もっと容量が増えているのだろうか?
それとも…?

|

究極の選択

職場の人が韓国旅行のお土産をくれた。
大きな袋を二つ持っていて、お顔のパックだとか。
二種類あって、好きな方を選んで欲しい。「美白」と「お肌プルプル」と、どちらが良いかと聞かれた。
そんなあ。どちらかなんて、選べないよ。
美白効果があって、お肌もプルプルになるのが欲しいもの!

|

ふるさとは遠きにありて思ふもの…

このところ、データのバックアップ用に使っているハードディスクの電源がつきにくい。
もう、かなり長い間使っているので、そろそろ寿命なのかもしれない。
前に使っていたPCより前に買ったのだから、使用頻度はPCよりも低いとは言っても、いつ昇天してもおかしくない。
今のPCのデータのバックアップをすることはおろか、逆に保存しているデータが取り出せないような壊れ方をしてしまう前に、新しいディスクを買ってきて、データ移行しておくべきかもしれない。

そんなことを考えながら、ディスクの中身を確認していたら、懐かしい画像、映像、データがあった。
こっそり短い時間だけUPしてくれていたのを、こっそりいただいた映像や画像も。
HPもBBSも、web上にはなくなってしまったけれども、多分、管理人さんの手元にはデータは残されているだろうと思っているし、そうであってほしい。
ゆる~く、のほほんとした「在野のファン」だったあの頃の、それはそれは幸せで楽しい思い出だから。

|

誕生日祝い

ふと、思い出した。
今日で35歳(日本の数え方で)のバースデーのナムジンくん。
おめでとう。
今日は、「キサラギ」は休演日だから、プライベートで仲間とお祝い中かな?…それとも?

|

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »