« 図書館ねこデューイ | トップページ | タイガーマスク運動 »

キサラギ

映画「キサラギ」を、DVDで見た。
D級のアイドルの一周忌をするために、ネットで知り合った男性ファン5人がオフ会を開催。
自殺と言われていたそのアイドルの死因を追及していくうちに、意外な真実とそれぞれの素性がわかってくる。
とても舞台にむいている脚本・演出で、次回はぜひ舞台で見たい。でも、映画の出来もなかなかのもの。
小栗旬、香川照之など、5人の出演者がいずれも演技達者ですばらしい。

5人がファンをしているアイドル(死んでしまったけど)が、顔はかわいいけれども、歌はドヘタで、ほかにも特にこれといった取り柄なしで、消えてしまっても全然おかしくないアイドルなのに、映画の最後の部分で、往年の舞台(を隠し撮りした)映像を見ながら、(下手な)アイドルの歌にあわせて、ものすごく真剣に「ミキちゃん」と声援を送りながら踊りくるう5人の男の姿がおかしかった。
はたから見ているとヘンな光景だけれども、誰かに夢中になるって、こういうことよねと親近感を抱きながら見てしまった。
歌が下手だろうが、演技力不足だろうが、絶対に好きなのはその人で、もっと歌の上手い誰かさんや演技達者な誰かさんとは交換不能なのだから、ファンの気持ちとは不思議なものだと思うけれども。わかるな。その気持ち。

|

« 図書館ねこデューイ | トップページ | タイガーマスク運動 »