« もういくつ寝ると… | トップページ | ワクワク…ガックリ »

河回村の仮面劇

「イ・サン」を見ていて、朝鮮王朝時代は身分制度にしばられた時代だったのだと、つくづく思った。
支配階級だった両班の人々と、被支配階級の人々の恨み…。
ふと、安東河回村(ハフェマウル)で観た仮面劇を思い出した。

Dscn0095

今や両班の暮らしをよく保存しているということで有名な河回村だけれども、この時見た仮面劇は被支配階級の人たちの悲哀がテーマで、決して両班のことをよく描いたものではない。

Dscn0103

私が行った時は、仮面劇は週末にしか上演されていなかった。
でも、大変貴重な文化遺産だから、河回村が世界遺産に登録された今では、もう少し頻繁に上演されているのかもしれない。

|

« もういくつ寝ると… | トップページ | ワクワク…ガックリ »