« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

今週末の予定

お楽しみは分散して来てくれればいいのに、今週末はスケジュールが重なってしまった。
どちらも捨てがたいけれども、両方を選ぶことはできないから、先約を優先することに。
ちなみに、先約はソウル行き。選べなかったのはJapan OpenとCarnival on Ice。
地上波のテレビ放送があるので、すでに録画予約済だけど。
次の3連休が近畿選手権。私としては、こっちも見たい。
10月末のスケートカナダまで待ちきれないし、やっぱり生で織田くんのSPやフリーの演技を見たい。
とはいえ、さすがに2週連続で遠征はできない。
年末の全日本@長野まで、生観戦はおあずけかな。残念だけど。

|

話せばわかる!?

秋場所14日目の黒海と臥牙丸の取組。
黒海が「猫だまし」(←らしきもの?)をしたけれども、臥牙丸には通じず、一気に寄り切られ…。
そもそも、臥牙丸は「猫だまし」なる技すら知らなかったとか。

ふと、「話せばわかる。話しあおう!」と両手を挙げて「降参」ポーズをしているにもかかわらず、バッサリと斬られた人のことを思い出した。
どこで見た映像か、もう思いだせない。時代劇だったと思うのだけれども。
見た時は、「なんてマヌケな!」と思ったけれども、今にして思えば、まあ無理もないことかもしれない。
「話せばわかる」という言葉も、言葉がわからなければ相手に通じないし、両手を挙げていても、共通の認識がなければ、それが「降参」ポーズだということは、相手に伝わらないし。

共通の言語を使っていれば、想いは100%伝わるかと言えば、そんなことはないらしい。
逆に、「言葉」という手段は少々つたなくても、きちんと想いが伝わることもある。

語学学校のクラスで、生徒は全員国籍がバラバラ。先生だけがネイティブ・スピーカーのイギリス人。ある生徒が、ものすごくたどたどしい英語で説明した内容を、生徒は全員理解していたのに、先生だけが全く理解できていなかったことがあったっけ…。

想いが相手に伝われば、そこにどれほどの手間や苦労があっても、報われたような嬉しい気持ちになるし、逆に全く相手に伝わらない時は、肉体的な疲労感に精神的な疲労感が上乗せされて、空しい気持ちになる。
「話せばわかる」というのは、何かしら「共有」するものがある時に成り立つものだと、しみじみ思う。

|

北朝鮮では

今日は一日中、北朝鮮のキム・ジョンウン氏についてのニュース一色だった。
ベールの向こうの、謎の多い国。
この人が、本当に「後継者」になるのかどうかわからないのに、何故、こんなに近隣諸国が色めきたつのか。

なんでもいいけれど、キム・ジョンイル氏の妹さん、お兄さんにソックリ。

|

ネーベルホルン杯

先週のネーベルホルン杯で、町田くんが優勝した。
しかも、4トゥーループを成功させたらしい。
表現力もあるスケーターなので、今シーズンのプログラムを見るのが楽しみ。

|

全勝優勝

白鵬が、全勝優勝した。
これで連続4度目の、しかも全勝での優勝!
15日間、全取組を見たけれども、危なげない勝ち方で、すばらしい。
優勝インタビューも、「大変よくできました」と花マルをあげたくなるような出来で、なんだか聞いていて嬉しかった。
先場所は、賜杯がなくて思わず涙ぐんだのが気の毒だったけれども、今場所も優勝してくれてよかった。
さて。あとは、69連勝を超えられるかどうか…とマスコミが喧しいけれども、勝つ時は勝つし、負ける時は負けるし。
でも、夢を見させてくれるだけで、ありがとう。という気分。

魁皇が、もはや、「大関」の相撲はとれていないことは、誰もがわかっていると思う。
けれども、満身創痍でも、必死で土俵に上がり続けて、時々「おっ!」と思わせてくれるいい相撲を見せてくれるので、とにかく応援しようという気持ちになる。
次は故郷の九州場所。もう少し、あと少し、ガンバレ!

|

中国人船長釈放に思う

本日未明、尖閣諸島沖で日本の巡視船に故意に船をぶつけたために身柄を拘束されていた中国人船長が、処分保留で釈放されて中国に帰った。
朝のニュースで見ていたら、カメラに向かってVサインをしていた。
はっきり言って、腹が立った。
どちらの領海…という問題は別としても、どんな事故でも、加害者が悪いのは当たりまえの話で、つまりこの場合、ぶつけてきた方が悪いわけで、取調べのために身柄を拘束するというのは、どんな国の法律に照らしても、当然のことだと思うのだけれども。
百歩譲って、考え方や法律が、国によって異なって、当然の話ではないことがあるとしても、釈放された時に、何もわざわざVサインまでする必要はないだろう。
ケンカを売っているのか?
1世紀前だったら、戦争勃発の火種になっていてもおかしくない行為だと思う。
今は、どんなことでも、なるべく穏便に「話し合い」で解決しようとする平和な世の中だけれども。
ささやかで個人的な抗議活動だけれども、当面の間は、中国製品は買わないようにしよう。

|

秋の訪れ

今日は、祝日と週末の間に1日だけ平日だったので、1日休暇をとった人が多くて、今日は職場がなんとなく閑散として静かだった。
久しぶりに、外の空気の方が涼しかった。
本当に秋が来たのだと実感できて、ちょっと安心した。

あと一週間したら、ソウル!
そういえば、服をどうしよう…。
今まであんまり暑すぎたから、涼しい時に着る服は、完全に念頭になく…。

|

大雨の一日

今日は朝から大雨。
午前中、バリバリドカーンと大きな音がしたかと思ったら、滝のような雨が降ってきた。
夏物冬物の入れ替え前半戦を、先週末に終えていたし、後半戦は次の週末にする予定なので、今日は雨でもあまり大きな支障はなかったのだけれども、びっくりした。

3連休にやり忘れたことを午前中のうちに済ませて、午後から妻夫木くんのインタビュー番組を録画してあったのを見た。
「悪人」を、映画館に見にいくべきか、DVDになるのを待つか、思案中。
主演女優賞を受賞した深津絵里の横で、受賞した本人よりも嬉しそうな妻夫木くんの笑顔が忘れられない。

夕方近くに、シウォンくんのFCのHPで、レーシングダイアリーのDVDのPt.2が届きました!というカキコミを見て、昨晩「送付しました」メールがamazonから来ていたのを思い出した。
ポストを見に行ってみたら、あったあったあった。
さっそく、スペシャルプレゼント応募ハガキに記入。明日投函しよう。
スペシャルプレゼントが何かは、まだ不明。
DVDは、あとでゆっくり視聴の予定。
去年のBDパーティーに行かなかったから、映像を見るのがとても楽しみ。

予定は、また、実行できずに残ったものが…。
計画が欲張りすぎなのか?それとも、余計なことに手を出しているのか…。
同じことを、何度も何度も繰り返していて、ちっとも前進している感じがしない。

|

証拠改ざん

事件の真犯人が、証拠を改ざんするというのは、まだあるかもと思えるけれども、客観的に調べるべき立場の検事が、証拠改ざんをするなんて、開いた口がふさがらない。
自分の仕事に対する良心は、どこに行ったのか。
正義は、どこにあるのか。
何を信じたらよいのか。

村木さんの無罪が確定されて、本当によかった。

|

予定

三連休に、やろうと考えていたことで、一つ、ものすごく大切なことをやるのを、すっかり忘れていた。
気がついたのは、今朝。
幸い、次の休日にやるのでも、なんとか間に合いそうだけれども、次の休日は他の予定も考えていた。
うーん、どうやってやりくりをつけようか。

旅程表が届いたので、ソウルでの空き時間にすることのプランニング。
想定外の場所に、泊まるホテルがあって、ちょっと予定変更が必要そう。
そもそも、集合時間とかが全然わからないから、どの程度空き時間があるのか、今一つわからない。
何パターンか考えておいて、現地で決めようか。

|

奇跡の夏

パク・チビンくんが、主演賞をとったという、「奇跡の夏」(原題:アンニョン ヒョンア Little brother)を見た。
脳腫瘍に冒された兄と、やんちゃで元気一杯な弟、兄と同じ病気で入院していた男の子のひと夏の話。
ものすごい傑作というわけではないけれども、押し付けやお涙ちょうだいではない、自然なつくりが好感を持てる作品だった。
弟の目線から描いてあって、その子が型通りのいい子ではなくて、その年齢の子どもらしいやんちゃさを持っていて、時には行き過ぎたいたずらをするところが、自然で好感を持てた理由なように思う。
その、やんちゃな弟役をパク・チビンくんが演じているのだけれども、この子は本当に演技が上手い。
セリフがないシーンでも、表情や演技がとても自然でよかった。

|

イ・サン その1

BShiでの韓国ドラマ「イ・サン」の放送が、全体の3分の1くらい終わった。
最初の4話にしか出演しなかったけれど、イ・サンの子ども時代を演じたパク・チビンくんがすごい。
少々オーバー気味だったけれども、とにかく演技が上手かった。
まだ子どもなのに、ちゃんと主役としてのオーラを持っていて、惹きこまれる。
5話からイ・ソジンに代わったけれども、雰囲気も顔の感じも表情も似ていて、違和感を全く感じなかったのも、すごかった。

イ・ソジンのイ・サンは、とてもステキ。
ものすごく大人で、かしこくて、落ち着いていて。
こんな王様だったら(まだ世孫だけど)、すべてを捧げてどこまでもついていっちゃいたくなる気持ち。

今のところメロの要素はほとんどないけれども、政争や心理戦がとても面白い。
悪女万歳!オヤジ万歳!
そして、英明の君主万歳!(英祖じいちゃんも、時々ステキ)

|

連休にやりたいこと

この連休にやりたいこと、やろうと思っていたことは沢山あるけれども、めずらしく初日の予定が順調に終わった。
明日以降も、この調子で進むとよいのだけれども。

ソウルのガイドブックを買った。
今回は、あまり自由時間がないように思うけれども、最後の日の飛行機の出発時間がわりとゆっくり目ではないかと思うので、少しは観光ができるかも。
まだ旅程表が来ないから、わからないけれども。

ナムジンくんのドラマが2本、DVD化された。
買ったのにまだ見ていないのが1本。これから数回に渡って発売されるDVD-BOXを、買うべきかどうしようか思案中なのが1本。
まあ、結局、買って見てしまうのだろうけれども。
最近、ドラマに出ないなあ。仕事はしているのだろうか?ゆるく生きているのが、ナムジンくんのいいところではあるけれども。

|

スキャナ

しばらくの間、どうしようか迷っていたけれども、結局スキャナを買った。
メモ代わりに残してある紙や切り抜きなど、サイズもマチマチで保存が難しいし、散らかってしかたないので、この機会にスキャナで画像として取り込んで、保存しておこうと思う。
少し前までは、スキャナはそこそこの大きさで、置く場所を考えると手が出なかったけれども、最近は本当にコンパクトな機種が沢山出ている。
本当に、機械の進歩はすごい。

|

やっと秋が来た!?

今日は雨が降って、気温が一気に下がった。
昨日までは、いっこうに夏が終わる気配がなかったのに、びっくりだ。
クローゼットで半袖の服に押されて、少々ヨレヨレ気味の長袖の服を着て外出。
ずっと暑いままだったらどうしようと思っていたので、少しほっとした。

|

円高はどこまで

数年前までは、120円ないと1ドルに換金できなかったのに、今やその3分の2ほどのお金があれば、換金できる。
ユーロも安いし、ポンドも安い。
一般人としては、今、洋書を買わなくてどうする、今、旅行しなくてどうする、という感じがするけれども、輸出で食べていっている日本という国としては、この円高は死活問題になる。
この円高、どこまでいくのだろう。

|

民主党代表選

民主党代表選が終わった。
小沢さんに決まるのはイヤだったので、菅さんに決まってよかったと思う、とても消極的な感想。
だいたい、自分に投票権もないのに、演説を聴かされたって、何もしてあげられないし。
このマスコミをあげての大騒ぎ、何の意味があったのだろう。

|

Jr.GPシリーズ

尋常ではない夏の暑さに、うっかりしていたけれども、すでにジュニアの方でグランプリシリーズが始まっている。
週末のルーマニア大会で、男子では田中刑事くんが、女子では國分紫苑ちゃんが、ともに3位に入った。
ほかにも、沢山のジュニアの選手が、頑張っている。

今年は、NHK杯のチケットは激戦だった。
結局、テレビ観戦が決定。
全日本や来年3月の世界選手権のチケットがとれるかどうか、今から心配だ。

|

秋場所初日

大相撲の秋場所が始まった。
今場所から、無事、NHKのテレビ生放送も復活したし、優勝力士に賜杯も授与されるようだし、懸賞金も先場所よりも少し増えたみたいだし、ほっとした。
でも、日曜日なのに空席があるのは寂しいなあ。後半になっても、空席があるようだったら、久々に観戦に行こうかな。

今から考えても、先場所のNHKのテレビ生放送自粛は愚行としか思えない。
ダイジェストは、それはそれでいいけれども、やはりリアルタイムの放送の迫力や臨場感には勝てない。
先場所、ガマンさせられたのは、大相撲のテレビ放送を、何よりも楽しみにしていた一般の人たち…。

|

ヨーロッパ退屈日記

伊丹十三著の『ヨーロッパ退屈日記』は、なかなか興味深い本だ。
昭和40年に刊行された本なのに、妙に現代にもあてはまる。
もちろん、時代を感じる記述もあるけれども、人間の本質は普遍的、それぞれの国の文化も普遍的なものがあるのだと思った。

|

降ればどしゃぶり

今日、ひさびさに雨が降った。
台風の影響らしい。
故障で雨にスイッチが入らないようになっているのかと思っていたけれども、故障箇所は少々違ったらしい。
今日は、滝のようなすごい雨が降った。

ほどほどでいいのに…農業への影響は、大丈夫かな?

|

地球より自分にやさしく…

ここ数日、夜は妙に早い時間に眠くなり、夜中の二時頃に一度目が覚め、しばらくモンモンとした後で朝まで爆睡するという、不思議な悪循環。
夜中に目が覚めるのも、特に理由もなく、パックリと目が覚める。
寝たまま本を読んでいる間に、ちょっと眠気におそわれ、ウトウトから爆睡へ移行。
朝起きてみると、読みさしの文庫本が、ヘンなところに転がっていて、電灯がコウコウとついている。
またしても、資源の無駄遣い。この暑さなので、クーラーに使う電気代はもったいないとは思わないけれども、消し忘れの電灯の電気代はモッタイナイ。反省。

それにしても。暑さはいったい、いつまで続くのだろう?

|

街頭演説

菅さんと小沢さんが、街頭演説をしたというニュースを見て思ったこと。
直接投票できないのに、演説聴いてどうだというのだろう。
なんだか、空しい。
それでも、多くの人が集まったとか。
そのことに、けっこうびっくり。

|

渋谷の本屋

渋谷の東急本店の7階に、ジュンク堂書店&丸善の店が、丸々1フロアを使ってオープンした。
東急本店は、いつ行っても、お世辞にも「賑わっている」とはいえないお店なのに、7階フロアは、まるで別のお店のように、けっこうな賑わいだった。
再販制度があるから、本なんてどこで買っても同じだと思うのに、この賑わいはご立派。
やはり、居心地のよさと品揃えのよさが理由か?
品揃えの方は、私好みの本をよく揃えているというだけなのかもしれないけれども。

|

不景気?

円高なのに、ロンドンのど真ん中で不思議と日本人に会わなかった、今夏の旅行。
東洋人とおぼしき人とすれ違うと、みんな中国語で話していた。
ピカデリーサーカスの交差点で信号待ちしていて、向かいを見ると、ルーズソックス+制服で声高に日本語でおしゃべりする女子高生の集団がいて、なんだかなあと頭をかかえた時代とは、隔世の感があった。

食事に行ったレストランは閑古鳥。
料理は、けっこうおいしかったのに。
外食産業も、大変だなあ。

|

防災の日

そういえば今日は9月1日だった、と思ったのは、午後になってから。
子供の頃は、2学期が始まる日だったので、朝起きた時から自覚はあったのに。
暑かったせいもあるかな…。
なんだか、まだ9月になったという感じがしない。

今日は関東大震災の日ということで防災の日になっているけれども、外での朝礼も避難訓練もイヤだなあ。

|

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »