« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

代々木1日目

今日はシウォンくんのコンサートの代々木の1日目。

でも、今日一番の重大事件は、パク・ヨンハが亡くなったことだ。

親しい仲だったシウォンくんも、このことは非常にショックだったようで、今日はいつものような笑顔はなく、コンサートのMCでも、何度かヨンハのことを話しては涙を流した。
途中、気持ちを上手く表現する言葉が見つからず、言葉につまるシウォンくんを見たのは、初めてだった。
「クレヤマン ハニ」では何度も声がつまって歌えなくなった。

そんな状態でも、集まったファンたちのために精一杯、歌い踊り話し、最後は「ファンあっての自分であり、自分がファンに幸せな気持ちを返せるのならば、いつまでも元気でいなければ」と気をとりなおして語ってくれたシウォンくんの今夜のコンサートを、絶対に忘れない。

演出も仕掛けも、ダンサーズのダンスもすごかったけれども、今日のコンサートの真の価値は、見える形で表すことのできないもの、言葉で表現しきれないものにあると思う。

本日は、シウォンくんの都合で開演が30分遅れ、18:03開演、終演は21:55頃。

=====本日の曲=====
[オープニング]

Call my name!!
LIMIT
愛の苑

【MC】

最後のキスにしないで
君がいた季節

【MC】

夏の夢 [アコースティック・バージョン]
好きです、好きです [アコースティック・バージョン]

【間・「秋桜」オーケストラバージョン】

ウェ...ウェ...
フエ
チョウムチョロム

【MC】

クレヤマン ハニ
The Beginning

【MC】

青空
YOU & I

【バンド&ダンサー紹介】

FOREVER
女夢
流れ星
BABYLON
TOKYOのパズル
SWEET SUGAR
眠る花

【MC】

シングルベッド

【MC】

ありがとう

-----以下、アンコール-----

愛したい君を愛したい

【MC】

約束 [korean ver.]


【MC】

麗-ULALA-

|

残念・・・でも、よく頑張った

サッカーW杯。
守備の固いパラグアイを相手に、本当に本当によく頑張った。
延長でも決まらずに、PKまで持ち込んで、互角の戦いをした日本。
負けて残念というよりも、勝てなくて残念、という感じ。
お疲れさま。

|

Dreams on Ice 2010

今年のDOIはテレビで。
チケットをとるのが、とても大変だったわりには、地上波放送の扱いが軽く、昼間の13時からのわずか1時間。
数人の演技しか放送してくれなかった。残念。
そのうち、BSなどで2時間枠で放送されるようだから、そちらに期待する。

村上佳菜子ちゃんの新エキシビは、ちょっと大人びてキュートですてき。
この若さでこの表現力はすばらしい。

安藤さんの新エキシビが、今までの彼女からすると、意外な路線だったけれども、なんだかとてもよかった。

高橋くんの新エキシビが、ちょっとビミョウ。
振り付けがランビエールという話は聞いていたけれども・・・。
そして、「ランビエールっぽい」スケートを、上手に滑ったのだけれども。
でも、それではいけない気がする。
「ランビエール」を滑っている間は、「ランビエール」を越えることはできないのだから。
まあ、高橋くんは自分色をちゃんと持っているスケーターなので、このプログラムも、滑っている間に昇華されて、高橋くんカラーのプログラムになると期待しているし、そうならなければならない。

本棚が一杯になったので、初号からの「ワールドフィギュアスケート」を整理していた。
昔活躍していた選手たちの懐かしい顔を見たり、こんなところに小さく、ジュニア時代の織田くんが載っているじゃない、と思ったり。
ゆっくり眺めて、大切に箱にしまった。
また、そのうち取り出してきて見よう。

|

砂時計

韓国ドラマ「砂時計」を見終わった。
伝説のドラマとなった理由がよくわかる。
とても骨太の社会派ドラマで、男も女も毅然としていて語りすぎず、真の意味で「カッコいい」とはこういうことなのだと思った。
「愛してる」などという陳腐なセリフは一言もないのに、一途な愛が感じられ。
極道のオヤジなのにとても仁徳があり。
そして、男の友情が素晴らしかった。
繰り返し視聴に耐える、良質なドラマだと思う。

イ・ジョンジェが演じたジェヒが、切なすぎて不憫で、もろに私のツボだった。
「ベルばら」のアンドレのように、いつも寡黙にお嬢さまのそばに控えて、すべてをお嬢さまに捧げ、お嬢さまをひたすらに守りぬくボディーガードくん。
こんな人、現実にはいないよなあ、と思いつつも、いたらいいな、とも思い。

|

勝利!

昨夜は早めに就寝。
今朝はかなり早めに起床。
さっそくテレビをつけると、2-0で日本が勝っている・・・
おー、そのままガンバレと思っていたら、PKで1点を返され。
まあ、でも、引き分けでも決勝トーナメントに進出できるし・・・なんて思っていたけれども、3点目を得点。
結局、勝った。勝った。すばらしい。

正直、今回はあまり期待していなかったサッカーW杯。
決勝トーナメントに進出って、すごい。
4年に一度しか反応しない、ゆる~いファンだけど、応援しているから、行けるところまでガンバレ。

|

韓国の熱い夜

サッカーのW杯は、韓国が勝ち、決勝トーナメントに歩を進めた。
多くの人が熱く応援する映像が流れ、すごい熱気に押されそうだった。
日本は次のデンマーク戦で、決勝トーナメントに進めるかどうかが決まる。
早朝だけれども、沢山の人が起きて、必死で応援するんだろうなあ。

|

夏至

今日は夏至。
昼が一番長い日。
まだ夏本番の暑さが来ていないから、「夏に至る」と言われても、なんとなくピンとこない。
暑いは暑いけれども。

|

チケット考

次の週末のDOIのチケットが、オークションですごいことになっている。
今年は、FC先行で買いそびれ、一般発売で争奪戦に敗れ、結局入手できなかったけれども、今のところ織田くんの出演予定がないので、今年はテレビで見よとの神のおつげだということにして、チケットの入手をあきらめた。
でも、他の選手たちの演技も見たいし、やはり行きたい気もあり、チケットのオークションのページを毎日チェックをしていた。

一般発売直後は、すごい勢いで売れたので、オークションでもけっこう高値で取り引きされていたのが、途中、高橋くんも織田くんも出なさそうだったので、値段が下がって、正価+α程度になっていたのに、先週、高橋くんが出演することになったとの発表があったとたん、みるみる値段が上がった。
今はちょっと信じられない値段がついているけれども、それでも取り引きが成り立っていることに驚くと共に、腹立たしい。

|

W杯惜敗

W杯の対オランダ戦、負けはしたけれども、1点差だったから、まあまあというところか。
次は、デンマーク戦。
まだ、可能性はゼロではないから、頑張って欲しい。

|

東京国際フォーラム おまけ

昨日の東京国際フォーラム入口で。
当然、会場内はカメラ持込禁止。
でも、どうしても、「FUN FAN」幟の写真が欲しかった。
ので、チケットを切ってもらう直前に、携帯でパチリ。

201006171712000

今日、代々木の1日目のチケットが届いた。
どう見ても、アリーナ最後方。
スタンドの方がよかったんだけどなあ。
まあ、椅子はスタンド席より座りやすいかもしれない。
ファイナルも、ものすごく角度の見切れた2階席。
今年も、座席運はよくなかった。残念。

|

東京国際フォーラム1日目

シウォンくんの今年のコンサートに初参加!
コンサートツアー開始から1ヶ月が経って、すでに九州・関西・中部のコンサートは終了。

本日の公演は、17:40開始、20:40終演。ちょうど3時間。

今年のダンスは進化しているとのウワサ通り、なかなかの出来栄え。

歌の方は、今日はまずまず。
大阪公演あたりでひいたとの風邪は、まだ治りきっていなかったようだけれども、後半はそこそこ声が出ていたし、音程もまずまず。

今日、一番のヒットだったのは、「クレヤマン ハニ」という曲を、一人芝居の寸劇仕立て(?)で紹介したMCパート。
今回のコンサートツアー、公演の目玉は、これか?
各地で「ヨン様」と「ビョン様」と「キムタク」と「つんく」と「TUBEの前田さん」に、「彼女をとられた」と言っていたから。
ちなみに、本日、彼女をとられた相手は「ビョン様」の設定。「ボク…オレ!…はビョン様よりお金持ちだよ!」と言ってもフラレる自分を演出。

今日、もう一つ、おかしかったのは、最後の曲を歌う前のMCの時に、今晩は韓国対アルゼンチン戦、とサッカーの話になり、今晩の韓国戦はぜひ、韓国を応援して欲しい。その代わり、次の日本戦の行なわれる土曜日は、自分は日本にいるので、自分も日本を応援する。という話をしていて、
「ところで、次の日本の対戦相手はどこだっけ?」
客席から、「オランダ!」「オランダ!」と声が飛ぶけれども、シウォンくんは理解できず。
通訳のパクさんの天の声が「ネーデルランド」(←韓国語ではこうらしい。)
それでも、イマイチ理解していなかったけれども、パクさんの天の声が韓国語で「日本語ではネーデルランドのことをオランダという」と説明をすると、「!!」となって、「オランダ~」と、なっとく。
でも、この「オランダ」という音の響きが、シウォンくんには、ちょっと奇妙に聞こえたらしく、その後もしきりに「オランダ!」「オランダ!」
そして、最後の曲の前奏が流れても、まだ「オランダ」とつぶやき、間奏の時も「オランダ」とつぶやくので、客席は爆笑。

今回のコンサートツアーで、シウォンくんのマイブームな言葉になっているのは、「オレ」「ヘンタイ」「オカマ」そして「ヨロシコ!」・・・のよう・・・。
一体全体、誰が教えたんだ!?
おかげでMCが、かわいくて、ものすごく楽しかったけど・・・。

本日は「お客さま」あり。俳優の城田優が、客席に。

=====本日の曲=====
【オープニング】

Call my name!!
LIMIT
愛の苑

【MC】

最後のキスにしないで
青空
君がいた季節

【MC】

クレヤマン ハニ
運命の愛

【バンド&ダンサー紹介・衣装がえ】

FOREVER
女夢
流れ星
BABYLON
TOKYOのパズル
Winning Days
SWEET SUGAR

【MC】

シングルベッド
なごり雪

【MC】

The Beginning [レーシングダイアリー 5 テーマ曲]

--以下、アンコール--

愛したい君を愛したい [CD未収録曲]

【MC】

ありがとう
約束 [korean version]

【MC】

麗-ULALA-

|

モテモテくんとマドンナちゃん

Dscn0368
右が「モテモテくん」で、左が「マドンナちゃん」。
なんと絶妙なネーミング。

明日は「モテモテくん」に会いに、東京国際フォーラムへ。
うーん、楽しみ。

|

W杯で1勝!

勝った!勝った!勝った!
・・・びっくりした!

予選リーグ全敗で敗退か・・・などと思っていた私。
過小評価をしていて、失礼しました。

昨日は結局、試合が終わるまで起きていて、今日は睡眠不足で一日眠かった。

|

梅雨入り

昨日梅雨入りかと思っていたけれども、昨日は降らずに、今日は朝からシトシト。
電車の中で、濡れた傘がうっとうしい。
それでも、降る時に降っておいてもらわないと、今度は夏に水不足になるので、それはそれで困る。

サッカーW杯は、いよいよ日本出陣。
見ているとドキドキして心臓に悪いから、見ない・・・ということもできず。
今夜は眠れそうにもない。

|

GPシリーズのエントリー

今年のGPシリーズのエントリーが発表になった。

☆NHK杯
【男子】羽生、無良、高橋
【女子】浅田、村上

☆スケートカナダ
【男子】南里、織田
【女子】今井、村主

☆中国杯
【男子】小塚、町田
【女子】安藤、鈴木

☆スケートアメリカ
【男子】村上、織田、高橋
【女子】村上
【アイスダンス】リード姉弟

☆ロシア杯
【男子】羽生、町田
【女子】安藤、鈴木
【ペア】高橋&トラン

☆フランス杯
【男子】小塚
【女子】浅田、今井、村主


NHK杯の日本枠にまだ空きがあったりするけど、とりあえずこんな感じ。

織田くんは、北米の2大会にエントリー。
ファイナルを視野に入れても、試合間隔としてはいい感じかも。
何でもいいけど、いきなりアメリカで大ちゃんと・・・。

村主さん、結局まだ頑張るのか・・・。
うーん。なんというか・・・うーん。

|

照る日くもる日

晴れるのは、今日までらしい。
西から梅雨前線が、ひたひたと迫ってきているらしい。

職場での懸案事項が、一つ決着をみた。
罪を犯した人には、相応の「処分」があってしかるべき。
重すぎず、軽すぎず。
でも、何をもって「重い」とし、何をもって「軽い」とするのだろうか。
「処分」の目的は、本人に「罪」を意識させ、改めさせることだと思うけれども、数日前に聞いたその人の言動から推察するに、あまり「処分」の効果はなかったように感じられる。
ちょっと「処分」が重いのではないかと、同情していた自分は甘かったかもと思う、今日この頃。

その他にも、あんなことそんなこと、自分の無力さをひしひしと感じることが多い。

でも。
雨の日も、雲の多い日も、沢山あるけれども、晴れる日もあるから。

大仏次郎の時代小説「照る日くもる日」、小説自体も好きだけど、このタイトルが大好き。

照る日くもる日〈上〉 (徳間文庫)
照る日くもる日〈下〉 (徳間文庫)

|

W杯

サッカーのW杯が始まる。
治安が悪い悪いと聞いている南アフリカに、それでも応援に行く勇気あるサポーターたち、そして各国の選手たちに、何事も起こらず、決勝戦まで無事終わってくれればいいなと願う。

|

ぬるま湯

菅首相が誕生した。
なんとなく、新しくなったような、全然新しくなっていないような、民主党政権。
悲壮感も切迫感もない日本のニュースに比べて、サッカーのW杯の開催地の南アフリカからのレポートが伝える緊張感はどうだろう。
ポヤポヤ過ごしていても全く身の危険を感じない平和な国、日本に生まれてよかったと思いつつも、日本はこのままで世界の中で生き延びていけるのだろうかと、一抹の不安を感じる。

|

前に進むこと

NHKでピアニストの辻井くんの番組を見た。
目が見えないことのハンディを補って余りある、辻井くんの常に前向きでポジティブな性格が、すばらしい。
いろいろなことがあると、徐々に、自分で自分に限界を作っていってしまっているのかもしれない。
身の程は、ほどほどに知って、でも、常に「まだできるかもしれない」と考えるようにしたい。

|

保育所

最寄の出張所が、ちょびっと遠い場所に移転(統合?)されるらしい。
建物は、そのまま使い、認可保育所の分室になるのだとか。
子ども手当てを一律に配るよりも、こうやって保育所や学童を増やしてくれる方がありがたい。

|

いよいよ

今日、シウォンくんの東京国際フォーラムのコンサートのチケットが届いた。
アリーナ席はない会場なので、1階の前の方の席だったらいいなと思っていたのに、残念ながら上の階だった。
まあ、会場に入れる、席があるだけで感謝だけど。

そろそろコンサートへの準備もしないと、と思い、コンサートTシャツを買いに、KPRへ。
土曜日ということもあって、そこそこの人の入りで、少し安心。
無事Tシャツを購入して、これで一安心。
ペンライトは、今年は新調の予定なし。去年までのを、全部持って行って使う予定。

こうやって準備をしていると、本当にいよいよなのだと、ドキドキする。

|

鬼門

私にとって、本屋は鬼門だ。
1冊お目当ての本があって、買いに行って、その1冊だけを手にして帰ってきたことがない。
まあ、たいていは、ぷっくりとふくれた袋を手に、店を後にする。
こんなことが、月1回程度のことならば、買った本を全部読み切ることができるのだろうけれども、今週みたいに、時間つぶしのために本屋に入り、予定外の本を2~3冊買って・・・な日が3日もあると・・・。
しばらくは、本屋に行くのをやめよう、と思っているのに、気づいたら本屋にいる自分が怖い。
すでにビョーキかもしれない。

|

帰ってきてみたら・・・

宇宙飛行士の野口さんが、「地上に戻ってきてみたら、首相が辞任していた」と言った。
そりゃあ、さぞや、びっくりしたことでしょう。
ずっと地上にいた私たちだって、びっくりしたのだから。
そして、明日には代わりの人が決まるらしい。
民主党が野党ならば、代表がやめた2日後に次の代表を選出、というのも、まあ、と思うのだけれども、民主党の代表というポストが、一国の首相とイコールだというのなら、話は別だ。
国のトップって、そんなに簡単に決めてよいもの?

|

首相辞任

突然の、鳩山首相の辞意表明のニュース。
何でもいいけれども、いいかげん、総理大臣がコロコロ代わるの、やめて欲しいなあ。
しっかり、腰を落ち着けて、頑張って欲しい。

|

衣替え

今日は衣替え・・・のはずだったけれども、なにやら涼しく、なんとも快適な気候。
湿気が抜けていて、なんだか日本の6月じゃないような感じの気候だけれども、私としては都合がいい。
湿っぽい、日本の初夏はなんだか苦手だから。

|

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »