« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

弱音

横綱白鵬の、全勝優勝から一夜明けてのインタビューを聞いた。
「今回は疲れた」「大変だった」という発言をしていて、それで、逆に安心した。
ヤセ我慢して、弱音ははくべきではない、という考えの人もいるかもしれない。
でも、私は、このように思ったままを吐き出すことができている人は、精神的に究極のところまで追い詰められることはないだろうと思うので、トップアスリートについては、これでよいのではないかと思う。
誰だって、泣きたい時はあるだろうし、弱音をはきたい時もあるだろう。
ぐっと我慢するのには、ものすごく沢山のエネルギーが要ることもあるだろう。
ある程度のことならば、我慢できるかもしれないけれども、時には、我慢しきれないこともあるはず。
そんな時は、弱音や涙は全部吐き出して、気分を一新して、しっかり力強く前進して欲しいと思う。

|

モロゾフコーチとのお別れ

織田くんとニコライ・モロゾフコーチの契約が今季限りとのこと。
詳細はわかっていないけれども、この決断は、織田くん自身がしたものであってほしい。

織田くんにとって、モロゾフコーチに師事したことは、とても得るものが多かったと思う。
それでも。
当初から、なんとなく、長きに渡って師弟関係を結ぶ相手ではないように感じていた。
それから、「別れる」時の別れ方が大事だとも思っていた。
今回の「別れ」は、誰も傷つかない「別れ」であってほしい。

|

世界選手権 女子フリー

女子はフリーを終わって、真央ちゃんが総合で優勝した。
これで、男子の高橋くんと、アベック優勝。
ジュニアも、日本が男女アベック優勝だったから、本当に今の日本の選手は強い。

キム・ヨナは、フリーで追い上げて、なんとか2位に滑り込んだ。

安藤さんも、明子ちゃんも、フリーで追い上げて、それぞれ4位と11位。
女子も無事3枠を確保。
SPを終わった段階では、どうなることかと思ったけれども、さすが。
よかった。

|

世界選手権 女子シングルSP

女子のSPも、ちょうど真夜中頃に行なわれた。
男子の試合で疲れ果て、申し訳ないけれども、女子の方は朝起きて結果を確認することにした。

朝、リザルトを確認してみたら、真央ちゃんは2位にいたけれども、安藤さんは11位、明子ちゃんはなんと、20位にいるではないか。
織田くんのことがあるから、とりあえずフリーには進んでいるからいいか、とは思ったけれども、それにしてもびっくり。
もっと驚いたのは、キム・ヨナが7位にいたこと。
いったい、何がおきたんだ?

夜、地上波放送を見た。
安藤さんは、最初のジャンプを失敗。他はまあまあ無難にまとめたけれども。
見ていてちょっと納得がいかなかったのは、ジャンプを失敗しているのに、キスクラに、モロゾフコーチ共々笑顔で座っていたこと。
全然嬉しい順位じゃないと思うけれども・・・なんだかヘン。
メダルなんて、もう関係ないと思っているのかな。

明子ちゃんは、最初の3ルッツで失敗。次のジャンプをコンビネーションにしたのはいいけど、最後の2アクセルもランディングが乱れていた。
こちらは、さすがにうかない顔をしていたので、ヘンな感じはしなかった。

まだフリーがあるので、二人とも頑張って欲しい。

長洲未来ちゃんが1位にいる。
まだ16歳。
若いっていいな。まだ、何が怖いかも知らないって、いいことだと思った。この場合。

|

世界選手権 男子シングルフリー

高橋くんの演技は見事!
おめでとう!金メダル!
4フリップが認定されなかったのは残念だったけど、転倒しなかったし、プログラムの流れも止まらなかったし。
途中でお花を渡すマイムのところで、目の前に座っていたジャッジの男性が大きく「うん」ってうなずいていて、見ていてちょっと笑ってしまった。
今期、最高に感動した「道」だった。

小塚くんは、今日の出来はちょっと残念だったけど、よくがんばってくれたね。

・・・よかった。来年の、3枠が確保されて。
二人とも、ありがとう。本当に、ありがとう。

|

世界選手権 ペアフリーその他

夜中から早朝にかけて、ペア・フリーの試合が行なわれて、結果は、オリンピック2位の中国のパン&トン ペアが1位。
オリンピック3位のサフチェンコ&ソコロフスキーペアが2位。
そして。
オリンピック4位だった、ロシアの川口&スミルノフペアは3位。
つまり、オリンピックで金メダルだった申&趙ペアが抜けた後、順に繰り上がったような形。
順当に実力を発揮したと考えるべきか。

現在、アイスダンスのオリジナルダンスが進行中。
コンパルで転倒したため出遅れた、日本のリード姉弟も、今回は、それなりに力が出せたらしく、とりあえずフリーへの進出を決めた。
よかった。

フリーに出るのなんて、当たりまえだと思っていたけれども・・・そうではないというのを、身にしみて感じた昨日。
しっかり映像を見た今でも、起こってしまったことが信じられない思い。
もちろん、本人が一番、びっくりしているだろうけれども。

何でもいいから、織田くんに関わる新しい情報が読みたくて、ネットをあちこちウロウロしてしまった。
どうせ必勝祈願をしに行くのなら、ご先祖さまが討たれた本能寺なんて縁起の悪いトコロじゃなくて・・・って書いていた人がいて、思わず苦笑。そうだよねえ。
あと。今年は織田くんにとって前厄だね。厄に入ったとたんにコレじゃあ、来年の本厄が思いやられるよ。帰国したら、しっかり厄落とししてもらっておかなきゃ。

|

世界選手権 男子シングルSP

さて、男子シングルSP。
早々とネットにつなぎっぱなし。
日本人選手が滑走する第7グループの前に整氷タイムがあるのに、その間からすでに、お祈りポーズ。
6分間ウォーミングアップの間に、もうすでに緊張。

この組第一滑走のジェレミーが、滑走を終えていきなり80点台を出した。
すごい!
と、思っていたら、小塚くんがパーソナルベストを出して、ジェレミーを越えた。
すごい、すごい。
さあ、次は織田くんだ。
結果が出るまでの時間の長かったこと・・・。
なのに。
え?50点?・・・いや、80点の間違いじゃあなくて?あれ?あれれ?・・・うーん。やっぱり何度見ても、50点だなあ・・・。
えーっ?一体全体、何が起こったの?
たまたま、ついていたフジテレビの「すぽると」の速報で、ジャンプが全部シングルになってしまったことを知る。
ちらりと映像も見たけれども・・・とても信じられない。
大ちゃんは、無難に89点台を出して1位。

結局、高橋くんが1位、小塚くんは4位。
そして。
織田くんは、フリーに進めない。
完全な映像がないから、まだ、何が起こったのかはわからないけれども。
この信じられない事態を・・・それでも、認めなければならないのだろう。

ものすごく、バッドタイミングになっちゃったけど・・・Happy Birthday、織田くん。
そろそろ、いい意味で、涙クンからは卒業して欲しかったけれども、まだまだ難しいよう。
それにしても。
トリノには、何かツイているのかな?・・・どうも、うまくいかないねえ。

|

世界選手権 ペアSP

世界選手権、ペアは昨日行なわれた。
日本時間では深夜から今日の早朝だったので、がんばりきれずに寝てしまった。
とりあえず、「日本代表」は出ていないので。

SP終わって、とりあえずオリンピックの2~4位が1~3位にいる。
やはり、今の実力は、そういうことなのだなと思う。
映像が見たい・・・。

男子シングルは、エントリーを見てみたら、48人いた。
上位24位までしかフリーに進めないから・・・つまり、半分はフリーに進めないということ。
なんとまあ、大変な争いだこと。

|

世界選手権 アイスダンスCD

とうとう、世界選手権が始まった。
初日は、アイスダンスのコンパルソリとペアのSPから。
全体の3分の2ほど滑り終わった段階で、日本のリード姉弟は13位。
まだまだ、これから世界ランキング上位の組が滑るのに、この順位はちょっと心配。

アイスダンスの結果も見届けたいし、ペアの結果も知りたいけれども、ずっと追っていたら、一睡もできない。
明日は男子SPがあるので、結果を見届けるのに夜遅くなるし、明後日は男子フリーなので、翌日朝は早起きしなければならない。
残念だけど、体力を温存しておくため、本日のところは寝ることにする。
(どうせ、映像を見れるわけでもないし。)

|

サクラサク

桜の開花宣言。
とは言っても、家の近くの桜並木は、まだまだという感じだけれども。
例年より早いのか遅いのか、イマイチよくわからないけれども、春の訪れは嬉しい。

TBSのドラマ「ハンチョウ」の最終回を見た。
シウォンくんがゲスト出演するから。
ドラマでの刑事役なんて、初めてだろうに、拳銃を構えるカッコのキマッていたこと!
多少、たどたどしく日本語を話していても、違和感のない役どころやドラマの作りで、よかった。
韓国では、なかなかこういう役はこないだろうから、ファンとしても、こういうカッコイイ系のシウォンくんを見られるのは嬉しい。

|

暴風の後

昨日の夜中から、猛烈な風の吹きぬける音が、何度も家の外から聞こえた。
気密性の高い家なので、外の音が聞こえることはあまりないのに、ゴォーっと聞こえたのだから、よほど強い風だったらしい。
一夜あけて、ベランダを見てびっくり。
雨はあがっていたし、風もだいぶおさまっていたけれども、夜中の風のすさまじさが、よくわかった。

さて、日中。
暴風雨がまだ残っているかも、と思ったものだから、本日の予定は一日在宅。
読み終わった本の整理をしていたら、気がついたら昼食時。オリンピックの録画の整理をしていたら、気がついたら夕食時。
昼食後、ちょびちょび見ていたシウォンくんのコンサートDVDの残りを一気に最後まで見終えたし、なんとなく、いろんなことが少し、片付いた気分。
それにしても。
シウォンくんの、去年の大坂城ホールでのファイナル、すごかったなあ。自分が行っていない会場の公演ということで、非常に興味深かった。
一公演多く行ったような、ちょっとトクした気分。
わりと引きの映像が多かったので、会場の広さに感動したし。グレードの高いダンサーたちのダンスも圧巻だったし。バンドの人たちも、すごかったし。
年々進化していく、シウォンくんのコンサートに乾杯!

|

花粉症にもマケズ

せっかくの連休だし、天気もいいので、冬物衣料の入れ替えをした。
風が強くて、花粉がたっぷり舞っていたのが、ナンだったけれども。

世界選手権の録画予約をした。
男子シングルと女子シングルはあるのに、ペアとアイスダンスは?
やっぱり、地上波だけだと、限界があるなあ。
来年は、CSも契約しなければ、だめかしら。

|

暖かくなったり寒くなったり

毎日毎日、暖かくなったり寒くなったりを繰り返しつつ、それでも着実に春に近づいているようだ。
少し気温が下がった昨日今日、冬と同じダウンのコートを着て出て、少々暑い思いをした。
そろそろ、ウールともお別れかもしれない。

次の週末は3連休。
年が明けた頃は、どこかに旅行に行きたいなあ、などと、のどかなことを考えていたけれども、実際に近づいてくると、やらなければならないことが多く、旅行どころの話ではない。
天気は良さそうだし、冬物を少し片づけよう。

|

暑い?日

まだ、春になるかならないか、という時期なのに、今日はとても暑かった。
日中の気温が20度を超えたとかで、一応覚悟はして薄めの服を着て出たけれども、それでもなんとなく暑かった。
明日はまた寒くなるとの予報だけれども、この気温の差には、ちょっとついていけない。

|

まぐろ

まぐろのトロが食べられなくなるかもしれない。そんなニュースを聞いた。
クロマグロ漁をすべて否定されると、トロは日本の食文化なのだから、ちょっとそれはどうか、と思うけれども、猫も杓子もお手頃価格で食べられる食材である必然性は、ないような気もする。
他にも、おいしい寿司ネタは沢山あるのだから。

|

世界ジュニア選手権 女子シングル

世界ジュニア選手権で、村上佳菜子ちゃんが優勝した!
GPファイナルに続いて、男女アベック優勝。
これで、来年の出場枠は、また3枠になる。
優勝も嬉しいし、他の上手な選手たちが世界を経験できる機会が増えるのも嬉しい。

でも、男子やペアも含めて、テレビ放送は、今日の深夜までおあずけ。
楽しみは先延ばし・・・じゃなくて、できればリアルタイムで見たいな。

|

Nagano Memorial on Ice

遅ればせながら、テレビで6日に長野で行なわれた、Memorial on Iceの放送があったので、それを録画で見た。
日本のジュニア選手、町田くんなどが出演することはわかっていたけれども、急遽、オリンピックから戻ってきたばかりの織田くんと明子ちゃんが出ると聞いて、チケットをとっておかなかったことを、ちょっぴり後悔。
二人とも、帰ってきたばかりで、疲れていただろうに、楽しい演技をみせてくれた。
織田くんの「smile」を見れて、嬉しい。
願わくば、トリノの世界選手権のエキシビでも、見られますように。

|

世界ジュニア選手権 男子シングル&ペア

日本人スケーターは、ジュニアのレベルでも、なかなか活躍している。

世界ジュニア選手権。

男女シングルとペア、それぞれ、前年の結果から、1名、1組しか出場していないにもかかわらず、男子シングルは羽生くんが優勝。
ペアは、高橋&トラン組が2位。
すごい。

ペアは、残念ながら、他にいないから、枠が増えて嬉しい、という感じにはならないけれども、男子シングルはまた複数名派遣できるようになるので、そういう意味でも嬉しい、羽生くんの優勝。

|

大いちょうとトキ

鎌倉の鶴岡八幡宮の大いちょうが倒れたというニュースを見た。
歴史の教科書にも載っているし、遠足や週末に日帰りで、何度も何度も行って見ていた大いちょう。
大いちょうのない八幡宮なんて考えられないのだけれども。
次に行った時は、まるで見知らぬ場所に行ったような気になるのかと思うと、ちょっと寂しい。

そのショックがさめやらぬうちに、さらにショッキングなニュースを聞いた。
佐渡トキ保護センターの野生順化ケージに、秋の放鳥に向けて、先月移されて訓練を開始したばかりの11羽のうち、10羽が、ケージに侵入した何かの野生生物に襲われて、死んだり大怪我を負ったりしたとのこと。
関係者の悲憤は、どれほどかと思うと、哀しい。

|

今年の重大ニュース

自分にとっての、今年の重大ニュースを語る、という宿題が出た。
あまりローカルかつパーソナルなトピックはダメとのこと。
一応、一般的によく知られている話題をとりあげなさい、とのこと。
わずか2ヶ月しか経っていないよ。何があったっけ?と、つらつら考えていたら、JALの経営破たんや朝青龍の引退などがあった。
大地震も津波もあった。
でも。
私にとっての「重大ニュース」は、やっぱり、バンクーバーオリンピックだろう。

|

登校

愛子内親王が、学校に登校できずにいるとの発表が、先週あった。
本当の理由はわからないけれども、そっとしておけばいいようなことを、いちいち「公表」しなければならない、衆人環視な生活をしなければならないのは、本当に大変だと思った。
もう少し、普通の生活をできるようになればいいのに。

|

ちょっと思うこと

新聞でテレビでネットで、見て気になるのは、「地球にやさしい」「環境にやさしい」という言葉。
妙に耳ざわりのよい言葉だけれども、具体性に欠けていることと、上から目線なところが、なんとなく気になる。自分では使いたくない。
聞く度に、人間はそんなにエラいのか、と言いたくなる。
「やさしい人」という表現は問題ないのに、語順が入れ替わって「人にやさしい」とスローガン風になると、なぜ上から目線に感じるのだろう。

「かわいそう」という言葉も、上から目線なので好きじゃない。言うのもイヤだけど、言われるのは死んでもイヤ。
「気の毒」という言葉も、他人事っぽい響きがあって好きじゃないけれども、やむなく使うことがある。ボキャ貧なので、他に適当な言葉が思い浮かばないからというのもあり。

とあるBBSを見ていて。
書いた人は、善意のアドバイスのつもりなのだろうけれども、「『緊張した』と言葉に出さない方がいい」「(くつひもに関して)試合の時には万全の準備をしておくのは、基本で、それをしなかったのは、心構えが足りない」との内容のカキコミを読んで、それぞれ、余計なお世話では、と思ってしまった。
というのは、そのカキコミは、BBSにカキコミをしている他の人に対して書いたわけではなく、織田くんに対するアドバイスとして書かれたものだったから。
そんなことは、必要に応じて、親やコーチがアドバイスしているに決まっている。一ファンが、改めて、いちいち説教がましく言うようなことではないと思う。
そもそも、こちらはシロウトなのだし。シロウトにはわからない、深い事情があることもあるだろうし。
なんだか最近、エラそうなシロウトが多くて、有名人も大変。

|

パラリンピック

今日、パラリンピックに出場する選手の発つ姿をニュースで見た。
オリンピックに比べると、国を背負って、という悲壮感がないところがいい。
4年に一度の大舞台で、存分に力を発揮して、楽しんできて欲しい。

|

コンサートのチケット

今年のシウォンくんのコンサートは、2公演に行けることが決まった。
一般発売でトライして全滅だった年のことを思えば、これで十分。
よかった。
FC会員枠だと無抽選だったらしいこの2公演も、一般発売ならば激戦なのだろうなあと思うと、安堵とため息。

|

カーテンズ

2月13日に、ミュージカル「カーテンズ」を見た。
話は・・・うーん、まあ(苦笑)という感じだった。
主役のヒガシは、歌はそこそこだけれども、踊りがキマるし、なんと言っても抜群のプロポーション。カッコイイ。
脇を支えるマルシアや鳳蘭が、歌といい演技といい、とてもいい。
大澄賢也は、やはりダンスが圧倒的にカッコイイ。

|

友加里ちゃん欠場

世界選手権に、中野友加里ちゃんが欠場する。
代わりに、明子ちゃんが出場するとのことなので、もう一度あのマリアが見られるのは嬉しいけれども、友加里ちゃんの「火の鳥」や「オペラ座の怪人」も、とても楽しみにしていたので、見られないのがとても残念。
けがということなので、仕方ないとは言っても・・・本当に本当に残念。

|

帰国

オリンピック代表選手団が帰国した。
結果を出すことができた選手も、残念ながら目標を達成することができなかった選手も、お疲れさま。
ああ、本当に終わっちゃったんだな、と思うと、ちょっと寂しい。
でも、3週間後には世界選手権があるから、出場する選手は大変。

|

オリンピック 閉会式

とうとう、バンクーバーオリンピックが終わった。
毎回、冬のオリンピックは、けっこう夢中で見るけれども、今回は、中でも特別。
忘れられないオリンピックになるだろう。

そして、気がついたら、もう3月。

|

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »