« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

五月の終わり

今日で五月が終わる。
振り返ってみれば、今月はほとんどブログの更新ができなかった。
話題がなかったわけではなく、いろいろと思うところも心痛めることもあったため、なかなか書けなかったのが原因だ。

スペシャルウィークの子は2頭も出走していたのに、ダービー馬になれなかったのは残念だ。
一時は、リーチザクラウンが行くかと思ったけれど、惜しくも2着。
ちょっと残念。

|

オークス

ブエナビスタがキセキ的な勝利!
最後のコーナーをまわって、直線に入った時、後ろの方でモタモタしていたので、もうダメかと思ったのに、抜け出してからが速かったこと、速かったこと!
シーザリオほどは、父馬のスペシャルウィークに似ているとは思わないけれども、でもやはり、スペシャルに似ているのかな?と思うところもあって。
これからの活躍が楽しみ。
それにしても、あの直線の走りは、ありえない・・・!
本当にすごかった。

スペシャルの子ども、牡馬が弱いのが、ちょっと残念。
牝馬は、時々、おそろしく強いのができるのに。

|

新型インフルエンザ

新型インフルエンザが関西圏で蔓延してしまって、びっくり。
海外渡航歴のない人が罹っていて、だけど、国内で自然発生したというのもちょっと・・・なので、誰かが海外から持ち込んだに違いない。
無防備な人、いるから・・・。

関東でも、患者がちらほら出だしたけれど、こちらはみんな「アメリカ帰り」。
それにしても、アメリカでは相当流行っているということなんだろうなあ。
これだけ帰国した人に患者が出るってことは。

|

GW

ゴールデンウィークも、もうすぐ終わる。
今年は、最初から、旅行の予定は入れずに家で過ごすつもりだったけれども、結果として正解だったかも。
昨日、今日と天気は雨だったし。
新型インフルエンザのニュースがかまびすしくて、空港には近づきたくない気分だし。
部屋の片付けをしていたら、びっくりするくらい沢山、ゴミが出た。
ちょっとスッキリ。やっぱり、5日あると、掃除の進み方も違う。
あとは、モノを増やさないようにしないと。

|

ウィーン少年合唱団

ウィーン少年合唱団の日本公演に行ってきた。
子どもたちの公演なので、完璧なものを求めているわけではないけれども。
でも、予想外に、ちょっとシロウトぽいところが、逆に子どもらしくてよかったかも。
伴奏も子どもたちの歌も、ちょっと音をはずしたり、動きもばらばらだったり。
ソプラノのソリストの子が日本人で、ナレーションも担当していたし、大活躍。
声も、高音域になると、その子の声がばんばん前に出ていて、すごかったんだけど・・・「合唱」としては、正しいあり方ではなかったかも。
でも、まあ、子どもだから。

ちょっと興味深い2時間だった。

|

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »