« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

夏カゼ

暑くなったせいか、カゼをひいた。
のどが痛くなって、声が出なくなっただけで、カゼにつきもののくしゃみ、鼻水、発熱はまったくなく、ただ声だけが出なくなり・・・。
カゼを直すため?ひたすらよく眠った一週間だった。
明日には、ほぼ全快・・・しているといいなあ。

|

ハリー・ポッターと死の秘宝

今日、ハリー・ポッターの最終巻が発売になった。
いつもながら、ハリー・ポッター本の発売日の本屋の熱気はすごい。
「すごい」のは、客ではなく、「売るぞ売るぞ売るぞ」という書店の気迫だ。
朝早くから、シャッターを降ろした店の外で平積みして売っているその姿、その熱意を他の本にも向けたら、もっともっと本というものの売り上げが上がるのではないかと、ついつい思ってしまう。

本の内容については、自力でしっかりと読んだ方がよいので、ここには詳細は書かないが、前の6冊をじっくりと読んできた人の期待を裏切らない秀作であることは、はっきりと断言できる。
訳者の松岡さんがあとがきに書いていた通り、ある人物の生き様と最期の言葉、最後の章に描かれているハリーのその人に対する想いが、何度読んでも泣ける。

これから、松岡さんの訳で、もう一度ハリーの最後の物語を読む。
読むと泣いてしまう場面はわかっているので、その部分はなるべく電車の中では読まないようにしないと。

|

夏本番

梅雨なんて、とうの昔に明けていたのでは?といいたいくらい、雨の少なかった今年。
そして、本格的に梅雨明け宣言されたら、すごく暑くなった。
水分はしっかりとっているのに、まだのどが渇くよう。頭が痛いよう。
ちょっとのどがいがらっぽいのは・・・これは夏風邪の前触れ?

|

ストック

韓国ドラマの「ストック」を見終わった。
2001年の作品なので、ちょっと古い感じがするけれども、おさえた感情表現と、自立したヒロインの姿、セリフとストーリー運びがすばらしい、いい作品だった。
ちょっと導入部分が「冬ソナ」っぽかったけれども、「冬ソナ」よりもこの作品の方が、韓国では前に放送されているということを・・・日本の人たちはあまり知らないで見るんだろうなあ。

|

すっきりした気分

「出そうで出ない」・・・今日、トイレでこの状態になり、30分以上もねばってしまった。
このところしばらく、普段よりも、新しい人と接することが多かったから、緊張してすごしていたのかもしれない。
おなかが痛くなって、トイレに駆け込んだは良いけれども、途中からつまって、ウンウンうなるハメになってしまった。
結局、立ったり座ったり、なだめたりすかしたり、こすったりさすったり、イロイロやったあと、やっと出ていってくれた時の爽快感^^;

それにしても。
人間の身体には、実に沢山の老廃物が蓄積されているものだと思った。
もしかしたら、1キロくらい、痩せた?
(そんなことはないか。)

|

一斉休漁

原油高騰のため、今日は一斉休漁だとか。
大昔は手漕ぎの船で漁に出ていたのだろうから、燃料がないと漁ができないというのが、とても現代的な問題だとは思うけれども、食卓に直結する問題なので、深刻だ。
食べ物は魚だけではないとはいえ、食料が手に入らなくなるのは困ったものだ。

|

ブログ考

私は、基本的に、本名と顔を知っている人には、自分のブログやHPのありかを知らせないことにしている。
その理由は、自由に自分の思っていることが書けなくなってしまう心配があるから。
とはいえ、うっかり話のはずみで、教えることになってしまったり、与えたわずかなヒントを手がかりに自力で辿りついてしまった人もいるので、今や、私の本名や顔を知っているけれど、ここを訪れている(と思われる)友人・知人が数人いる。
そういうわけで、あまりウカツなことは書けないので、最近はある程度意識しながらブログを書いている。
時々ちょっと窮屈に感じながら・・・。

有名人で、自分のブログやHPを持っている人も多いけれども、どの程度自分の本当の気持ちを吐露して書いているのだろう?と思うことがある。
以前、シウォンくんのMHPには、その時の「気分マーク」が表示されていた。
お日様ピカピカのごきげんさんの時もあったし、バンソーコーマークで傷ついていることもあったし、怒りマークでドクロがプンスカ怒っていることもあったし、イロイロだったけれども、シウォンくんの素の気持ちを反映しているようで、ファンとしては見ていてちょっと嬉しかった。
去年、しばらくの間閉鎖した後、「気分マーク」は表示されなくなった。
それと同時に、シウォンくんが自分の「その時々の素の気持ち」をMHPに書くことはなくなったような気がする。
もちろん、サービス精神旺盛なシウォンくんのことなので、コンサートなどで嬉しかったこと、仕事のこと、旅行のこと、などなど、MHPにUPしてくれる頻度や書いてくれる分量が減ったわけではないけれども、以前に比べると、より「公」を意識してのページになった気がする。
もしかしたら、別にもっとプライベートなページを持っているのかもしれない・・・と思うことがあるし、そんなウワサを聞いたような気もするけれども、でも、そのページの在り処は探してしてはいけないように思う。
誰にでも、自分の「聖域」というものはあるので、いくら相手は「公人」とはいえど、平気でずかずかと踏み込むのは人間としてやってはいけないことのように思う。

このブログの話に戻すと、存在を知られてしまった知人に読まれるのはある程度覚悟しているけれども、会った時にはできれば「知らんぷり」していて欲しい。
このブログに書いた内容について、「こんなこと書いていたけどさあ」と口に出していわれると、なんだか恥ずかしくて、深い穴を掘ってその中に隠れたくなることがある。
凹んだようなことをここに書いている時は、書くことによって自分の気分を吐露して自力で浮上したい時なのに、「ブログ読んだけど、大丈夫?」と聞かれると、今度は書いてしまったことを後悔して凹むことがある。
なぐさめの言葉が欲しい時は、直接「ぐち」や「泣き言」を言うのだから、直接言わないことについては、そっとしておいて欲しい。
勝手ながら・・・。

|

韓国と北朝鮮の関係は・・・

金剛山観光に訪れていた韓国の女性が、北朝鮮の兵士によって射殺された。
もしも、北朝鮮が発表した通りだとしたら、その女性はずいぶんとウカツだったと思うけれども、・・・果たして北朝鮮の発表内容は正しいのだろうか?
それにしても、逃げる女性を射殺するなんて、なんて怖い国かと思う。

|

近況・・・

このところ忙しくて、ここに書くネタが思い浮かばない。時間もない。
「仕事」に対して、前向きになった方がいいのか、テキトーになった方がいいのか、よくわからない今日この頃。
研修で職場を空けている間に、「別の人に資料作成をお願いしておくよ」・・・上司が仕事を頼むと言っている相手が、普段は全くその業務を担当していない人だということに、少々複雑な思い・・・。
「研修中は仕事の心配はしないで、研修に専念してね!」という親切のつもりか?それとも、「お前がいなくても、この職場では何も困らない(要らない?)」ということの婉曲表現なのか?
前者だとしたら、仕事をふられた相手は大メイワク、私は有難いけれども逆に心配。後者だったら・・・こんな職場、やめてやる^^;

仙台のガイドブックを買った。
仕事以外のことには、そこそこ「やる気」があるのだけれども。
でも、なんのために生きているんだろ?私?

|

下半期

今年も半分が終わってしまった。
気づいてみたら、もう7月。
まだまだ、何もしていないのに。

|

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »