« 大臣はやめるべきではない | トップページ | 春一番 »

西の魔女が死んだ

ずっと前から気になっていた本を、やっと買って読んだ。
「西の魔女が死んだ」

本の帯に、「最後の3ページ、涙があふれて止まりません」などという、意味ありげな言葉が書いてあったため、なんだか泣かなければいけない本らしいけれども、泣けなかったらどうしよう?と思っていた。

読み終わってみたら、涙ポロポロという感じではなかったが、胸がじんと温かくなるような、そんな作品だった。

|

« 大臣はやめるべきではない | トップページ | 春一番 »