« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

食の安全

中国の工場で製造された餃子に、大量の殺虫剤が混入していて、被害にあった人が何人も出たとか。
目に見える変色とか、腐食とかは、異常がはっきりわかるので、危険を回避することができるけれども、無色だったり無臭だったりする薬品が混入していても、気づきようもない。
自分の口に入るものなのに、自力で回避しようがないのが残念だ。

|

友人のバレエ発表会

先週末、友人のバレエの発表会に行った。
バレエなんて、子どものお稽古ごとで、大人は、職業としている人が続けているだけだと思っていたけれども、最近は「大人のバレエ教室」なるものがあるらしい。
友人は、余計なところにぜい肉のついていない、よくひきしまった体型を維持しているから、まずまず見られるけれども、年配の生徒さんの中にはかなりふくよかな体型のお方が混じっていて・・・。
私も、おそらくレオタードなぞ着ようものならば、かなりふくよかに見えるだろうと、決して「大人のバレエ教室」だけは通えない、という思いを強くした一日だった。

友人曰く、「そんなの気にせず、やりたいならばやればいいじゃない。」
いやはや、それはハジサラシ。
ハラとムネの区別がつかないタル体型と、下半身に重点的に肉がつく洋ナシ体型の折衷型。加えて、カップは小さいのに胸囲はある骨格ハトムネな私。
ボディーラインをあらわにする服を着るなど、最早犯罪に近い。
着れるならば、フィギュアスケートのフリフリスカートのレオタードを着て、アイスダンスをしたいけれども、私のボディーラインは白日に晒さない方が、世のため人のため・・・。

|

白鵬、ありがとう

初場所千秋楽。
無事、白鵬が勝った。
よかった。よかった。
2場所も休み、しかも、処分期間であるにもかかわらず、自分勝手に過ごしてきた朝青龍に優勝などさせたくなかったので。
やはり、一生懸命地道な努力を重ねてきた人が勝たなければ!
白鵬、よく頑張ったね。
ありがとう。

|

新大久保の事故

今日で、新大久保の事故から7年が経つらしい。
映画「あなたを忘れない」の公開から1年。
日本では、韓流ブームの余波もあって、それなりに客が入ったらしいけれども、韓国ではこの映画、未公開らしい。
確かにフィクションの部分も多い作品ではあったけれども、映画が語りたかったことは、人間にとって普遍的に大切なことだったように思うので、韓国でも公開になればいいのにと思った。
どんなに時間が経とうとも、この時の二人の行動とその意味するところは、人間として、決して忘れてはいけないのだと思う。

|

彼女が帰ってきた

韓国ドラマ「彼女が帰ってきた」を見終わった。
そもそもナムジンくんが出演していたから見たドラマだったけれども、実際は、お父さんと「彼女」の演技の光っていたドラマだった。
ドラマの作りがかなりチャチかったのと、前半の数人の役者さん(残念ながら、ナムジンくん含む)の演技がイマイチだったのとで、最初の数話を見るのにガマンが必要だったけれども、最終話は心がほんのり温かくなるような、とてもいい終わり方だった。
ドラマは導入部分が肝心で、視聴者を引き込まなければならないのに、このドラマの場合、導入部分がイマイチだったために、あまり視聴率がとれなかったのは納得できるけれども、がんばって最後まで見てよかった、と、そう思える作品なので、家族の絆が感じられるようなドラマを見るのが好きな人には、ちょっとおススメかもしれない。

|

特別強化指定選手

織田くんが、特別強化指定選手に戻ったというニュースを見た。
去年の夏に指定解除されて半年・・・。
長い処分期間だったけれど、ようやく処分が明けたことを実感できたニュースだった。
ちょっと、安心。

|

郵政民営化の影響

今日は、朝からボタ雪が降った。
こういう日だけれども、せっかく平日に休暇をとったので、ゆうちょ銀行へ定額貯金の預け買えに行った。
0.06という、超低金利時代に預けたものを、とりあえず解約。
あらためて定額貯金を預け入れようとATMで通帳を何度読ませても拒否される。
おかしいので、窓口に行ったら、「民営化以前の通帳には、あらたに預金できないんです」。
合併した銀行が、合併直後に相手銀行の通帳が一時使えなくなるのならば、よくわかるけれど、名前こそ「銀行」に変わったけれども、別のシステムに変わったわけでもないのに、なんともおかしな話だった。
ともあれ、定額貯金用の通帳を新しく作ってもらって、一件落着。

|

Stars on Ice

一昨日、東京・代々木体育館へStars on Iceを見に行った。
平日の夜ではあったけれども、会場の半分もうまっていない観客席は、なにやら寂しかった。
やはり、荒川静香金メダルによるバブリーな人気は、少し下り坂と見るべきか?

それでも。
本田武史のせつなくなるようなスケート、佐藤有香ちゃんの氷に吸い付くようなしっとりとしたエッジワーク。
アマチュアの時に大好きだったスケーターのスケートが見れて、とても幸せだった。

今、アマチュア現役で滑っている選手たちにも、体力が落ちたら跳べなくなるジャンプだけではない魅力を、身につけて欲しいと思う。

|

冬本番

今日は、本当に寒い一日だった。
しっかりダウンのコートを着ているのにもかかわらず、足先指先まで凍りそうな寒さだった。

やらなければならないことが、てんこ盛り。
一応、着実にこなしていると思うけれど、なかなか終わりが見えないのは何故だろう。

|

成人式

自分自身の「成人式」は、ちょっとした過去の話になっているけれど、やはり毎年気になる成人式。
一生に一度のことだし、若いっていいな、と思うこともあるけれど、インタビューを聞いていてとても気になるのは、日本語。
自分だって正しい日本語を話しているとは思わないけれども、なんだかヘンだよ、最近の子の話す日本語は。
意識的にくずして使っている、「流行語」に分類されるような言葉ならば、「フムフム」という感じで聞けるけれども、本人が正しい日本語のつもりで使っている「敬語」「丁寧語」「謙譲語」の類が気になるのだから、困ったものだ。
自分の親の話をするのに、「育てていただいて」・・・って、親本人に面と向かって言っているのではなくて、インタビューに答えて自分の親のことを語る時に使う言葉じゃないよ。
そういえば、ちょっと前に、自分の産んだ赤ちゃんのことを「生まれてきてくださって、ありがとうございます」と言った若い母親がいたなあ。
聞いた瞬間、耳を疑ってしまったよ。
アナタの赤ちゃん、何サマ?

|

Japan super challenge 2008

Japan super challenge 2008。
昨日の午後に放送されていたので、途中まで見ていたけれども、なんとなく途中から裏の箱根駅伝外伝番組に切り替えてしまった。
どうせ録画しているんだし、というのもあったけれども、「対抗試合」形式はとっているけれども、しょせんは「ショー」なような感じがして、最初から見るのに力が入っていなかったこともある。

民放の放送でいつも気になるのは、何故特定の選手の舞台裏映像を沢山流して、あまり名前の知られていない選手の演技の放送をカットするのだろうか?ということ。
特に大きな試合の場合、試合前の緊張している時間にカメラが回っていることは、選手にとっても、あまりありがたくないことのように思う。

|

お祭りのポスター

今週の一番傑作(?)のニュース。
はだか祭りのポスターが、中で一番目立って写っている男性のひげと胸毛が問題になって、駅に貼ることが却下されたとか。
ひげや胸毛が「見る人に不快感を与えるから」だとか。
本職のモデルを使った「やらせ」な写真ではないのだし、ただのお祭りのポスターなのだから、別にそんなに目くじらをたてるようなものではないように、私は感じたけれど。
そもそも、祭りは神事なのだから、そんな俗な目で見ること自体が失礼な気がする。
あまりの「意識過剰さ」が馬鹿馬鹿しくて、テレビのニュースを見ながら、思わず声を出して笑ってしまった。

|

本屋は鬼門

私にとって、本屋は鬼門だ。
時間つぶしをするのに、これほどもってこいの場所はないのだが、お金を使うのにも、もってこいの場所らしい。

今日も、少し時間が余ったので、本屋に入った。
ぶらぶら本棚を見て歩いているうちに、一冊の本が目に入り、パラパラと立ち読みしているうちに、全部読みたくなり、その先は読まずに腕に抱える。
同じ作家の他の本が気になって手に取り、それも読みたくなり、腕に抱える。
同じパターンで、結局レジに5冊持って行き、買ってしまった。

家に帰り、ハタと我に帰った。
そうだ。読むの待ちでツンドク状態になっている本が、まだ他にも10冊以上あるのだった。

|

ハンドボールの再試合

ハンドボールは、確かにとてもマイナーな競技かもしれない。
けれど、特定の国だけで行われているわけではなく、国際的なスポーツで、オリンピックの競技にもなっているのに、その予選の判定が特定の国に有利な判定をすることが可能だとは、言語道断だ。
クウェートが牛耳っているアジア連盟は、再試合を拒否しているらしいけれども、その上部組織である国際連盟が再試合を決めた。
無事、再試合が行われて、今度こそは正々堂々と公平に勝負ができることを願う。

|

アメリカ大統領選

ヒラリー・クリントンとオバマ氏の接戦が伝えられているアメリカ大統領選。
ニュースを見ていて、びっくりしたことが一つ。
ヒラリーさんは還暦だった!
若い時のイメージが強かったので、もうそんな年齢になっているという事実がビックリ。
チェルシーちゃんも、「ちゃん」づけで呼んではいけないようなレディーになっていたしね。そういえば。
ちょっとナットク。
選挙の方は、どちらが勝っても、「新しいアメリカ」っぽくて、いいんじゃないでしょうか?

そういえば、「民主党」の候補者になるのを争っていたのであって、どちらかに決まった後、共和党の候補者と争わなければならないのだった。
まだ候補者選びの段階なのを、すぐに忘れてしまうくらい、印象も存在感も薄い共和党の候補者たちだった。

|

飲酒運転

福岡で飲酒運転をして幼児3人の死亡事故につながった事件の裁判の判決が出た。
「危険運転」が適用にならなかったということで、予想外に軽い求刑だった。
3人も、未来のある子どもが亡くなっているというのに。

この事件のように、死亡事故につながった場合の刑罰は重くてもいいと思う。
大事な命の償いは、どんなに長い時間をもってしても、出来ることではない。
でも。
検問で飲酒運転でひっかかっただけの人に対して、刑罰以外に、社会的な処分をする必要は本当にあるのだろうかと思う。
職を失なうなど、生きて行くのに不利になるほどの罰を、「社会」が与える必要は、本当にあるのだろうか?

結果論ではあるけれど、スケート連盟が織田くんに下した処分が、本人にとっては重すぎるものだったことが残念でならない。
身体につく傷は目に見えるから、他人にもわかりやすいけれども、心につく傷は、目に見えない分だけ、他人にはわかりにくい。
でも。
めげずに頑張って欲しい。
へこたれずに立ち上がって欲しい。
人生の先は長いのだから。
処分期間はもう終わったのだから。
そして、十分反省したことは、みんなに十分伝わったのだから。

|

冬眠?

正月休みを含めて、このところ自宅でまったりすごせて、少し骨休め。
片付けをする合間に、お菓子を食べると何故か眠くなる。
それでちょこちょこ昼寝をしていたので、トータルで考えるとびっくりするくらいよく眠った正月休みだった。

それにしても。
私の冬の週末はよく、菓子を食べる→うつらうつら眠る、のパターンになる。
これってもしかして、「冬眠」?

|

仕事始め

今年はカレンダーの関係で、昨日一日出勤して、また週末で休み、というちょっと嬉しい状態。
年末年始たったの6日間休んでいただけなのに、すでに筋肉が衰えていて(?)、ちょっと昨日一日職場で歩きまわっただけで、今日は筋肉痛という、情けない状態になった。

掃除が完全に終わっていなかったので、今日も続きをする。
書類とか、昔のレポートとか、レジュメとか、講演会の資料とか、なんだかいろいろ出てくるけれども、一度思い切って捨てた方がいいのかもしれない。
「いつか使うことがあるかも・・・」と思って、いつもとっておくけれど、最近、いつかっていつよ?という気もしている。
クローゼットの服も同様。
ちょっと体重が増量して着られなくなったスカート、いつもなんとなくとっておいているけれど、痩せるための努力はちっとも功を奏していないので、永遠に着る機会はないかもしれない。
第一、ひざ上丈のスカート・・・いやはや、いくらなんでも、そろそろ着た姿はイタイだろう。
今年の衣替えの時には、きっぱりあきらめて捨てよう。

|

箱根駅伝・復路

今年の箱根駅伝は、終わってみたら3校も途中棄権した学校が出て、本当にびっくりだし、残念。
やはり、天気が良すぎたのが原因なのか・・・?
その一方で、関東学連選抜が4位に入って、寄せ集めのチームでも、団結力が強ければいい成績を出せるのだと、感心した。
チームとしては駅伝にでられなくても、個人として十分な力がありさえすれば、駅伝に出られるというのは、選手にとっても、いい励みになると思う。

今日で、年末年始の休暇も終わり。
片付けは完全には終わらなかったのが残念。
でも、今年は、モノを持たない生活に転換していきたいと思う。

|

箱根駅伝・往路

1月2日毎年恒例の箱根駅伝。
今年は、年末からお掃除モードの私は、掃除しながら駅伝観戦。
グイグイ、グングン走るランナーの動きにあわせて、セッセと要らないレシートやダイレクトメール(←何故こんなものが残っている!?)を捨てまくり、ヨレヨレ、フラフラになりながらもなおも走ろうとするランナーに声援を送りながら、ヨレヨレフラフラと箱や本を持ち上げる。
今年は、実力伯仲していて、順位がめまぐるしく入れ替わったので、テレビ画面内でデッドヒートが繰り広げられると、自然私の手も止まりがちで、とても効率的な作業をしていたとは、いいがたいけれども。

去年は「山の神」が快調なペースで駆け登った順天堂大学の山登りでアクシデント。
その光景は、かなりショッキングだった。
けれど、私よりももっとショックだったはずの「山の神」は、解説者として、テレビの中で妙に冷静でオトナなコメントをしていた。
やはり、「山の神」はタダモノではなかった。

|

新年の挨拶

2008年の目標。

■仕事・学業
仕事に多大な期待はしない。
今年も、食べていくのに困らなければいい。
学業は、今年こそは、達成したいことが3つ。
ちょっと欲張りすぎか?
とりあえず、目標は目標ということで。

■HP
本館の引越しを完了させて、データを整理する。

■おっかけ系
シウォンくんのコンサートは、チケットは頑張ってとり、行けるものは全部行きたい。
スケートは、織田くんの復帰までは基本的にテレビ観戦。
織田くんが復帰したら、また地方遠征もあるかも。

■韓国ドラマ
今、見たいと思っているのが、「砂時計」「魔王」「恋人」「ありがとうございました」「君に出会ってから」「愛の群像」「嘘」。
韓国での放送時期も、見たい理由もバラバラだけれども。
まだまだ韓国ドラマから足を洗えない。

|

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »