« ネットの書き込み | トップページ | 織田くん・・・ »

ハリーポッター・シリーズの結末

先日、ハリーポッターの最後の巻が刊行された話を書いた。
その後の数日間、どうやら「ハリーポッター」「結末」で検索してここを訪れているらしき人の多いこと、多いこと!
この状態には、本当にびっくり!

私も、買ってきた本を読んでいる途中に、「それで最後はどうなるの?」とドキドキしながら最後を先に読んでしまうことは、もちろんある。
でも、それは、本の読み方の問題で、最終的には、行きつ戻りつ、必ずじっくりと最後まで読む。
「ハリーポッターシリーズの結末」を求めてここに来る方々も、日本語訳を読んだ時に、そのような楽しみ方をしてくれるのならばいいと思う。
けれど、ネットサーフィンをして、どこかに結末について書き込んであるページを見つけて、誰が死んで誰が生き残ったことを知って、それだけでこの本の内容を知ったつもりになってしまうことを、私は恐れている。
それでは、この本を本当に「知った」ことにはならない。
重要なのは、「生き方」と「死に方」と、その意味するところであって、「生きた」「死んだ」という結果ではないのだから。

最後まで読み終わったら、もう一度最初から通して読んでみたいと思う。
直接的にであれ、間接的にであれ、途切れることなくハリーを守っていた無償の愛情と勇気に乾杯。
それに対するハリーの気持ちにも乾杯。
そして、この作品が、多くの人に読まれ、愛されることを祈る。

|

« ネットの書き込み | トップページ | 織田くん・・・ »