« 報道の真実味 | トップページ | ネットの書き込み »

ハリーポッター最新巻

いよいよ、というか、とうとう、ハリー・ポッターの最後の巻が発売された。
日本語版の刊行は、どうやら来年になりそうだけれども、それまで待てないので、とりあえず英語版を購入。
泣いても笑っても、これが最後の1冊なので、ゆっくりゆっくり読もう・・・と思っていたハズなのに、結末を知りたくて、ついつい大半をナナメ読みして結末を読んでしまった。

松岡さんの名日本語訳で読むのを楽しみにしている人もいるだろうから、詳細はここには書かないが、私は正直言って感動したし、感心した。
確かに、作者のローリングさんの予告(?)通り、主要人物が死ぬけれども・・・それは私が恐れながら予想していた人ではなく・・・。

こういう温かい愛情を感じられる終わり方は、私は好き。
今度は細部までじっくりと味わいつつ、ゆっくり読む予定。

|

« 報道の真実味 | トップページ | ネットの書き込み »