« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

Carnival on ice(後半)

昨日は眠くて書くのをギブアップしたCarnival on iceの続き。

途中に整氷時間をはさんで、後半のプログラム。
織田くんの演技は後半の最初の方。
最初、音楽は間違ってかかって、かけ直してもらう一幕もあったけれど、なんとか正しい音楽がかかって、無事演技開始。
数年前のSPだった「ニューシネマパラダイス」の進化したバージョン。
ジュニア用プログラムの手直しバージョンなので、やはりシニア用のプログラムのようにスキのないプログラム構成というわけにはいかないところがあったけれど、シットスピンのポジションのバリエーションに、今まで見たことがないものが増えていて、ちょっと変形バージョンだけどとてもきれいだったので、観客から拍手をもらっていた。
スピンの回るスピードも、年々速くなってきているので、来年の織田くんの活躍が、また楽しみ。
それから、来年はラテンに挑戦したいようだけれども、実際に滑ってみたら、けっこう高橋くんとは違ったタイプの情熱的なプログラムを滑るかもしれないと思った。
おそらく同じプログラムを滑っても、高橋くんのは「パッション」という言葉が似合うような、熱く叩きつけるような「情熱」になり、織田くんのはもっとノーブルで内から湧き出るような「情熱」になるのだろうと、そんな感じがした。

驚くことに、ジェフがこの公演の2回目の演技を行った。
キム・ヨナが体調不良のため欠場した代わりに登場ということだったが、「男気あふれる」と場内アナウンスで紹介され、驚いたことにパンクな男になってのご登場。
バリバリのロックナンバーを、バッチリ決めて・・・いやぁ、ジェフがこんな風にロックナンバーを滑るとは思ってもいなかった!
これが、前半に思いっきりクラッシックな雰囲気の曲をノーブルに滑った人と同一人物とは、とても思えなかった。
音を表現するのに長けているジェフのことなので、ロックもロックらしく、思いっきりワルに滑って・・・こんなものが見れて、すごく得した気分。

アレクセイ・ヤグディンは、プロ転向の原因になった脚の負傷は、完全に克服したよう。
さすがに、往年のようなスーパージャンプはしなかったけれど、ジャンプの高さとダイナミックさはさすがだったし、すべてのエレメンツがすばらしかった。
そして。
ステップは相変わらず見事で、プログラム最後のストレートラインステップは圧巻だった。
今の高橋くんでも、まだまだ勝てないだろう。
これは、芸術だと思った。

中国の申雪・趙宏博ペアの演技は、見事で綺麗だった。
NHK杯の常連になり始めた頃から、技術はピカ一だったけれど、このペアがこんなにエレガントで胸が痛くなるほど愛にあふれた演技をするようになるとは、想像もつかなかった。
すばらしい成長、見事な有終の美だと思う。

ジュベールは、とてもクラッシックでエレガントなプログラムと、いつもの技術を前面に出したプログラムの、全く違う2つジャンルのプログラムを続けて滑ったが、どちらも見事にこなしていて、世界トップレベルというのは、こういうことなのだと感心した。
世界選手権での金メダリストにはアンコールがあったけれど、アンコールで丸々1曲を滑ったのはジュベールだけだった。

そして、トリは安藤さんだった。

フィナーレは、入場の際に配られた、使いきりの青白いペンライトを観客が全員つけたので、広い広いさいたまスーパーアリーナの中が星くずで埋め尽くされたようで、とても綺麗だった。

|

Carnival on ice(前半)

今日は、Japan openの後のエキシビ、Carnival on iceを見に、さいたまスーパーアリーナまで行った。
さいたまスーパーアリーナには初めて行ったが、広くて大きくて、びっくりした。
前のJapan openの進行が押したらしく、なかなか開場予定時刻から30分以上もたってやっと入場できた。
開場時間も遅れたので、開演時間も15分ほど遅れて、18時15分すぎにようやく開演になった。

最初はみんなでオープニング。
その後、ゲストスケーターから滑走。
一番最初はアイスダンスの渡辺&木戸ペア。
この二人の演技も、そろそろ見納めかしら、と思うと、なんだか寂しい。
それから、浅田舞ちゃん。
とても美しい演技で、ジャンプの優劣を競うアマチュアの競技よりも、彼女はショーの方が向いているのかもしれないと思う。

それから、今シーズンの成績下位の選手やプロの選手から、演技がはじまった。
最初は小塚くん。
つい最近までは、エキシビでもおりこうさんで優等生な「教本通り」の滑りをしていたけれど、今日は遊び心たっぷりに楽しいスケートをしていた。
来シーズンのさらなる成長が、とても楽しみ。

前半の終わり近くに出てきたジェフリー・バトルの演技は最高にキレイだった。
ジェフのスケートは、ただ美しいだけではなくて、音の一つ一つにぴったりと対応した動きがついていて、多分、音を消して彼の演技を見ていても、そこに音楽を感じることができるのではないかと思った。
そのすぐ後で、前半のトリとして出てきて、おなじみの「カルメン」を滑った真央ちゃん、本当に上手だったのだけれども、ジェフの演技の後で見劣りする感があったのは、きっとこういう部分。
真央ちゃんの練習熱心さ、技術の高さはすごいと思うので、来シーズンは、さらに音楽的な感性や演技力、自己演出力を磨いていって欲しいと思った。

|

ゴールデン・ウィーク

今年のゴールデン・ウィークは、5月1日と2日を休めば9連休になる。
それはわかっているけれども、休みがとれないのがつらい。
ヘタに観光地へ行くと人でいっぱいだし、結局は家でゆっくりすごす連休ということになった。
もっとも、フィギュアスケートのショーを2つ見に行くけれども。

|

ジソプの召集解除

韓国俳優のソ・ジソプが、兵役から退役した。
韓国語では「召集解除」と言うらしい。
すでに、次の出演作「カインとアベル」が決まっているし、今後の活躍が楽しみ。

|

エリツィン元大統領死去

元ロシア大統領のエリツィンさんが亡くなったとか。
そのニュースを見ていたら、今のプーチンさんに政権をゆずったのは1999年だったとか。
プーチンさんに代わってから、もうそんなに経つのだと思うと、感慨深いものがある。

|

お金の価値

年取った大富豪が亡くなって、残されたのは、元プレイガールの若い妻。
かなり大きな息子をつれての結婚で、その妻が莫大な遺産を相続して、その先はつれ子に財産が行くのかと思いきや、遺産の相続人が決まる前に、つれ子が死に、妻も死に、最後に残されたのは、富豪が亡くなってしばらくしてから生まれた、生後1歳にもならない赤ん坊。
その赤ん坊の親権をめぐって、「父親」と名乗り出る人が何人もいて、DNA鑑定の結果、生物学的に父親だとわかった人物は、そのニュースを聞いたとたんに、両こぶしを天に向かって「やった!」
・・・この赤ちゃんの将来が不安でならない。
願わくば・・・この赤ちゃんの未来に幸あれ。

|

人の命とは・・・

今週は、銃による事件の報道が相次いで、日本はどうなっちゃったんだろう?と心配になる。
暴力団なんて、日常生活ではおよそ関わりのない人たちなので、そんなにあちこちにいるのだと思うと、愕然とする思いだ。

|

メリーゴーランド

数年前にKNTVで放送になったものを録画したのを、知人から借りて見た。
「折鶴」と同じ脚本家の作品なので、ラストはみんなそれなりにおさまるところにおさまって終わったけれど、ちょっと最終話が盛りだくさんだったかな。
58話もあったので、途中でもっとなんとかならなかったのか。
若くして両親を失った姉妹の成長物語で、最後は二人それぞれがそれなりに家庭を築いたところで終わった。
姉のウンギョがどうしても好きになれなかったので、見終わって大感動!という感じではなかったのが、少し残念。
せっかくのナムジンくんの数少ない出演作品なのに。
でも、それなりには楽しんだけれど。

|

銃による事件

日本時間の今日の昼。
asahi.comを見ていたら、アメリカの大学で銃の乱射事件が起こって、32人も亡くなったとのこと。
やはり、海の向こうの国は怖い、と思いながら帰宅してテレビをつけたら、他でもない日本で銃の発砲事件が起こり、長崎市長が重態とのこと。
発砲したのは、暴力団系の人のようだけれども、それにしても怖い国になったものだ。
いやはや。

|

インターネット検索のテク

今日、あるところでgoogle検索の効果的なやり方を読んで、目からウロコが落ちた気分。
今まで、ただ調べたい単語を漫然と入力していたよ~。
もっと、効果的な検索の方法があるということを、本当に知らなかった。
今日は理論を学んだだけ。
今度、調べたいことが出てきたら、試してみようと思う。

|

花より団子

桜の花も、さかりは過ぎて、そろそろ見るも哀しい姿に。
木の下には、散って変色した花びらが散乱していて、あまり麗しくない。
こんなに短い「いのち」を、人は何故、こぞって愛でるのだろうか。

「花より団子」というけれど、昔からとても不思議だったのは、「桜餅」の葉っぱは食べるものだけれど、何故「柏餅」の葉っぱは食べないのだろうか、ということ。
食べていけないということはないのかもしれないけれど、おいしくないことだけは確か。
幼児の頃は、桜餅と柏餅の区別がつかず、桜餅の葉をはがして食べたり(とても難しかった)、柏餅の葉を餅と一緒に食べたり(おいしくなかった)、おバカなことをした記憶がある。

柏は、食べ物に利用するのは、私が知る限り、葉っぱだけだけれど、桜は、花は塩漬けにして飾りとして食べるし、葉はお餅を包んで一緒に食べるし、実のさくらんぼも食べる。
ついでに花も愛でるのだから、とてもお得な木かもしれないと思う今日この頃。
もっとも、花の観賞用のソメイヨシノから花の塩漬けを作るわけでも、さくらんぼが取れるわけでもないのだけれども。

|

都知事選

石原慎太郎氏が再選された。
石原さんがいいというわけではないのだけれども・・・。
でも、他に魅力的な候補もいなかったしなぁ。
あんなに沢山、立候補していたのに。

ちなみに、今回、どーしても投票したい人がいなかったので、私は投票に行かなかったが、世間的には結構投票率はよかったらしい。

|

帳尻

昨日は、思わぬ長時間の残業をしてしまった。
3つの帳簿をつきあわせての確認をしていて、どうしても1つの帳簿が合わない。
夜遅くなって、とうとうあきらめた。
なるようになれ、とは思うものの、やはり気になる。
時々、頭をよぎる。
週末も楽しめないなぁ、これでは。
あーあ。

|

新年度

今日から新年度。
送り出した人と同じ数だけ、新しい人を迎えた。
机の場所がかわったり、棚の移動があったり、今週一週間は落ち着かないことこの上ない。
常々、自宅の自分の部屋に要らないものが沢山あるので、片付けなければ、捨てなければ、と思っていた。
ところが、どっこい。
職場の棚や机の引き出しには、要らないものがあふれている。
今週は、ゴミ出しweekになりそうな予感。

|

桜満開

今日はいい天気だった。
桜の花が満開で、とてもきれいだった。
近所に何箇所か、桜の木が道の両側にアーチになっている場所があって、そこをゆっくりとドライブした。
今年は、ぐずぐずと温かくなったり寒さがぶり返したりしていたので、なんとなく実感が薄かったけれど、ようやく、春が来たのだなと感じることができた。

|

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »