« 携帯電話の番号 | トップページ | 真実 »

チャングムの誓い

地上波放送の終了に先がけて、「チャングムの誓い」を見終わった。
最初のうちは、チャングムのあまりのいい子ぶりが鼻について、あまり面白いとは思えなかったけれど、チョン尚宮が亡くなるあたりでどっぷりとはまり、ハン尚宮が亡くなった時には号泣し、その後最後まで、熱中して見てしまった。
チャングムのいい子すぎるところは最後まで気にいらなかったし、ミン・ジョンホがニカッと笑うのも、最後まで気に入らなかったけれど、全体的に見ごたえのあるドラマだったと思う。
必見は壮観な宮廷料理とチェ尚宮の「悪の悲哀」の演技、チャングムとハン尚宮の「母娘」のような愛、かな?
そうそう。終盤の王さまの演技もなかなかのものだった。料理を食べて、食べ歩き番組のレポーターのように「これはおいしいのう」と言っているだけの人ではなかった。前半では軽~く見ていて、ごめんよ~^^;

|

« 携帯電話の番号 | トップページ | 真実 »